本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【フェアウェイウッド編】「ステルス2」と「パラダイム」の違いを比較解説【テーラーメイドvsキャロウェイFW】

ウッド

テーラーメイドゴルフは2023年の最新モデルとなる「STEALTH 2」(ステルス2)シリーズを2023年2月17日に発売すると発表しました。

2022年に発売した「ステルス」シリーズの後継です。

フェアウェイウッドもドライバー同様「ステルス2」「ステルス2 プラス」「ステルス2 HD」がラインナップされました。モデル別、ロフト別に設計されたフェーステクノロジーを搭載し、スイートエリアを拡大させています。

ヘッドのラインナップは以下の3種類です

ステルス2ドライバーをやさしく簡単に解説【ステルス2、HD、プラスの違い】

・ステルス2・・・球の上がりやすさと直進性のスタンダード
・ステルス2HD・・・球の上がりやすさとつかまり重視モデル
・ステルス2プラス・・・高い操作性と強弾道モデル

一方、キャロウェイゴルフは2023年の最新モデルとなる「PARADYM」(パラダイム)シリーズを2023年2月下旬から発売すると発表しました。

「PARADYM」は「Paradigm shift(パラダイムシフト)」に由来しています。

それまで当然と考えられていた「飛距離とやさしさのどちらかを犠牲にする時代の終わり」を意味することからが付けられたネーミングです。

キャロウェイのドライバーにおけるパラダイムシフトは、「PARADYMフェアウェイウッド」にも波及しています。これまで以上にやさしく、遠くに、ストレートな弾道を放っていくことができるようになっています。

ヘッドのラインナップは以下の4種類です

パラダイム 飛びとやさしさのスタンダードモデル
パラダイムX やさしさとつかまり重視モデル
パラダイムMAX FAST(マックスファクト) つかまる軽量モデル
パラダイム♦♦♦(トリプルダイヤモンド) アスリート向けモデル

パラダイムドライバーをやさしく簡単に解説【パラダイム、X、MAX FAST、トリプルダイヤモンドの違い】

今回は、標準モデルの「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッド2モデルを比較してみます。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「STEALTH2」(ステルス2)フェアウェイウッドの特徴をご紹介

「STEALTH2」(ステルス2)フェアウェイウッドの主な特徴を簡単にご紹介します。

今回の特徴は以下の5つです。

・多彩な飛びと信頼性
・低重心・高打ち出し角

・モデル別、ロフト別に最適化したフェースデザイン
・Vスチールソールデザイン
・構えやすいレーザーアライメント

多彩な飛びと信頼性

クラウン軽量化による低・深重心化です。

『3Dカーボンクラウン』を採用し、クラウンの軽量化によってさらなる低・深重心化を図り、寛容性の高い「ステルス2フェアウェイウッド」がうまれた。狙うべきパー5、タイトなパー4、 距離の長いパー3、プレーヤーの行く手を阻むコース攻略に貢献する。

低重心・高打ち出し角

ウェイト設定の改良により高弾道と安定性をが向上しました。

従来の「ステルスフェアウェイウッド」よりもさらなる低・深重心化を図った「ステルス2フェアウェイウッド」は、ソール側まで巻き込んだ『3Dカーボンクラウン』により、カーボンエリアが拡大。重心を下げながらも後方にウェイトを配置することが可能になり、高弾道で安定したショットを可能にした。

モデル別、ロフト別に最適化したフェースデザイン

各モデルとロフト角別にフェースを設計しています。

『アドバンスドICTフェース』は、より大きなスイートエリアを生み出すためのモデル別、ロフト別設計。センターフェースでヒットしても、オフセンターでヒットしてもボールスピードのアップを目指す。さらに、#3/#3HLには反発性能の高い『C300マレージング鋼フェース』、#5/#7/#9には寛容性の高いフェース&ボディ一体型の『高強度450SS』を採用、番手別に素材を使い分け打ちやすさを追求した。また『ツイストフェース』搭載で安定性を可能にする。

Vスチールソールデザイン

振り抜きのよさのテクノロジーです。

振り抜きのよさで人気を博したテーラーメイドの名器「Vスチール」。そのソール技術を継承し、接地面積を最小限に抑え、抜けのよさを向上させた『Vスチールソール』を採用。丸みを帯びたリーディングエッジが、あらゆるライからも打ちやすく狙いやすい。

