本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ドライバー比較】テーラーメイド「Qi10」ドライバーをやさしく簡単に解説【Qi10 MAX、Qi10、Qi10 LSの違いとは?】

ゴルフクラブ・ギア

テーラーメイドゴルフは、2024年モデル「Qi10」シリーズのドライバーを2024 年2月2日に発売すると発表しました。

「Qi10」の由来はQuest(探求)inertia(慣性)10K」=10,000の慣性の探求です。

テーラーメイド史上最高の慣性モーメント(MOI)の寛容性。

「Qi10 MAX」ドライバーでは、初めて慣性モーメントが左右方向と上下方向を合わせて10,000を超え、高い寛容性を実現しています。

MOI(慣性モーメント)とは、物質の回転運動に対しての抵抗力を示した数値。MOIが高いとミスヒットしてもクラブが開きにくく、インパクト時の安定性とやさしさを測る上で重要な指標。

ヘッドのラインナップは以下の3種類です

Qi10 MAX ドライバー やさしさ重視モデル
Qi10 ドライバー 操作性と直進性を両立したモデル
Qi10 LS ドライバー アスリート向け低スピンモデル

今回は「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10 LS」の3種類のドライバーについてご紹介します。

どのように違うのでしょうか?

「Qi10」ドライバーの特徴をご紹介

「Qi10」ドライバーの主な特徴を簡単にご紹介します。

各モデル共通の特徴

各モデル共通の特徴は以下の2つです。

・進化したインフィニティーカーボンクラウン
・エネルギーの伝達効率がさらにUP

進化したインフィニティーカーボンクラウン

クラウンのカーボン使用量97%までアップし、さらに高い慣性モーメントを実現しました。

クラウンに使われているカーボン使用量を97%まで大幅にアップした「インフィニティ―カーボンクラウン」を搭載。カーボンによって生みだした余剰重量を、新しいヘッド形状や、ヘッド内部に再配分することで、さらに高い慣性モーメントを実現。さらに、フェース上部に施されたアライメントが、アドレス時の目標に対しての構えやすさを向上。

エネルギーの伝達効率がさらにUP

ミスヒット時も無駄なスピンを抑えます。

第3世代の「60層カーボンツイストフェース」と、フェースを支える「新開発フレーム」を採用。従来のチタン製ヘッドと比べ、圧倒的な軽量化を実現。インパクト時、ボールへのエネルギー伝達効率を高め、ボール初速アップに貢献。さらに、ミスヒットしても無駄なスピンを抑えボール初速をキープ。

各モデル個別の特徴

「Qi10 MAX」ドライバー

寛容性、直進性、ヘッドのすべてMAXサイズ

やさしさを極限まで追求しています。

カーボンウッドによって生みだされた余剰重量によりQi10シリーズ最大のヘッドサイズを実現。さらに、余剰重量をヘッド前方と後方に配置することで、ヘッド全体の慣性モーメントを大幅に向上。ゴルファーが求める飛距離だけでなく、今までにない「やさしさ」を極限まで探求

「Qi10」ドライバー

ハイパフォーマンスを実現

バランスの取れたパフォーマンスです。

オーソドックスなヘッド形状に、高弾道でさらなる飛距離を実現し、寛容性にも優れるバランスの取れた「Qi10」ドライバー。従来よりも低重心で、よりやさしく、バランスのとれたパフォーマンスを提供。

継承されるテクノロジー

従来からのテクノロジーも搭載されています。

テーラーメイド ドライバーの定番、±2°のロフト調整が可能な「ロフトスリーブ」を搭載。最適な打ち出し角や弾道に調整することで、再現性の高いショットが可能に。さらに、テーラーメイド独自の「貫通型スピードポケット」も搭載し、ミスヒット時の無駄なスピンを抑え、ボール初速をキープ。

「Qi10 LS」ドライバー

※セレクトフィットストア限定モデル。

高みを目指すプレーヤーに、ツアーパフォーマンスを。

ヘッドスピードが速い方向けの低弾道モデルです。

ヘッドスピードが速いプレーヤーに向けて、ロースピンで、低弾道で飛ぶように設計された「Qi10 LS」。タイガー・ウッズやローリー・マキロイなど世界のトッププレーヤーが好む、ディープフェースにコンパクトなヘッド形状のドライバー。

進化したスライディングウェイトシステム

プレーヤーの好みに合わせ弾道を調整ができる「New エアロトラック スライディングウェイト(18g)」を搭載。進化したヘッド構造により、「Stealth2 Plus」と比べ、ウェイトをより前方で、より低い位置に移動することが可能になり、より高い寛容性とロースピン性能を実現。また、ソール形状を改良し、エアロダイナミック効果をさらに高めることで、空気抵抗の低減に貢献。

出典:テーラーメイド公式HP

「Qi10」ドライバーのカタログスペック

ヘッドのラインナップは以下の3種類です

Qi10 MAX ドライバー やさしさ重視モデル
Qi10 ドライバー 操作性と直進性を両立したモデル
Qi10 LS ドライバー アスリート向け低スピンモデル

では次からカタログスペックを比較してみます。

コンセプト

ドライバーのコンセプトは以下の様になっています。

「Qi10 MAX」ドライバー

ぶっ飛び系10Kを体感せよ。

「Qi10」ドライバー

ハイパフォーマンスを実現

「Qi10 LS」ドライバー

高みを目指すプレーヤーに、ツアーパフォーマンスを。

今回は、高慣性モーメントとやさしさがコンセプトです。

カタログスペックサマリー

カタログのスペックの主要項目は以下のようになっています。

ロフト角10.5度、フレックスSR

シャフトは以下のもので比較します。

「Qi10 MAX」「Qi10」Diamana BLUE TM50 
「Qi10 LS」Diamana SILVER TM50

3つのモデルすべてロフト角・ライ角・フェース角の調整が可能となっています。

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
ロフト角(°) 9.0,10.5,12.0 9.0,10.5,12.0 8.0,9.0,10.5
ライ角(°) 58 (STD) – 62 (UPRT) 56 (STD) – 60 (UPRT) 54 (STD) – 58 (UPRT)
ヘッド体積(cc) 460 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.25 45.5 45.5
クラブ重さ(g) 306 303 306
シャフト重さ(g) 56 56  57
シャフトトルク 4.6 4.6  4.0
シャフト調子 中調子 中調子 中元調子
バランス  D3 D1.5  D2.5

次から順番にカタログスペックなど詳しく見ていきます。

ロフト角

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
ロフト角(°) 9.0,10.5,12.0 9.0,10.5,12.0 8.0,9.0,10.5

「Qi10 MAX」「Qi10」は9度、10.5度、12.0度、「Qi10 LS」は、8度、9度、10.5度が用意されています。

各モデル調整機能があります。

ライ角

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
ライ角(°) 58 (STD) – 62 (UPRT) 56 (STD) – 60 (UPRT) 54 (STD) – 58 (UPRT)

今回は、調整できる範囲で示されています。

「Qi10 MAX」はアップライト、「Qi10 LS」はフラットライトの傾向です。

ライ角は、角度を大きくするとフック軌道になりやすく、小さくするとスライス軌道になりやすいです。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

ヘッド体積

ヘッド体積は、460ccで同じです。

クラブ長さ

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
クラブ長さ(インチ) 45.25 45.5 45.5

「Qi10 MAX」は少し短い設定です。

クラブの重さ

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10 」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
クラブ重さ(g) 306 303 306
シャフト重さ(g) 56 56  57

「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10 LS」クラブの重さは、「Qi10 MAX」「Qi10 LS」が同じ重量で、「Qi10」が少し軽くなっています。

前作「ステルス2」シリーズの対応モデルとの比較では、「Qi10 MAX」「Qi10」は少し重く、「Qi10 LS」は少し軽くなりました。

シャフトトルク

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
シャフトトルク 4.6 4.6  4.0

シャフトトルクとは安定性(ブレにくさ)と操作性の指標です。

安定性(ブレにくさ)と操作性はトレードオフ(片方を選べば、もう片方の選択の利益は得られない)の関係になります。

「Qi10」シリーズは全体の傾向として、操作性は高い傾向です。その中でも「Qi10 LS」が操作性が最も高いということになります。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
シャフト調子 中調子 中調子 中元調子

シャフト調子は、「Qi10 MAX」「Qi10」は中調子、「Qi10 LS」は中元調子です。

中調子は、タメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万民向けセッティングです。

中元調子は、タメが作りやすいがつかまりにくいパワーのあるゴルファー向けです。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。
先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。
中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

項目  「Qi10 MAX」ドライバー 「Qi10」ドライバー 「Qi10 LS」ドライバー 
バランス  D3 D1.5  D2.5

数値的には「Qi10 MAX」が最もヘッドを重く感じるセッティングで、高慣性モーメントとの組み合わせによるものでしょうか。

全体的に「Qi10」シリーズは前作の「ステルス2」シリーズよりもヘッドを軽く感じるセッティングです。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10 LS」どれを使う?

以上、「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10 LS」の3種類をご紹介しました。

カタログスペック的に前作「ステルス2」シリーズの特性を踏襲しつつ、特にもっともやさしいモデルの位置づけの「Qi10 MAX」のセッティングが変化した印象です。

10Kを超える慣性モーメントの「Qi10」シリーズ。

一度、試打してみたいですね。

以上、「Qi10」ドライバーをご紹介しました。

ドライバー選びの参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント