本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

レッスンで教わったスコアアップ練習法(56)~ユーティリティの打ち方(右斜め45度)~【ゴルフ女子レッスン体験談】

レッスン体験談

私が毎週通っているゴルフレッスンの内容を紹介していきます。

毎週レッスンに通い、白ティーから100切りを達成しました。

その日に教えてもらったことなど、上達のヒントになるワンポイントなどを、みんなでシェアしたり後で復習したりするために記録していきます。

レッスン体験シリーズはこちら

レッスン日記(56)【ゴルフレッスン~ユーティリティの打ち方(右斜め45度)~】

第56回~ユーティリティの打ち方(右斜め45度)~です。

通っているゴルフレッスン
・会社の近くのゴルフ練習場
・週1回、1回1時間
・女性コーチ(LPGAティーチングプロA級)

2023年2月16日

いつもレッスンで持っていくクラブは、ドライバー、5番ウッド、7番アイアン、U(アプローチウェッジ)の4本になります。

☆打った球の数…105球 (レッスンで先生に教わっているときは別の打席に行くので球数は入っていません)

最近、トップトレーサーが導入されたので計測やゲームで遊んでいます。今日は、最初にポイントゲームを2回とフリー計測をしました。

レッスン内容

☆何を教えてもらった・・・ユーティリティ

☆なぜ教えてもらおうと思ったのか。

今回、一番調子が悪く左に引掛けていたので。

ユーティリティの打ち方

先生の前でユーティリティを打ってみても左に引掛けていました。

原因は

インパクトの瞬間、一直線に真っすぐ当たっている。

使っているユーティリティがもともと捕まりやすいクラブ。

なので左に行くとのことでした。

~解決策~

左に行かないようにするためには、ボールに当てに行かないこと。

ダウンスイングで右斜め45度を向いたまま、一気に背中に向かって振り抜く。

を教えてもらいました。最初は恥ずかしいくらいにボールに当たらなかったです。

でも、それで大丈夫と言われました。スイングは合っていると。

ボールに当たらないのは、クラブが上がってきたところに当たっているので、少し中にボールを入れること。

また、体が起き上がるので沈みこむようにスイングするようにと言われました。

全部がぴったりとハマるとすごい良く飛びます。いつもより10ヤードも飛距離が伸びました。

まとめ

今回のポイントまとめ

・ユーティリティが左に引掛ける原因は一直線に真っすぐ当たっている
・ダウンスイングで右斜め45度を向いたまま、一気に背中に向かって振り抜く
・体が起き上がるので沈みこむようにスイング

右斜め45度から一気に背中に向かって振り抜く。これを意識するだけでスイングもきれいになって飛距離も伸びます。

気になった方はぜひやってみてください。

スコアアップ練習法(57)~内ももを締める~

スコアアップ練習法(55)~フラフープでスイングプレーンを確認~

レッスン体験シリーズはこちら

コメント