本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【アイアン編】「ステルスHD」とスリクソン「ZX5 Mk Ⅱ」の違いを比較解説【テーラーメイドvsダンロップ】

アイアン

テーラーメイドゴルフは2023年の最新モデルとなる「STEALTH 2」(ステルス2)シリーズを2023年2月17日に発売しました。

それに合わせ、アイアンは、「ステルスHD」アイアンが発売となります。本作は2022年に発売された「ステルス」アイアンの後継モデルではなく、ステルスシリーズの追加モデルとなります。

高弾道で飛ばせる中空構造で、番手別設計による確かな飛距離性能とやさしさが正確で安定したショットへ導きます。

一方、スリクソンは、2022年11月19日に「スリクソン ZX5 Mk Ⅱ アイアン」と、「スリクソン ZX Mk Ⅱ ユーティリティアイアン」をから販売しました。

フェース周辺部に配した溝「スピードグルーブ」と最適なフェース肉厚設計の「MAINFRAME Mk Ⅱ」(メインフレーム マークツー)がスリクソン史上最速のボールスピードを実現。優れたボールスピードに加え、外観、スピン、操作性などバランスの取れたオールマイティーなアイアンとなっています。

今回は、ステルスHD」アイアンとの「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンの違いを比較してみたいと思います。

「ステルス2」ドライバーと「ZX5 Mk II」ドライバーはこちらで紹介しています。

【ドライバー編】「ステルス2」とスリクソン「ZX5 Mk II(マーク2)」の違いを比較解説【テーラーメイドvsダンロップ】

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「ステルスHD」アイアンの特徴

「ステルスHD」アイアンの売りとなるテクノロジーを紹介します。

番手別に設計されたテクノロジー

番手ごとの性能を最適化しています。

軽量ポリマー素材を使用する『キャップバックデザイン』を採用することで、軽量化と強度を併せ持った中空構造が完成。さらに、番手別に設計された『アシンメトリック・ドローフェースデザイン』を採用、#5-#7には『貫通型スピードポケット』を搭載し、番手毎に求められる性能を発揮。

安心感のあるヘッドデザイン

低重心設計で高弾道ショットを可能にします。

シャローヘッドとワイドソールデザインの低重心化設計で、高弾道のショットを可能にする。さらに、ソールが適度に湾曲した『ラウンドソール』が、どんなライからでも振りぬきやすく、適度なスピンでダイレクトにターゲットを狙える。

エコーダンピングシステム

心地よい打感と打音のテクノロジーです。

フルレングスのエコーダンピングシステムが、インパクトの衝撃によるクラブの振動を吸収し、心地よい打感と打音を生み出す。

(出典:テーラーメイド公式HPより)

「ZX5 Mk Ⅱ」 アイアンの特徴

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンの売りとなるテクノロジーを見ていきましょう。

さらなるボールスピードを追求し、 進化した革新のテクノロジー

飛距離と正確性の両立のテクノロジーです。

さらに進化した「MAINFRAME Mk II」が驚異的なボールスピードを生み出し、
大きな飛距離と正確性を実現。

スリクソン史上最速のボールスピード

反発性能のテクノロジーです。

フェース周辺部に配した溝「スピードグルーブ」と最適なフェース肉厚設計により、
フェースのたわみがさらに大きくなり反発性能が向上。

スピンコントロール性能   

溝を番手ごとに設計しています。

最適なスピンを生み出し、状況に応じたパフォーマンスを発揮する「番手別溝設計」であらゆる状況でも安定した飛距離を実現します

卓越した安定性と操作性

ソール形状を改良しています。

ソール形状、バンス角の最適な設計によりインパクト時の抜けの良さがさらに向上した「新・TOUR V.T.SOLE(ツアー ヴィ ティ ソール)」で安定性と操作性が向上しました。

ショットを自在にコントロール

スイング軌道に合わせバンス角を最適設計。さまざまなショットで芝との接触を最小限に抑えることで、キレのある打感とさらなる安定性を発揮します。

(出典:ダンロップ公式HPより)

「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンの比較

クラブのコンセプト

「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは以下のようなコンセプトとなっています。

「ステルスHD」アイアン

正確なショットを、再現性高く
高弾道で飛ばせる中空構造『ステルスHDアイアン』。番手別設計による確かな飛距離性能とやさしさが正確で安定したショットへ導く。

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアン

「MAINFRAME Mk II」がもたらすスリクソン史上最大のボールスピード、シャープなフォルムに、操作性、寛容性、フィーリングすべてを兼ね備えたZX5 Mk II アイアン。

「ステルスHD」アイアンは、「中空構造」や「番手別設計」でやさしく安定したショットへ導きます。

一方、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは、操作性、寛容性を両立したオールマイティアイアンを強調しています。

デザイン比較

「ステルスHD」アイアン

まず「ステルスHD」アイアンです。

やさしめで安定感のあるデザインです。

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアン

次に「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンはこのようなデザインです。

無駄のないデザインのアイアンです。

「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンのスペックを比較

さて「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンのスペックを比較します。

番手ラインナップとロフト角

まずはアイアンでもっとも気になるロフト角を見てみます。

「ステルスHD」アイアン

番手 5番 6番 7番 8番 9番 PW AW SW
ロフト角(度) 23.5 26.5 30 34 38.5 44.5 49 54

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアン

番手 4番 5番 6番 7番 8番 9番 PW AW SW
ロフト角(度) 22 24 27 31 35 39 44 50 56

ロフト角は、若干「ステルスHD」アイアンの方がストロングロフトです。

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは4番から設定があります。

では次に、より細かく5番アイアンでスペックを比較してみます。

5番アイアンのスペック比較

5番アイアン同士で比較してみたいと思います。

シャフトについては、両方ともカーボンシャフトで比較します。

・テーラーメイド「ステルスHD」アイアン「TENSEI RED TM60 (’22)(R)

・スリクソン「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは、「Diamana ZX-II for IRON(R)」

シャフトの硬さは「R」のもの同士で比較します。

項目  「ステルスHD」アイアン 「ZX5 Mk Ⅱ」アイアン
ロフト角(°) 23.5 24
ライ角(°) 62.5 61
クラブ長さ(インチ) 38.5 37.5
クラブ重さ(g) 350 374
シャフト重さ(g) 61 61.5
シャフトトルク 3.1 3.5
シャフト調子 中調子 中調子
バランス C8 D0

ロフト角

「ステルスHD」アイアンは23.5度、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは24度です。

「ステルスHD」アイアンの方が全体的にストロングロフトです。

ライ角

ライ角は、「ステルスHD」アイアンは62.5度、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは61度です。

「ステルスHD」アイアンの方が、アップライトでフック軌道になりやすいと言えます。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量は「ステルスHD」アイアンは350g、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは374gです。

クラブ全体の重量は「ステルスHD」アイアンの方が24g軽いです。

シャフトの重量は「ステルスHD」アイアンの方が0.5g軽いです。

「ステルスHD」アイアンは61g

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは61.5g

シャフトは同じシャフトです。

シャフトトルク

シャフトトルクは同じです。

「ステルスHD」アイアンは3.1

「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは3.5

となっています。

僅かな差ですが、「ステルスHD」アイアンの方が相対的に操作性が高い、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンの方が相対的に安定性が高い、と言えます。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

シャフト調子は「ステルスHD」アイアン、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンともに中調子です。

中調子は、タメも作りやすく、ヘッドもある程度走るという万民向けのセッティングと言われます。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。

元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。

中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

「ステルスHD」アイアンはC8、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンはD0となっています。

「ステルスHD」アイアンの方がヘッドを軽く感じると言えます。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします

まとめ ~「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアン~

「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンを比較してみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・「ステルスHD」アイアンは、高弾道で飛ばせる中空構造で、番手別設計による確かな飛距離性能とやさしさが正確で安定したショットへ導く。

・「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは、優れたボールスピードに加え、外観、スピン、操作性などバランスの取れたオールマイティーなアイアン。

・ロフト角は、「ステルスHD」アイアンの方がストロングロフトの設定。

・クラブ重量は「ステルスHD」アイアンの方が24g軽い。シャフト重量は「ステルスHD」アイアンの方が0.5g軽い。

・シャフトトルクは、「ステルスHD」アイアンは3.1で相対的に操作性が高い、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは3.5で相対的に安定性が高い。

・バランスは、「ステルスHD」アイアンはC8、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンはD0で、「ステルスHD」アイアンの方がヘッドを軽く感じる。

以上のような特徴です。

実際に打ってみて自分に合っているかどうか、クラブを気に入るかどうかということが最も大切ですね。

以上、「ステルスHD」アイアンと「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンの違いをまとめてみました。

重量に大きな違いがあり、「ステルスHD」アイアンは軽く、「ZX5 Mk Ⅱ」アイアンは重いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【ゴルフ女子】レディースクラブからメンズクラブへの道①【アイアン試打①】

「STEALTH」(ステルス)と「ローグST」の違いを比較解説

【アイアン編】「ステルスHD」と「パラダイム」の違いを比較解説

【アイアン編】「ステルスHD」と「ステルス」の違いを比較解説

コメント