本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

レッスンで教わったスコアアップ練習法(75)~地面反力が分かる練習器具~【ゴルフ女子レッスン体験談】

レッスン体験談

こんにちは、私が毎週通っているゴルフレッスンの内容を紹介していきます。

毎週レッスンに通い、白ティーから100切りを達成しました。

その日に教えてもらったことなど、上達のヒントになるワンポイントなどを、みんなでシェアしたり後で復習したりするために記録していきます。

わかりやすい説明をできるように頑張ります。

追々、写真とか動画などで説明出来たらいいなと思っています。

レッスン体験シリーズはこちら

レッスン日記(75)【ゴルフレッスン~地面反力が分かる練習器具~】

第75回~地面反力が分かる練習器具~です。

通っているゴルフレッスン
・会社の近くのゴルフ練習場
・週1回、1回1時間
・女性コーチ(LPGAティーチングプロA級)

2023年10月5日

今日のレッスンで持っていったクラブは、ドライバー、5番ウッド、6番アイアン、サンドウェッジの4本になります。

☆打った球の数…100球 (レッスンで先生に教わっているときは別の打席に行くので球数は入っていません)

最近、トップトレーサーが導入されたので計測やゲームで遊んでいます。今日は、ポイントゲームフリー計測をしました。

レッスン内容

☆何を教えてもらった・・・ドライバー

☆なぜ教えてもらおうと思ったのか。

ドライバーの飛距離を伸ばしたいので

前後の体重移動

今回は、ドライバーを教えてもらいました。

飛距離を出すためにはインパクト時に左股関節を斜め後ろに持って行くことが大事です。

右足を前に出すことはできるようになりましたが、左足がなかなかできませんでした。

そこで先生が前後の体重移動、地面反力が分かる練習器具を出してくれました。

LPSwingのPower Shiftです。

これは色んな使い方がありますが、今回はこのように引っくり返して使います。

両足で乗ります。

テークバックで右かかとを踏み込み、ダウンスウィングで左かかとを踏みます。

前、後ろ、前、後ろ。

この練習器具で、地面反力のタイミングが分かります。

最初は当たりませんでしたが、少しずつ当たるようになってきました。

まとめ

今回のポイントまとめ

・ドライバーの飛距離を出したいなら、左股関節を斜め後ろに持って行く
・地面反力を分かる練習器具はLPSwingのPower Shift
・地面反力のタイミングが大事

今回は強制的に前後の体重移動になる練習器具で練習してみました。

安定して乗るのが意外と難しかったです。グラグラして、ちょっと気持ち悪くなりました。

ただ、地面反力のタイミングが分かるのでいい練習器具だなと思いました。

プロも使う練習器具とのことなので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

次回の更新お楽しみに。

レッスンで教わったスコアアップ練習法(74)~バンカーの打ち方~【ゴルフ女子レッスン体験談】

レッスン体験シリーズはこちら

 

コメント