本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ウエッジ編】クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの4種類を比較解説【FULL・MID・LOW・LOW+の選び方】

ウェッジ

ダンロップは、2023年3月18日に、クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」(ジップコア)ウェッジを発売しました。

今回の大きな特徴は、悪条件下で安定したスピン性能を発揮する「HydraZip(ハイドラジップ)」フェースです。

濡れたフェース面のバックスピン量が従来モデルに比べて43%アップし、ラフや雨天でも安定したスピンコントロールを可能にします。

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジは、ソールグラインドの形状が違う4タイプ(FULL・MID・LOW・LOW+)をラインナップしています。

プロの要望に応えて、新たに「LOW+」がラインナップされました。

今回は「RTX6 ZIPCORE」ウェッジFULL・MID・LOW・LOW+の違いを比較をします。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジのコンセプト

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジは以下のようなコンセプトとなっています。

ロフト別に設定した「HydraZip」フェースと
進化した「ZIPCORE」テクノロジーで
さまざまなライから安定したスピン性能を発揮!

「HydraZip」フェースは、ラフやウェット時など芝や砂、水分などがボールとフェースに入り込むような悪条件下でのスピン性能が向上し、あらゆる状況で優れたスピンコントロール性能を発揮します。

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの特徴

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの主な特徴は以下の2つです。

・HydraZip(ハイドロジップ)
・ZIPCORE(ジップコア)

次から詳しくご紹介します。

HydraZip(ハイドロジップ)

スピン性能を向上させるフェース面のテクノロジーです。

ロフト角の領域ごとに加工が違います。

あらゆる状況で優れたスピン性能。

ロフト別に異なるフェースブラストとレーザーミーリングを搭載した「HydraZip」フェース。ラフやウェット時など芝や砂、水分などがボールとフェースに入り込むような悪条件下でのスピン性能が向上し、あらゆる状況で優れたスピンコントロール性能を発揮。

ZIPCORE(ジップコア)

飛距離と方向の安定性を向上させるテクノロジです。

安定したボールスピードとスピンで 思い通りのコントロールショット。

ネック部にインサートする軽比重のセラミックピンを大型化し、さらにロフト別に設計することでより大きな余剰重量を創出。打点位置に近い重心位置を実現するとともに、上下の慣性モーメントを増大させたことで飛距離安定性、方向安定性が向上。

(出典:ダンロップ公式HPより)

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジのデザイン

ヘッド仕上げは、ツアーサテンブラックサテンツアーラック(ノーメッキカスタム)の3種類です。

ノーメッキカスタムには以下の注意事項が付されています。

ノーメッキカスタムについての注意事項
●メッキ加工をしていない製品です。通常の使用・保管で錆が発生しますが、ルール適合クラブとして問題なくご使用いただけます。また、ヘッド仕上げや錆の発生・進行には 個体差があります。ご使用後は土や水分を十分に拭き取り、乾いた状態で保管して下さい。錆を防止するために、オイルなどでお手入れされる事をお薦めいたします。
●ノーメッキ品につきましては刻印カラー、およびロフト角・ライ角の変更は受け付けておりません。
●RTX 6 ZIPCORE以外のウエッジはノーメッキカスタムの対象外となります。
ノーメッキカスタムは玄人向けの印象です。
「RTX6 ZIPCORE」ウェッジはこのようなデザインです。

  出典:クリーブランドゴルフ公式HP

今作もクリーブランドらしい美しいウェッジです。

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジのタイプ別のスペックを比較

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの4タイプを比較してみましょう。

4タイプのラインインナップ

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジはFULL・MID・LOW+・LOWの4タイプのグラインドがラインナップされています。

今回から「LOW+」が追加されました。

FULL→MID→LOW+→LOWの順番で難しくなっていくイメージです。

バウンス角もFULL→MID→LOW+→LOWの順番でハイバウンス(大きい角度)からローバウンス(小さい角度)になっていきます。

タイプ 特徴
FULL ダフリの許容性が高いオーソドックスな形状
MID 許容性と操作性のベストバランス
LOW+ プロの要望に応えて新たにラインナップ
LOW 操作性が高く多彩なショットに対応

やさしさを求めるなら「FULL」、操作性を重視するなら「LOW」という選び方もできそうです。

バウンスとは、ヘッドの下のソール部分の膨らみことです。
バウンス角は、シャフトを水平にした時にリーディングエッジからソールの膨らみ部分がどのくらい出ているかを表しています(下図参照)。

