本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【2024年最新】ミズノゴルフボール比較表5種類!特徴と選び方【一覧まとめ、アスリート向けRB TOUR、 コスパD201おすすめは?】

ゴルフクラブ・ギア

2024年最新版、ミズノのゴルフボールの選び方を紹介します。

以下の5種類を比較します。

①RB TOUR
②RB TOUR X
③RB MAX
④NEXDRIVE(ネクスドライブ)
⑤D201

超一流スポーツブランドのミズノ。初心者向けコスパ重視のボールから、コントロール重視の上級者向けまで、幅広くラインナップがあります。

どれにしようか迷ってる場合、ソフトな打感と高い反発性能の③RB MAXから試してみるのがおすすめです。

本記事はこんな方におすすめです

・ミズノブランドのゴルフボールを使いたい
・ボールのスペックにもこだわっていきたい
・コスパのよいゴルフボールを購入したい

ミズノゴルフボール一覧表

RB TOUR RB TOUR X RB MAX NEXDRIVE D201
パッケージ
ボール
ボールタイプ ディスタンス&コントロール ディスタンス&コントロール ディスタンス ディスタンス ディスタンス
対象
ヘッドスピード
38m/s~ 38m/s~ 全領域 全領域 35m/s~
フィーリング 非常にソフト ソフト 非常にソフト ソフト ソフト
弾道 中弾道 中高弾道 高弾道 高弾道 高弾道
アプローチ
スピン量
非常に多い 非常に多い 多い 普通 普通
ドライバー
スピン量
少ない やや少ない 少ない 普通 普通
構造 3ピース 3ピース 3ピース 2ピース 2ピース
特徴 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、強弾道のツアーパフォーマンスボール。 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、高弾道のツアーパフォーマンスボール。 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、飛距離追及型ボール。 ソフトな打感、高弾道で落ち際でひと伸びする世界最多566個のディンプルを搭載。 飛距離を追求したコストパフォーマンスに優れたモデル。
amazonで探す amazonで探す amazonで探す amazonで探す amazonで探す

出典:ミズノ公式HP

ミズノゴルフボール特徴と選び方

ミズノゴルフボールの特徴と選び方をご紹介します。

①RB TOUR

強弾道のツアーパフォーマンスボール。

最もアスリート志向のモデルです。

飛距離アップを実現する、ミズノ独自のディンブル構造「アクシアルフローディンプル」

フィーリングは非常にソフト

コントロール性能の高い、スピン系のボールです。

推奨ヘッドスピードは38m/s~、ある程度ヘッドスピードが出るゴルファー向けです。

「RB TOUR X」よりも、ドライバーのスピン量は少ない。

発売日:2019/2/22

②RB TOUR X

高弾道のツアーパフォーマンスボール

フィーリングはソフト。

コントロール性能の高い、スピン系のボールです。

推奨ヘッドスピードは38m/s~、ある程度ヘッドスピードが出るゴルファー向けです。

「RB TOUR 」よりもドライバーのスピン量は少なめです。

発売日:2019/2/22

③RB MAX

高弾道の飛距離追求型3ピースボール

どれにしようか迷ってる場合、まずはこちらのRB MAXを試してみるのがおすすめです。

非常にソフトな打感と、高い反発性能を両立
高い弾道で飛距離アップを実現する、ミズノ独自のディンプル構造

①高反発ブタジエンラバーアウターコア
②ウルトラソフトブタジエンラバーインナーコア
③高耐久アイオノマーカバー
④高弾道336アクシアルフローディンプル
・発売日:2023年4月

④NEXDRIVE(ネクスドライブ)

初心者から上級者まで全ゴルファーにおすすめのゴルフボールです。

ソフトな打感、高弾道で落ち際でひと伸びする世界最多566個のディンプルを搭載

フィーリングはソフト。

落ち際に「ひと伸び」するプチディンプルが特徴です。

発売日:2018年春夏

飛距離性能の高い、ディスタンス系のボールです。

推奨ヘッドスピードは全領域。

スピン量は標準的です。

野球ボール風、テニスボール風、バスケットボール風など遊び心があります。

⑤D201

ミズノが誇るコスパ最強モデルです。

フィーリングはソフト。

飛距離性能の高い、ディスタンス系のボールです。

推奨ヘッドスピードは35m/s~、ヘッドスピードが速くない方にもおすすめ。

曲がりにくくて、飛距離もよく飛ぶと評判のボールです。

発売日:2020/05/10

実際にラウンドで使用したレビューもよかったらどうぞ

まとめ~ミズノゴルフボール~

ミズノのゴルフボール特徴をまとめます。

①RB TOUR 強弾道ツアーパフォーマンスモデル
②RB TOUR X 高弾道ツアーパフォーマンスモデル
③RB MAX ディスタンス系、新開発のアクシアルフローディンプル搭載
④NEXDRIVE ディスタンス系、あとひと伸びの566個のディンプル
⑤D201 ディスタンス系、高いコストパフォーマンス

RB TOURが最もアスリート向け。

D201のコスパは、あのホンマD1ともいい勝負。とてもおすすめです。

RB TOUR RB TOUR X RB MAX NEXDRIVE D201
パッケージ
ボール
ボールタイプ ディスタンス&コントロール ディスタンス&コントロール ディスタンス ディスタンス ディスタンス
対象
ヘッドスピード
38m/s~ 38m/s~ 全領域 全領域 35m/s~
フィーリング 非常にソフト ソフト 非常にソフト ソフト ソフト
弾道 中弾道 中高弾道 高弾道 高弾道 高弾道
アプローチ
スピン量
非常に多い 非常に多い 多い 普通 普通
ドライバー
スピン量
少ない やや少ない 少ない 普通 普通
構造 3ピース 3ピース 3ピース 2ピース 2ピース
特徴 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、強弾道のツアーパフォーマンスボール。 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、高弾道のツアーパフォーマンスボール。 新開発のアクシアルフローディンプルを搭載した、飛距離追及型ボール。 ソフトな打感、高弾道で落ち際でひと伸びする世界最多566個のディンプルを搭載。 飛距離を追求したコストパフォーマンスに優れたモデル。
amazonで探す amazonで探す amazonで探す amazonで探す amazonで探す

コメント