【ドライバー比較】キャロウェイ EIPC(エピック)ドライバーを簡単にやさしく解説【SPEED、MAX、MAX LSの違いとは?】

ゴルフクラブ・ギア
スポンサーリンク

キャロウェイEPICドライバーとは

2021年2月にEPICシリーズが発売されました。(上記画像はオフィシャルサイトより)

2021年EPICの主な売りを簡単に説明しますと以下の4つです。

・JAILBREAK AI スピードフレームテクノロジー

 キャロウェイのドライバーには2本の柱が通っていることは有名ですが、その構造をさらに進化させたのが「JAILBREAK AI スピードフレームテクノロジー」です。これによって、よりエネルギーロスが少なくなっているとのことです。

・FLASHフェースSS21

AIによるフェースデザインにより、どの部分で打っても高いボール初速をもたらします。

・トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール

従来モデルよりもカーボンクラウンエリア拡大して、つかまりの良いヘッド設計を実現。

・サイクロン・ヘッドシェイプ(SPEEDのみ搭載)

これはSPEEDのみ搭載の機能です。形状改善により空気抵抗を軽減し、ヘッドスピードをアップ。

以上のような機能を搭載したEPICドライバーですが、今回はSPEED、MAX、MAX LSの3種類あるキャロウェイEPICドライバーについてご紹介します。

SPEED、MAX、MAX LSは何がどのように違うのでしょうか?

さっそく、EPICドライバーについてご紹介していきたいと思います。

EPICドライバーはSPEED、MAX、MAX LSの3種類

EPICドライバーは3種類あります。

SPEED、MAX、MAX LSです。

それぞれの特性のざっくりとしたイメージは以下のようになります。

SPEEDは、つかまえて飛ばす直進性重視のアスリート向け

MAXは、MAXは、スライス気味のゴルファーをターゲットに開発された、つかまりのよさがポイントのモデル。

MAX LSは、MAXをベースに、スイングスピードが速く、スピン量を抑えたい上級者をターゲットに作られたモデル。(CALLAWAY SELECTED STORE限定商品)

カタログスペックを比較してみましょう。

「EPIC」ドライバーのカタログスペック

コンセプト比較

カタログに掲載してある、それぞれのドライバーのコンセプトともいえるキャッチフレーズは以下の様になっています。

SPEED

クラブ全体でスピードを極める最先端EPIC

EPICとしてテクノロジーをふんだんに盛り込んだ最先端ドライバーであることがうかがえます。

MAX

やさしく、つかまえて飛ばせるMAXドライバー

EPICの特性を生かしつつもやさしさを重視した設計のようです。

MAX LS

低スピンで、たたいて飛ばせるMAX LSドライバー

LSはロースピンですので、スピンを押さえたい人向けに特化したドライバーと言えそうです。

(CALLAWAY SELECTED STORE限定商品)

カタログスペックサマリー

カタログのスペックの主要項目は以下のようになっています。

ロフト角10.5度、硬さSR(Diamana 50 for Callaway)のものを記載しています。

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
ロフト角(°) 9.0,10.5 9.0,10.5 9.0,10.5
ライ角(°) 58 58 57
ヘッド体積(cc) 460 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.75 45.75 45.75
クラブ重さ(g) 318 288 301
シャフト重さ(g) 66 42  53
シャフトトルク 3.4  5.8  5.0
シャフト調子  先中調子  中元調子  中調子
バランス  D1  D0  D3

次から順番にカタログスペックなど詳しく見ていきます。

カタログスペックで共通する部分

さて、各ドライバーで共通する部分を抜き出してみます。

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
ロフト角(°) 9.0,10.5 9.0,10.5 9.0,10.5
ヘッド体積(cc) 460 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.75 45.75 45.75

ロフト角はそれぞれ9度、10.5度が用意されています。

ヘッド体積は460ccで共通です。ただSPEEDのみ「サイクロン・ヘッドシェイプ」という空気抵抗を軽減する形状となっています。

クラブの長さは、Diamana 50 for Callawayの場合は同じとなります。これもシャフトによって異なってきます。

カタログスペックで異なる部分

ライ角

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
ライ角(°) 58 58 57

ライ角は、SPEEDとMAXが58となっており、MAX LSが57です。

SPEEDとMAXはフック軌道寄り、MAX LSはスライス軌道寄りといえます。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
クラブ重さ(g) 318 288 301
シャフト重さ(g) 66 42  53

クラブの重さは、SPEEDが最も重く、MAXが最も軽い。

その差30gです。振ってみると別物に感じると思います。

SPEEDはEPICの王道たる上級者向け、逆にMAXはやさしさ重視ということがわかります。

シャフトトルク

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
シャフトトルク 3.4  5.8  5.0

シャフトトルクとはブレにくさと操作性の指標です。ブレにくさと操作性はトレードオフの関係になります。

SPEEDが最も操作性が高く、MAXが最もブレにくいということになります。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
シャフト調子  先中調子  中元調子  中調子

シャフト調子もそれぞれ異なっています。

3本ともやや中間的なセッティングですが、あえて言えばSPEEDは先中調子ということでの方がヘッドが走りやすい傾向にあります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトます。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。

元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。は切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。

中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

項目  「EPIC」SPEEDドライバー 「EPIC」MAXドライバー 「EPIC」MAX LSドライバー 
バランス  D1  D0  D3

クラブの重さ的にはSPEEDが一番重いですが。バランスはMAX LSがD3ということで最も重く感じるかもしれません。

MAXはD0ですので、重量も軽いことから最も軽く感じることは間違いないところです。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

SPEED、MAX、MAX LS、あなたはどれを使う?

以上、簡単ですが、「EPIC」ドライバーのSPEED、MAX、MAX LSの3つをご紹介しました。

同じシリーズでデザインも似ているので、どれも同じに見えてしまいますが、スペックを見てみると全然異なるドライバーということがわりますね。

アスリート向けのSPEED、やさしいMAX、ロースピン特化のMAX LSそれぞれ細かいセッティングが施されています。

開発者がさまざまなゴルファーのニーズを想定して用意したドライバーなのです。

一度、試打してみてはいかかでしょうか?

以上、「EPIC」ドライバーをご紹介しました。

ご自身にあったドライバーを見つける参考となれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【ドライバー編】EPIC(エピック2021年モデル)とMAVRIK(マーベリック)の違いを比較【キャロウェイ】

10秒で分かる!ドライバーヘッドの重りの位置調整とその効果【可変ウェイト式ドライバー】

【ユーザー必見】ダンロップ ゼクシオイレブンドライバーはゼクシオテンからどう進歩した?11と10比較【3つの新技術を投入】

コメント

タイトルとURLをコピーしました