一般的に、バウンス角12度以上をハイバウンス、8度以下をローバウンスと言ったりします。
ハイバウンスは、出っ張っているので、ヘッドが少し手前から入ってもソールが滑ってくれます。また、クラブがボールの下を潜ってボールが飛ばなくなるというミスが起こりにくいです。
ローバウンスは、ソールが滑り度合いは弱くなりますが、ボールが沈んでる場合など、ボールに直接を打つ必要がある時に適しています。

次から詳しくスペックを比較していきます。

スペック詳細

スペック詳細を比較してみたいと思います。

シャフトについては、以下の種類あります。

・「Dynamic Gold S200 スチールシャフト」

・「N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト」 

出典:ダンロップ公式HP

ロフト角とバウンス角

まずはウェッジにおいて注目されるロフト角とバウンス角のラインナップをまとめてみます。

ラインナップのサマリー

グラインド FULL MID LOW+ LOW
ロフト角(°) 54~60 46~60 54・56 58・60
バウンス角(°) 12 10 8 6

ロフトは8種類

「RTX6 ZIPCORE」ウェッジのロフト角のラインアップは、2度刻みで、FULLは54度から60度まで4種、MIDは46~60度まで8種類、LOW+は54・56の2種類、LOWは58・60の2種類です。

「MID」は幅広くラインナップされています。

細かいラインナップは以下のとおりです。

各グラインドの数値はバウンス角です。

ロフト角(°) FULL MID LOW+ LOW
46 10
48 10
50 10
52 10
54 12 10 8
56 12 10 8
58 12 10   6
60 12 10 6

「FULL」はハイバウンス、「LOW+」「LOW」はローバウンス、「MID」は中間です。

「RTX6 ZIPCORE」はタイプ別にバウンス角は一定というのが特徴です。

バウンス角は例えば「FULL」は12度、「MID」は10度と一定です。

ライ角

ライ角は64度で共通です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量は共通です。

例えば、ロフト角56度、ダイナミックゴールドシャフトは470gです。

シャフト重量は以下の通りです。

・「Dynamic Gold S200 スチールシャフト」115g

・「N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト」 91g

24gとかなり重量差があります。

シャフト調子

シャフト調子は以下のとおりです。

・「Dynamic Gold S200 スチールシャフト」は手元調子

・「N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト」 は中調子

手元調子は、切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、タメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万人向けです。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。

元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

フェースプログレッション

フェースプログレッションは例えば、ロフト角56度では以下のとおりです。

「FULL」は6.2
「MID」は6.3
「LOW+」は6.4

FULL→MID→LOW+とストレートネック傾向です。

ロフト角58度では、7で各モデル同じです。

フェースプログレッションとは、ストレートネックとかグースネックという表現もされたりします。ストレートネックはフェースプログレッションが大きく、グースネックになるとフェースプログレッションは小さくなります。一般的にフェースプログレッションが大きいとボールが上がりやすくコントロールしやすい反面ボールがつかまり難い。小さいとその逆となります。

バランス

バランスは共通です。

ロフト角56度ではD4

ロフト角58度ではD5

ウエッジは一般的にヘッドを重く感じる傾向の設定です。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします

まとめ ~クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジ~

今回は、クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジの4タイプを比較してみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジはFULL・MID・LOW+・LOWの4タイプのグラインドを用意。

・ライ角、バランスは各モデル共通。

・ロフト角のラインアップは2度刻みで、FULLは54度から60度まで4種、MIDは46~60度まで8種類、LOW+は54・56の2種類、LOWは58・60の2種類

・「FULL」はハイバウンス、「LOW+」「LOW」はローバウンス、「MID」はその中間です。やさしさを求めるなら「FULL」、操作性を重視するなら「LOW+」「LOW」

・フェースプログレッションはストレートネック傾向。

以上のような特徴ですが、実際に打ってみて自分に合っているかどうか、クラブを気に入るかどうかということが最も大切ですね。

今作のRTX6 ZIPCOREの大きな特徴としては、悪天候でもスピンコントロールが安定するテクノロジーを搭載しています。

以上、クリーブランド「RTX6 ZIPCORE」ウェッジについてまとめてみました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

クリーブランド「RTX DEEP FORGED 2」ウェッジを紹介

クリーブランド RTX ZIPCORE ウェッジ を購入した感想(発売日2020年9月12日)

【楽天市場】ウェッジ(メンズ)ランキング【リアルタイム】

2020年モデル「RTX ZIPCORE」ウェッジの3種類を比較解説

ミズノS23ウエッジの4種類を比較解説【S・D・C・Xの選び方】

キャロウェイ JAWS RAWウェッジの4種類を比較解説【Z・S・X・Wの選び方】

コメント