構えやすいレーザーアライメント

構えやすいデザインです。

フェースの上部に帯状の「レーザーアライメント」を施し、シンプルな見ためながらも構えやすさが向上した

出典:テーラーメイド公式HP

「パラダイム」フェアウェイウッドの特徴をご紹介

主な特徴は以下の4つです。

・カーボンを駆使し最適な重量配分で高い慣性モーメントを実現
・JAILBREAKテクノロジーは、よりコンパクトなものに

・新しいAI FLASHフェースが、前後左右のバラつきを補正
・豊富な番手ラインアップで、あらゆるセッティングに対応

カーボンを駆使し最適な重量配分で高い慣性モーメントを実現

 

重量配分を従来以上に最適化。前作を上回る高慣性モーメント化を実現しています。

「PARADYMフェアウェイウッド」のW#3、W#3HL、W#5にはトライアクシャルカーボンとフォージドカーボンが採用されています。ここに、前作に引きつづき搭載されたタングステン・スピードカートリッジなども加わることで、重量配分を従来以上に最適化。前作を上回る高慣性モーメント化を実現するなどして、やさしさとボールスピードの向上に効果を発揮しています。なお、W#3、W#3HL、W#5以外のW#7とHVNの番手ではクラウンにのみカーボン素材(トライアクシャルカーボン)を採用し、ソール側はステンレス製で、W#9、W#11は、オールステンレス製のボディとなっています。

JAILBREAKテクノロジーは、よりコンパクトなものに

JAILBREAK BATWINGテクノロジーにより驚異のボールスピードを生み出します。

フェース裏側のトウ・ヒール部には、前作よりもコンパクトになった、コウモリの羽のような形状をしているJAILBREAK BATWINGテクノロジーが搭載されました。C300マレージング鋼(W#3、W#3HL、W#5のみ)を使用したフォージド・フェースカップを可能な限りたまわせるべく、「PARADYMフェアウェイウッド」用にAIが新設計したもので、驚きのボールスピードを生み出します。なお、W#3、W#3HLではアジャスタブルホーゼルが採用されており、構造がJAILBREAK BATWINGテクノロジーと同じような効果をもたらすため、この2つの番手においてはトウ側にのみJAILBREAK BATWINGテクノロジーを搭載しています。

新しいAI FLASHフェースが、前後左右のバラつきを補正

AI設計のフェースも新しくなっています。

AI FLASHフェースも、さらにAIに複雑な演算を行わせたことで大きく進化を果たしました。今回はドライバー同様、飛びの3要素に加え、ボール着弾地点の範囲を小さくすることも考慮した新たなアルゴリズムによって設計開発。打点などがずれても、フェースが狙ったターゲットへと飛んでいく弾道に補正します。もちろん、AIの設計はモデル別、番手別に行われています。

豊富な番手ラインアップで、あらゆるセッティングに対応

構えやすいヘッドです。

「PARADYMフェアウェイウッド」のヘッドは、ROGUE ST MAXフェアウェイウッド同様に、丸みのある形状で、とても構えやすく、ボールも拾いやすそうなものとなっています。番手は、W#3(15度)、W#3HL(16.5度)、W#5(18度)、W#7(21度)、W#9(24度)、W#11(27度)、HVN(20度)の7種類。豊富なバリエーションで、幅広いプレーヤーのクラブセッティングに対応します

「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッドの比較

クラブのコンセプト

「ステルス2」フェアウェイウッド(FWシリーズ共通)

多彩な飛びと信頼性

「パラダイム」フェアウェイウッド

飛びも安定性も高レベルで
パラダイムシフトを起こす

「ステルス2」FWシリーズ共通のコンセプトとして、多種多様なラインナップと信頼性をコンセプトにしています。。

一方、「パラダイム」フェアウェイウッドは、飛びと安定性のパラダイムシフトです。

デザイン比較

ソール側のデザイン比較

まず「ステルス2」フェアウェイウッドはこのようなデザインです。

黒をベースに赤のアクセントのシャープなデザインです。

そして、「パラダイム」フェアウェイウッドはこのようなデザインです。

青系のデザインで、真ん中のウェイトが特徴です。

上から見たヘッドの形状

まずは「ステルス2」フェアウェイウッドから、

黒のデザインに「STERTH」のロゴがあります。

そして「パラダイム」フェアウェイウッドです。

上からの視点も青系のカッコいいデザインです。

「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッドのスペックを比較

「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッドのスペックを比較してみます。

3番ウッド、シャフトの硬さは「SR」のもの同士で比較します。

項目  「ステルス2」フェアウェイウッド 「パラダイム」フェアウェイウッド
ロフト角(°) 15.0 15.0
ライ角(°) 57 58
ヘッド体積(cc) 185 179
クラブ長さ(インチ) 43.25 43.0
クラブ重さ(g) 310(SR) 316(SR)
シャフト重さ(g) 55(SR) 49(SR)
シャフトトルク 4.7 4.4
シャフト調子 中調子 中調子
バランス D2.5 D2

ロフト角

ロフト角(#3)は、「ステルス2」フェアウェイウッドは15.0度、「パラダイム」フェアウェイウッドも15度で同じです。

ライ角

ライ角は少し違います。

「ステルス2」フェアウェイウッドは57度です。

「パラダイム」フェアウェイウッドは58度です。

「ステルス2」の方がフラットライトで相対的にスライス軌道になりやすいと言えます。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

ヘッド体積

「ステルス2」フェアウェイウッドは185cc、「パラダイム」フェアウェイウッドは179ccです。

「ステルス2」フェアウェイウッドの方が少し大きいです。

クラブの重さ

クラブの重量は「ステルス2」フェアウェイウッドは310g、「パラダイム」フェアウェイウッドは316gです。

クラブ重量は「ステルス2」フェアウェイウッドの方が6g軽いです。

シャフトの重量は「ステルス2」フェアウェイウッドが55g、「パラダイム」フェアウェイウッドは49gで「ステルス2」フェアウェイウッドの方が6g重いです。

シャフトは以下のもので比較しています。

テーラーメイド「ステルス2」フェアウェイウッド:TENSEI RED TM50 (’22)(SR)

キャロウェイ「パラダイム」フェアウェイウッド:VENTUS TR 5 for Callaway(SR)

シャフトトルク

シャフトトルクは少し違います。

「ステルス2」フェアウェイウッドは4.7、「パラダイム」フェアウェイウッドは4.4となっています。

相対的に「ステルス2」フェアウェイウッドの方が安定性が高い、「パラダイム」フェアウェイウッドの方が操作性が高い、といえます。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

シャフト調子は「ステルス2」フェアウェイウッド、「パラダイム」フェアウェイウッドともに中調子となっています。

タメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万人向けのセッティングといえます。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。
中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

バランスは少し違います。

「ステルス2」フェアウェイウッドはD2.5、「パラダイム」フェアウェイウッドはD2です。

ヘッドを重く感じるのは「ステルス2」フェアウェイウッドの方と言えそうです。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

まとめ ~「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッド~

「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッドの違いをまとめてみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・「ステルス2」フェアウェイウッドは、モデル別、ロフト別に設計されたフェーステクノロジーを搭載し、スイートエリアを拡大。

・「パラダイム」フェアウェイウッドは、これまで以上にやさしく、遠くに、ストレートな弾道を実現。

ライ角は「ステルス2」フェアウェイウッドは57度、「パラダイム」フェアウェイウッドは58度。「ステルス2」フェアウェイウッドの方が、相対的にスライス軌道になりやすい。

・「ステルス2」フェアウェイウッドの方が6g軽い。シャフト重量は「ステルス2」フェアウェイウッドの方が6g重い。

・シャフトトルクは「ステルス2」フェアウェイウッドは4.7、「パラダイム」フェアウェイウッドは4.4で相対的に「ステルス2」フェアウェイウッドの方が安定性が高い、「パラダイム」フェアウェイウッドの方が操作性が高い。

・バランスは「ステルス2」フェアウェイウッドはD2.5、「パラダイム」フェアウェイウッドはD2で、「ステルス2」フェアウェイウッドの方がヘッドを重く感じる。

以上のような特徴です。

以上、「ステルス2」フェアウェイウッドと「パラダイム」フェアウェイウッドの違いをまとめてみました。

2023年のテーラーメイドとキャロウェイの新作モデルもどのように進化したのか楽しみですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ステルス2ドライバーをやさしく簡単に解説【ステルス2、HD、プラスの違い】

【ドライバー編】「ステルス2」と「パラダイム」の違いを比較解説

【ユーティリティ編】「ステルス2」レスキューと「パラダイム」ユーティリティの違いを比較解説

パラダイムツアーバージョン【通常バージョンとの違いとは】

パラダイムドライバーをやさしく簡単に解説【パラダイム、X、MAX FAST、トリプルダイヤモンドの違い】

ステルス2HDとステルスHDの違いを比較解説

ステルス2プラスとステルスプラスの違いを比較解説

コメント