本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ウエッジ編】テーラーメイド「ハイ・トウ3」ウエッジの3種類を比較解説【SB・LB・HBの選び方】

ウェッジ

テーラーメイドは、「ハイ・トウ ウェッジ」シリーズの3代目「ハイ・トウ 3 ウェッジ」を2022年9月に発売しました。

ヘッドにはフェースのトウ側を高くした「ハイ・トウ デザイン」。キャビティ部分には形状を改良した2つの溝を搭載。「HI-TOE」とモデル名が刻印されている部分に厚みを持たせることでヘッドの高重心化を実現し、低い打ち出しでスピンがかかりやすい設計になっています。

シャフトは、ダイナミックゴールド (S200)とKBS HI-REV 2.0(ウェッジフレックス)の2種類が用意されています。

ソール形状は、スタンダードバウンス(SB)、ローバウンス(LB)、ハイバウンス(HB)の3タイプです。

今回は「ハイ・トウ 3 」ウェッジSB・LB・HBの違いを比較をします。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「ハイ・トウ3」ウェッジのコンセプト

「ハイ・トウ3」ウェッジは以下のようなコンセプトとなっています。

全てのショットをカバーする、HI-TOE 3
ショートゲームのカギとなるものは何だろうか?それは想像力と適応力だ。グリーン周りで必要な様々なショットを思い描く”想像力”と、それを実現するためのクラブやスキルが必要だ。新たに発売する「HI-TOE 3 ウェッジ」は狙い通りのショットをカバーする、全方位型ウェッジ。HI-TOE 3を手にショートゲームを極めよう。

すべてのショットをカバーするというテーラーメイドの自信を覗かせています。

「ハイ・トウ3」ウェッジの特徴

「ハイ・トウ3」ウェッジの売りとなるテクノロジーを見ていきましょう。

HI-TOEデザインで、精度の高いショットを

ウェッジの名前にもなっている形状の特徴です。

精度の高いショットを実現するため、HI-TOEシリーズの特徴的な「ハイ・トウ デザイン」を採用。従来のウェッジと比較し、ヘッド重心を高めることで「低い打出し」と「さらなるバックスピン量」を確保し、高い精度のコントロール性能とフルスイング時の適切なスピン量を可能にする。

詳細な説明は以下の通りです。

ハイ・トウ デザイン
精度の高いショットを実現するため、より低い打ち出しと高いバックスピン量を可能にするHI-TOEシリーズならではの「ハイ・トウ デザイン」を採用。今回のHI-TOE 3では、フェーストウ側の高さ*をより高い66mmに設計。また、フェースのトウ部分に肉厚を持たせた「ウェイト パッド」により、重心位置がフェース中央に近づき、打ち出しとスピン量をさらに最適化する。また、心地よい打感も実現する。

確かにちょっと縦に長い形をしています。

グリーン周りでの強い味方

 

グリーン周りのトリッキーなショット、巧みなタッチ、どんな状況でも適応可能な信頼できるウェッジが必要だ。HI-TOE 3では、世界で活躍するツアープロたちにより支持されている「フルスコアライン」「レイズドマイクロリブ」を搭載。フェース面のスコアラインをフルライン(54°~60°)にしたことで、ロブショットやバンカーショットなどフェースを開く場面においてもグルーブがボールをとらえて安定したスピン性能を発揮する。

フルスコアラインとは、スコアライン(溝)をフェース全面に配していることです。

レイズドマイクロリブとは、フェースのバー状の突起です。スイングスピードが速くないグリーン周りでのショット時のバックスピン量がアップし、より高い精度でのショットが可能となります。

全方位型ウェッジなら、HI-TOE 3

テーラーメイドのウェッジ史上、最も多様性の高いウェッジの1つ。ソールには「4ウェイ」デザインのキャンバーソール形状を採用。それにより、低めのリーディングエッジとワイドソールを兼ね備えることを可能とし、様々なライとコンディションに対応しながら最適な性能を発揮する。

「4ウェイ」とは「キャンバーソール形状」とほぼ同じ意味です。ソール中央に頂点がくるように丸くデザインされたソールです。幅が狭くても深く潜りにくいという特性があります。(これをキャンバーソールといいます)。

軟らかい地面の場合は有効ですが、硬いとヘッドの加速を強く感じすぎる(跳ねる)と感じることもあります。

(出典:テーラーメイド公式HPより)

「ハイ・トウ3」ウェッジのデザイン

「ハイ・トウ3」ウェッジはこのようなデザインです。

ハイ・トウ形状に特徴があります。ノーメッキもよくスピンがかかりそうです。

「ハイ・トウ3」ウェッジのタイプ別のスペックを比較

「ハイ・トウ3」ウェッジの3タイプを比較してみます。

3タイプのラインナップ

「ハイ・トウ3」ウェッジは

SB(スタンダード バウンス)、LB(ロー バウンス)、HB(ハイ バウンス)の3種類のバウンスを設定しています。

スイングスタイルやプレー状況に応じて、芝の上でのクラブの滑りを最適化した設計が施されています。

タイプ 特徴
SB 状況に応じてフェース開閉したいプレーヤーに適したバウンス。
LB フェースを開いて使うことが多いプレーヤーに適したバウンス。
HB フェースは開かず閉じたままインパクトしたいプレーヤーに適したバウンス。

