本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ドライバー編】「TSR2」と「ST-X 220」の違いを比較解説【タイトリストvsミズノ】

ゴルフクラブ・ギア

タイトリストのドライバー「TSR2」「TSR3」「TSR4」が2022年9月30日に発売となりました

「TS(タイトリストスピード)」の3代目です。

過去、2018年「TS」、2020年「TSi」とリリースしてきました。

「TSR」シリーズの大きな特徴は、以下とおりです。
・空気抵抗を減らす「ボートテール」形状によりヘッドスピード向上。
・フェーステクノロジー「VFT(部分肉厚設計)」を採用し、ボール初速を最大化

ラインアップは、以下の3タイプです。
・TSR2…飛距離性能と安定感のバランス
・TSR3…「SureFit® CG トラック」で弾道調節
・TSR4…ソール2カ所のウエイト調整で低スピン

「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーをやさしく簡単に解説【2022年モデル】

一方で、ミズノは2022年3月11日に新しいSTシリーズ「ST-X 220ドライバー」と「ST-Z 220ドライバー」を発売しています。

今回も前作と同じく、ST-Xドライバーはつかまり、ST-Zドライバーは直進性が特徴のモデルとなっています。

ミズノ「ST-X 220」と「ST-Z 220」ドライバーの違いをやさしく簡単に解説

高初速×低スピンのSTシリーズ、さらに安定性が向上したとの情報ですが、どのようなテクノロジーが使われているのでしょうか。

今回は、「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーの2モデルを比較してみます。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「TSR2」ドライバーの特徴をご紹介

「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーの特徴をまとめると以下の通りです。

テクノロジー TSR2 TSR3 TSR4
マルチプラトー VFTデザイン
スピードリングVFTフェースデザイン
エアロスペース グレードチタン
進化したエアロダイナミクス
SufeFit 調整機能
「SureFit® CG トラック」による精密チューニング
スピン性能を最適化するウェイト調整機能

次から順番に説明していきます

マルチプラトー VFTデザイン(TSR2・TSR4)

「TSR2」「TSR4」に採用されているフェースデザインのテクノロジーです。

この新しいデザインは、フェース内側全面の肉厚差を精密に設計し加工することで、高い反発力をフェースの広範囲で実現します。つまりオフセンターヒットしても、驚くほどの許容性とボールスピードをフェース全体で生み出すことができるのです。

エアロスペース グレードチタン

フェースに使用されている素材です。

TSRのフェースに使用されている素材は、NASAをはじめとする航空宇宙産業で採用されている希少なチタン素材です。採用理由はただ一つ、地球上で最も高いパフォーマンスをもつ素材であると考えるからです。強度、反発性、耐久性、すべての面で独自の特性を持ち、TSRドライバーの驚異的なスピードパフォーマンスを生み出す大きな原動力となっています。

進化したエアロダイナミクス

空気抵抗を抑えるクラブ形状のテクノロジーです。

タイトリスト スピードプロジェクトではそのスタート当初から、クラブスピードを向上させる重要な要素の一つとして“空気抵抗の低減“に取り組んできました。TSRメタルでは、ウェイトが格納されているソール後部の新しい”ボートテール”シェイプを含め、ヘッド全体のエアロダイナミクスを向上させ、スイング中の空気抵抗を抑えることに成功しています。

SufeFit 調整機能

 ロフト角とライ角調整機能が付いています。いわゆるカチャカチャです。

よりフィットするドライバーは、より良いパフォーマンスを発揮します。SureFit調整機能は、フィッターにTSRの性能を個々のプレーヤーのニーズにピッタリと合わせる柔軟性を与え、より純粋で安定したコンタクトをサポートします。

(出典:タイトリスト公式HPより)

「ST-X 220」ドライバーの特徴をご紹介

「ST-X 220」ドライバーの主な特徴をご紹介します。

今回の特徴は以下の5つです。

・高初速素材 フォージドβチタンを採用
・反発性能をより高めた コアテックフェース

・つかまりの良さを追求した スクエアストライクデザイン
・ウエーブテクノロジーソール
・ハーモニックインパクトテクノロジー

高初速素材 フォージドβチタンを採用。

フェース素材は特殊なチタン合金です。

反発性能をより高めた コアテックフェース

反発性能アップのテクノロジーです。

つかまりの良さを追求した スクエアストライクデザイン

「スイートエリアの拡大」と「ヘッドの返しやすさ」の両立です。

ウエーブテクノロジーソール&ハーモニックインパクトテクノロジー

「ウエーブテクノロジーソール」はたわみ量を増大させて初速をアップさせます。「ハーモニックインパクトテクノロジー」でウッドにも心地よい打球音・打感を追求しています。

(出典:ミズノ公式HPより)

「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーの比較

クラブのコンセプト

「TSR2」ドライバー

驚異のスピードと安定性
タイトリスト史上最高のスピード性能と弾道安定性を追求しながら、多くのツアープレーヤーが認める、さらに美しく安心感溢れるシェイプへと進化。飛距離と許容性の完璧なバランス、高打ち出し、低スピン、そしてスピード性能を究め、ティショットのパフォーマンスをかつてないほど引き上げます。

「ST-X 220」ドライバー

高初速×低スピンのSTシリーズ、
さらに安定性が向上しました。

「TSR2」ドライバーは、許容性とスピード性能が特徴です。

一方、「ST-X 220」ドライバーは、高初速と低スピンのコンセプトを受け継いでいます。

デザイン比較

ソール側のデザイン比較

まず「TSR2」ドライバーはこのようなデザインです。

出典:タイトリスト公式HP

前作よりもすっきりシンプルになったように感じます。

そして、「ST-X 220」ドライバーはこのようなデザインです。

出典:ミズノ公式HP

黒をベースに青のライン。ミズノらしいドライバーのデザインです。

次に上から見たヘッドの形状を見てみましょう。

上から見たヘッドの形状

まずは「TSR2」ドライバーから、

出典:タイトリスト公式HP

黒のデザインにTSRのロゴがデザインされています。前作と同じようなデザインです。

そして「ST-X 220」ドライバーです。

出典:ミズノ公式HP

黒を基調とした、スッキリしたデザインです。ミズノのマークがポイントです。

「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーのスペックを比較

「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーのスペックを比較してみましょう。

複数数値がある場合は、ロフト角「10.5」、シャフトの硬さは「SR」のもの同士で比較します。

項目  「TSR2」ドライバー 「ST-X 220」ドライバー
ロフト角(°) 8.0,9.0,10.0,11.0 10.5±2
ライ角(°) 58.5 59
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.5 45.5
クラブ重さ(g) 303(SR) 298(SR)
シャフト重さ(g) 52(SR) 53(SR)
シャフトトルク 5.9 5.4
シャフト調子 先中調子 中調子
バランス D3 D3

ロフト角

ロフト角は、「TSR2」ドライバーは8度、9度、10度、11.0度、「ST-X 220」ドライバーは10.5度が用意されています。両者とも調整機能があります。

TSR2はロフト角8度というのもあります。

ライ角

ライ角は少し違います。

「TSR2」ドライバーは58.5度です。「ST-X 220」ドライバーは59度です。

ライ角の基本に従うと、「TSR2」ドライバーは相対的にスライス軌道になりやすい、「ST-X 220」ドライバーはフック軌道になりやすい設定です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量は「TSR2」ドライバーは303g、「ST-X 220」ドライバーは298gです。

クラブ重量は「TSR2」ドライバーの方が5g重いです。

シャフトの重量を見てみますと、「TSR2」ドライバーが52g、「ST-X 220」ドライバーは53gとなっており、シャフトは「TSR2」ドライバーが1g軽いです。

シャフトは以下のもので比較しています。

タイトリスト「TSR2」ドライバー:TSP111 50(SR)

ミズノ「ST-X 220」ドライバー:TOUR AD GM D(SR)

ヘッドとシャフトの重さはバランスにも関係してきます。バランスの部分でご紹介しますが、「TSR2」ドライバーがD3、「ST-X 220」ドライバーもD3となっています。

シャフトトルク

シャフトトルクは少し違います。

「TSR2」ドライバーは5.9、「ST-X 220」ドライバーは5.4となっています。

相対的に「TSR2」ドライバーの方が安定性が高く、「ST-X 220」ドライバーの方が操作性が高い、ということになります。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

シャフト調子は「TSR2」ドライバーは先中調子、「ST-X 220」ドライバーは中調子となっています。

「TSR2」は、ヘッドが走りやすくかつボールがつかまりやすい。「ST-X 220」はタメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万人向けのセッティングといえます。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。
中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

バランスは同じです。

「TSR2」ドライバーはD3、「ST-X 220」ドライバーはD3となっています。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

まとめ ~「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバー~

「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーの違いをまとめてみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・「TSR2」ドライバーは、空気抵抗を減らす「ボートテール」形状によりヘッドスピードを向上、フェーステクノロジー「VFT(部分肉厚設計)」を採用し、ボール初速を最大化。

・「ST-X 220」ドライバーは「フォージドβチタン」、「コアテックフェース」、「スクエアストライクデザイン」などのテクノロジーを採用し、初速アップと安定性を向上。

ライ角は「TSR2」ドライバーは58.5度、「ST-X 220」ドライバーは59度でほぼ同じ

・クラブの総重量は、「TSR2」ドライバーの方が5g重い。シャフト重量は「TSR2」ドライバーの方が1g軽い。

シャフトトルクは、「TSR2」ドライバーは5.9で相対的に安定性が高い傾向、「ST-X 220」ドライバーは5.4でで相対的に操作性が高い傾向。

・バランスは「TSR2」ドライバーはD3、「ST-X 220」ドライバーはD3で同じ。

以上のような特徴です。

試打レビューもよかったらどうぞ

タイトリスト「TSR2」ドライバーの試打レビュー・感想

以上、「TSR2」ドライバーと「ST-X 220」ドライバーの違いをまとめてみました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーをやさしく簡単に解説【2022年モデル】

コメント