【テーラーメイド】今流行の三角形「トラスパター」を紹介!形状は5種類【評判は?】

パター

テーラーメイドの「トラス(TRUSS) パター」。

永峰咲希プロと稲見萌寧プロがこのパターを使って勝利したことで有名になりました。

いま話題の三角形のパターです。

この前、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントを観戦してきたのですが、その時も多くの女子プロの選手が使ってる印象でした。

トラスパターは打ちやすい、ミスヒットに強い、などいろいろと言われていますが、どんなパターなのでしょうか。

今回はこのトラスパターをご紹介してみたいと思います。

(この記事の画像は、テーラーメイド公式HPhttps://www.taylormadegolf.jp/より引用しています。)

スポンサーリンク

トラスパターの特徴とは?

「トラス構造」とは、部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式のことです。

この「トラス構造」によって、建築物の強度や安定性を高めることができます。橋など造るときに強度を上げるために使われる構造です。

そこからヒントを得てデザインされたのがテーラーメイド「トラス(TRUSS) パター」です。

通常のパターはフェース面をシャフトからの1点で支えていますが、トラスパターの場合はフェース面を2ヶ所で支える事になるのでフェースがブレにくいといわれています。

つまりは、ちょっと芯を外して打ってしまってもミスに寛容という特徴があると言われています。

次に、トラスパターにはどんな種類があるのかご紹介します。

トラスパターの種類

トラスパターには5種類の形状があります。

シャフトの位置、形状の違いでいろいろな組み合わせがあります。

TPコレクション ハイドロブラスト ジュノ TB1 ツアートラスヒール

稲見萌寧プロが使用しているのがこのタイプです。

ピンタイプのパターです。横から見ると三角形が特徴ですが、構えて上から見ると普通のピンタイプの様に見えます。

TPコレクション ハイドロブラスト ジュノ TB2 トラスセンター

センターシャフトのパターです。形状は安定感がありそうに見えます。

TPコレクション ハイドロブラスト バンドン TM1 ツアートラスヒール

マレットタイプのパターです。

TPコレクション ハイドロブラスト アードモア TM1 ツアートラスヒール

先ほど紹介しましたバンドン TM1を丸くしたような形状をしています。

TPコレクション ハイドロブラスト バンドン TM2 トラスセンター

マレットタイプでかつセンターシャフトのパターです。

トラスパターの評判・感想は?

実際に使用している方の感想としては、

安定感がある。ミスヒットに強い。ブレない。

直進性、方向性もいい。

打感もしっかりしている。

打音も少し低めの音で悪くない。

などの感想が多くあり、満足度の高い、評判の良いパターのようです。

もしパターを変えることを検討している、パッティング技術を向上したい、などパターの購入を検討していましたら、このトラスパターを試してみるのもよいかもしれません。

特に形としてはピンタイプが好きですが、マレットの安定感が欲しい人におすすめです。

今回は、人気のトラスパターをご紹介しました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【パター】スコッティキャメロンとはどんなパター?【高級パター】

【ゴルフアイテム】ジャックバニーとドラえもんコラボ2021【おすすめ】

パターの上達に効果的!?ゴルフボール・ラインマーカー

ゴルフ練習日記(14)【ゴルフレッスン~ドライバー・ヘッドは後ろから~】

コメント

タイトルとURLをコピーしました