一般的に、滑ってくれるバウンス効果が高いとやさしいウェッジと言われます。

バウンス効果を得るなら「HB」、フェースを開いて球を操作するなら「LB」という選び方もできそうです。

バウンスとは、ヘッドの下のソール部分の膨らみことです。
バウンス角は、シャフトを水平にした時にリーディングエッジからソールの膨らみ部分がどのくらい出ているかを表しています(下図参照)。

一般的に、バウンス角12度以上をハイバウンス、8度以下をローバウンスと言ったりします。
ハイバウンスは、出っ張っているので、ヘッドが少し手前から入ってもソールが滑ってくれます。また、クラブがボールの下を潜ってボールが飛ばなくなるというミスが起こりにくいです。
ローバウンスは、ソールが滑り度合いは弱くなりますが、ボールが沈んでる場合など、ボールに直接を打つ必要がある時に適しています。

次から詳しくスペックを比較していきます。

ロフト角とバウンス角

まずはウェッジにおいて注目されるロフト角とバウンス角のラインナップをまとめてみます。

ラインナップのサマリー

タイプ SB LB HB
ロフト角(°) 50~60 58,60 58,60
バウンス角(°) 9,10 7 13

SBは6種類、LBとHBは2種類ラインナップされています。

細かいラインナップは以下のとおりです。

比較的わかりやすいラインナップです。

各タイプの数値はバウンス角です。

ロフト角(°) SB LB HB
50 9
52 10
54 10
56 10
58 10 7 13
60 10 7 13

では次に、すべてのタイプのラインナップがある58度のスペックを比較してみます。

58度のスペック比較

58度のウェッジのスペックを比較してみたいと思います。

シャフトについては、以下のもので比較します。

・「KBS HI-REV 2.0 」

項目  SB LB HB
ロフト角(°) 58 58 58
バウンス角(°) 10 7 13
ライ角(°) 64 64 64
クラブ長さ(インチ) 35 35 35
クラブ重さ(g) 約468 約468 約468
シャフト重さ(g) 115 115 115
シャフト調子 先調子 先調子 先調子
フェースプログレッション 不明 不明 不明
バランス D5 D5 D5

カタログ数値上は、バウンス角以外は共通スペックです。

バウンス角

「SB」は10度
「LB」は7度
「HB」は13度

「HB」はハイバウンス、「LB」はローバウンスです。

3度刻みの設定です。

ライ角

ライ角は64度で3タイプ共通です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量は約468gです。

シャフトは115gです。

以下のシャフトです。

・KBS HI-REV 2.0

2種類のシャフトがあります。

SHAFT フレックス シャフト重量(g) トルク (°) キックポイント
Dynamic Gold [HT LABEL] (S200) S200 129g 1.7
KBS HI-REV 2.0 (WEDGE FLEX) WEDGE FLEX 115g 1.3

シャフト調子

シャフト調子は先調子です。

先調子は、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい設定です。

Dynamic Goldシャフトの方は元調子です。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。

元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

フェースプログレッション

フェースプログレッションは、公式HPにはありませんが、5.0との情報があります。

傾向としてはやや小さめです。

フェースプログレッションとは、ストレートネックとかグースネックという表現もされたりします。ストレートネックはフェースプログレッションが大きく、グースネックになるとフェースプログレッションは小さくなります。一般的にフェースプログレッションが大きいとボールが上がりやすくコントロールしやすい反面ボールがつかまり難い。小さいとその逆となります。

バランス

バランスはD5で共通です。

ウエッジは一般的にヘッドを重く感じる設定です。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします

まとめ ~テーラーメイド「ハイ・トウ3」ウェッジ~

今回は、テーラーメイド「ハイ・トウ3」ウェッジの3タイプを比較してみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・テーラーメイド「ハイ・トウ3」はSB・LB・HBの3タイプを用意。

・ライ角は64度、バランスはD5で同じ。

ロフト角、バウンス角別にSBは6種類、LBとHBは2種類のラインナップ

・バウンス効果を得るなら「HB」、フェースを開いて球を操作するなら「LB」。

以上のような特徴ですが、実際に打ってみて自分に合っているかどうか、クラブを気に入るかどうかということが最も大切ですね。

強烈スピンがかかるという「ハイ・トウ3」ウェッジ。あるランキングではウェッジ総合性能1位という調査結果もあります。

ぜひ試打してみたいですね。

以上、テーラーメイド「ハイ・トウ3」ウェッジについてまとめてみました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの3種類を比較解説【FULL・MID・LOW・LOW+の選び方】

タイトリストボーケイ・デザインSM9ウェッジの6種類を比較解説【F・Ⅿ・S・D・L・Kの選び方】

キャロウェイ「JAWS FORGED」ウェッジ(2023年モデル)2種類を比較解説【C・Zの選び方】

キャロウェイ JAWS RAWウェッジの4種類を比較解説【Z・S・X・Wの選び方】

コメント