本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【下半分赤いシャフト】オデッセイ「TRI-HOT 5Kパター」の5種類の選び方【2022年トライホット】

ゴルフクラブ・ギア

ゴルフ中継でシャフトが途中まで赤いパターを見かけたことはありませんか?

そのパターは、オデッセイ「TRI-HOT 5Kパター」かもしれません。

今回はオデッセイ「TRI-HOT 5Kパター」をご紹介します。

「TRI-HOT 5Kパター」は2022年2月4日に発売されました。

5Kは5000を意味しており、「TRI-HOT 5Kパター」のおおよその慣性モーメントの数値を表しています。ブレードタイプのパターでありながら、ネオマレットに並ぶほどの、とても高い慣性モーメントを実現しています。

また、TRI-HOT 5Kパターは、ピンタイプのパターでヘッドは5種類あります。

ヘッドの種類 特徴
ONE コンベンショナル(伝統的)なブレード
TWO より直線、平面を強調した形状
THREE フランジがすっきりとしたデザイン
DOUBLE WIDE 幅広いブレード
TRIPLE WIDE 「DOUBLE WIDE」をさらに幅広くした

それぞれの形状の特徴をご紹介します。

パターを購入される際に参考になれば幸いです。

TRI-HOT 5Kパターの種類

5種類のヘッドについて紹介します。

カタログスペック

カタログスペックは以下のとおりです。

モデル ONE TWO THREE DOUBLE WIDE TRIPLE WIDE
ロフト角(°) 3.0
ライ角(°) 70.0
長さ (インチ) 33,34※
グリップ(重さ) TRI-HOT 5K Pistolグリップ(約76g)
ヘッド素材 ステンレススチール / アルミニウム / タングステン
インサート ホワイト・ホットインサート
ソールウェイト 約30g×2

※ONE、DOUBLE WIDEの34インチはレフティモデルあり

出典:キャロウェイ公式HP

ヘッド形状

ONE

コンベンショナル(伝統的)なブレードの「ONE」

TWO

平面を強調した形状の「TWO」

THREE

フランジ(後側のソールだけがヘッドの背面に張り出している部分)がすっきりとしたデザインの「THREE」

DOUBLE WIDE

幅広いブレードの「DOUBLE WIDE」

TRIPLE WIDE

「DOUBLE WIDE」をさらに幅広くした「TRIPLE WIDE」

TRI-HOT 5Kパターの特徴

TRI-HOT 5Kパターの特徴を紹介します。

5K=5000という、とてつもなく高い慣性モーメント

5000は、かなり高い数値であり、従来は大型のマレットパターにしか実現できないものでしたが、ブレードタイプで達成してしまっています。

「TRI-HOT 5Kパター」の最大の特徴は、何をおいても高慣性モーメントです。名前にある5Kは5000を意味しており、「TRI-HOT 5Kパター」のおおよその慣性モーメントの数値を表しています。5000という数は従来、大きなネオマレットタイプのパターにしかできていなかったものであり、「TRI-HOT 5Kパター」はブレードタイプのパターでありながら、ネオマレットに並ぶほどの、とても高い慣性モーメントを実現していることになります。この数値は、ヘッド前方部分の内部とソールのトウ・ヒールに、多くのタングステンを配置したことで達成しています。

ヘッドの前方部分に、全体の90%に迫る重量を集中させた浅重心設計

浅重心は、高い操作性を実現します。打点位置がフェースの上下にずれてもスピン量が安定する効果があります。

「TRI-HOT 5Kパター」は、高慣性モーメントに加えて、浅重心化されているところも、特筆すべきポイントです。前述した、ヘッド前方の多くのタングステンに対し、ヘッド後方のフランジ部分には、比重が小さいアルミニウムを使用。結果、ヘッドの前方部分には、全体の重量の90%近くが集中しています。

高慣性モーメント+浅重心で、距離も方向もブレない

ヘッドがブレずに真っすぐ動きやすく、ミスヒットにも強いです。

従来のブレードパターでオフセンターヒットした場合、ボールスピードが落ちる、打ち出し角がブレる、方向がずれるといった現象が起こることで、なかなかカップを捉えることができませんでした。しかし、高慣性モーメントと浅重心設計が組み合わされた「TRI-HOT 5Kパター」は、オフセンターヒットでも想定していた距離感、方向から大きくズレることなくボールが転がっていき、カップインの確率を高めてくれます。

ホワイト・ホット インサートで、心地良い打感、打球音なども実現

打感にも配慮しています。

「TRI-HOT 5Kパター」には、オデッセイの象徴的存在、ホワイト・ホット インサートを搭載しました。ホワイト・ホット インサートは、ボールのカバーと同じ素材を使用したことで、インパクトでの相性が良く、ソフトでありながらしっかりと反発する性能を実現。心地良い打球感、打球音、安定したボールの打ち出しと転がりで、登場以来、20年のときを超えても、ツアーにおける信頼度や人気は変わることがありません。これまで世界中で多くの勝利を積み重ね、現在もその記録を伸ばしつづけています。

ヘッドラインアップには、5つのブレード型を用意

5種類それぞれの特徴があります。一部レフティモデルも用意しています。

「TRI-HOT 5Kパター」には、5つのヘッドタイプを用意しました。コンベンショナルなブレードの「ONE」、より直線、平面を強調した形状の「TWO」、フランジがすっきりとしたデザインの「THREE」、幅広いブレードの「DOUBLE WIDE」、そして、「DOUBLE WIDE」をさらに幅広くした「TRIPLE WIDE」です。組み合わされるのは、赤いNEW STROKE LABシャフトとPISTOLグリップ。パター長さは、33、34インチを用意しました。

まとめ~TRI-HOT 5Kパター~

TRI-HOT 5Kの特徴は以下のとおりです。

・ヘッドは5種類

・高慣性モーメント+浅重心

・心地よい打感

ブレードパターの操作性と、マレットの安定性を両立したのが「TRI-HOT 5Kパター」です。

ミスヒットした場合、ボールスピードが落ち、打ち出し方向や打ち出し角のブレが少なくなっています。

高慣性モーメントのマレットタイプを使いたいけども、形はブレードパターが良いという方にピッタリです。

以上、TRI-HOT 5Kパターをご紹介しました。

【三角ネック】2023年オデッセイ「TRI-BEAMパター」の6種類の選び方

【テーラーメイド】今流行の三角形「トラスパター」を紹介!形状は5種類

【体験談】初めてのパターグリップ交換①【パターグリップの選び方~種類~】

【楽天市場】パターランキング【リアルタイム】

コメント