クリーブランド RTX ZIPCORE ウェッジ を購入した感想(発売日2020年9月12日)

RTX ZIPCORE バックフェース アイアン

2020年9月12日にクリーブランドゴルフから発売されたウェッジ『RTX ZIPCORE』

前作の『RTX 4』からどう進化したのでしょうか?

 

今回は、『RTX ZIPCORE 58°』のウェッジを購入したA君から使用後の感想について伺いました

 

A君、こんにちは。

先日に発売されたクリーブランドの「RTX ZIPCORE」を購入されたとお聞きしました。

購入の経緯や使用した感想などをお聞かせいただけますでしょうか?

こんにちは。

私はクリーブランドのウェッジを「RTX 3」から愛用しているのですが、前作の「RTX 4」がとてもスピンが入って気に入ったので、今回も新たに発売された「RTX ZIPCORE」を購入しました

 

A君、実はかなりのクリーブランド信者だったのですね!

確かに、値段もお手頃で扱いやすいという話はよく聞きます。

 

では、今回の「RTX ZIPCORE」はどのような進化を遂げたのでしょうか?

今回はナンバリングではなく「RTX ZIPCORE」という名前になっています。これは正統進化というよりは何か大きく変化を取り入れたということでしょうか。

 

事実、公式サイトをチェックすると次のように書かれてありました

セラミックによる重心革命「ZIPCOREテクノロジー」
ネック部に軽比重のセラミックピンをインサートし、余剰重量をトゥ上へ移すことで、重心がさらに実打点のセンター近くへ。これにより、バックスピン、打ち出し角度、初速が安定し、ハイレベルな一貫性を実現。

ZIPCOREテクノロジー

RTX史上最深溝「ULTIZIP(アルティジップ)GROOVES」

RTXシリーズ史上、最も深い溝設計により、最大スピン量と悪条件下でのスピン性能が向上。あらゆる場面で、攻めのショートゲームが可能に。

引用元(公式HP):https://sports.dunlop.co.jp/golf/clevelandgolf/rtx_zipcore/
 

なるほど、ネック部の軽量化と余剰重量の再配分、ということですか。

 

では、実際に手に取ってみてどうでしたか?

はい。

まずは見た目を見てほしいのですが、一番の特徴はバックフェースのトゥ側に『ZIPCORE』のロゴが入っていて、その箇所が盛り上がっています

 

公式情報から、重心を最適化するための仕組みのようです。

 

この部分に盛り上がりがあるのは違和感を覚えますが、カッコいいロゴが入ることでそれを見事に打ち消しています

RTX ZIPCORE バックフェース

 

フェース面には以前から採用している「レーザーミーリング」と「フェースミーリング」が入っていますね。

ミスヒットやラフや雨などへの寛容性を高めているそうです。

今作では溝の本数が増え、更に深くなっているとのことです

RTX ZIPCORE フェース

RTX ZIPCORE フェース拡大

 

ソールを見てみると、抜けを良くするために、邪魔になる部分が削られています。

 

ちなみにソールタイプは3つです

  • FULL 12°
  • MID 10°
  • LOW 6°

私はバンスを使ったアプローチもしたいので「MID 10°」を選びました。

ウェッジでよくダフったりダウンブローが強めの人には「FULL 12°」が合うと思います。

RTX ZIPCORE ソール

 

ヘッドは3種類から選べます

  • ツアーサテン
  • ブラックサテン
  • ツアーラック(ノーメッキ仕様)

ノーメッキ仕様は特注生産で+4,000円となるようです

シャフトは標準で3種類あります

  • Dynamic GOLD S200
  • N.S. PRO MODUS3 TOUR120
  • N.S. PRO 950GH

私は「Dynamic GOLD S200」にしました。

他にも特注生産で以下2種類が選べるようです。

  • N.S. PRO 950GH neo
  • Diamana ZX60 for CG(カーボン)※10月発売予定

RTX ZIPCORE シャフト-ダイナミックゴールド S200

 

ありがとうございました。

続いて、一番大事な使用感をお聞かせください

分かりました。

 

冒頭で「大きな変化」と言いましたが、正直なところ、前作のRTX4と比べて、あまり大きな違いは感じませんでした

逆に言えば、よく違和感無く仕上げてるなぁという感想です。

 

もちろん、スピン性能も、抜けも良いですし、直進性も高いと感じました

全く問題無しです。

 

あと個人的な感覚かもしれませんが、芯に当たった時に「ズシっ」と手に伝わってきます。高重心化が影響しているのかもしれません。

 

余談ですが、友人に貸してみたら「めちゃくちゃスピン入る!ナニコレ!?」と驚いていましたよ(笑)

 

 

ありがとうございます。

最後に、全体を通しての感想をお願いします。

クリーブランドのウェッジは「そこそこの価格でなかなかの性能」というイメージでしたが、今回の「RTX ZIPCORE」では価格・性能ともに1つ上のレベルに上げてきたのかなぁという風に感じました。

 

「一流ブランドは高くて買えない」という人や、「安いウェッジからもう少し性能の良いウェッジに変えたい」という人にはピッタリだと思います。

 

私は使ってみて、これといった不満は感じなく普通に活躍してます。

ぜひ機会があれば試打などしてみてほしいと思います

 

本日は貴重なご意見ご感想、ありがとうございました。

スペック表

引用元(公式HP):https://sports.dunlop.co.jp/golf/clevelandgolf/rtx_zipcore/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました