本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

レッスンで教わったスコアアップ練習法(13)~フォロースルー・体を回す~【ゴルフ女子レッスン体験談】

レッスン体験談

私が毎週通っているゴルフレッスンの内容を紹介していきます。

毎週レッスンに通い、白ティーから100切りを達成しました。

その日に教えてもらったことなど、上達のヒントになるワンポイントなどを、みんなでシェアしたり後で復習したりするために記録していきます。

レッスン体験シリーズはこちら

レッスン日記(13)【ゴルフレッスン~フォロースルー・体を回す~】

第13回~フォロースルー・体を回す~です。

通っているゴルフレッスン
・会社の近くのゴルフ練習場
・週1回、1回1時間
・女性コーチ(LPGAティーチングプロA級)

2021年7月8日

いつもレッスンで持っていくクラブは、ドライバー、5番ウッド、5ユーティリティー、6番アイアン、U(アプローチ)の5本になります。

長いクラブを練習してたら、短いクラブも楽に打てる気がするので長いクラブとアプローチの練習で1本短いクラブを持って行っています。

☆打った球の数…120 (レッスンで先生に教わっているときは別の打席に行くので球数は入っていません)

ドライバー…30球

5W…20球

5U…10球

6I・・・10球

U・・・50球

レッスン内容

☆何を教えてもらった・・・ドライバー

☆なぜ教えてもらおうと思ったのか。

ドライバーの飛距離を伸ばしたいので

フォロースルーで体を回す

今回のポイントはフォロースルーで体を回すことです。私は、インパクトで終わっているそうです。インパクトの瞬間は結構な衝撃なので当たり負けしてフェースが開いてスライスしてしまう原因になります。体で打つことで当たり負けしなくなります。

ボールに集中しちゃうとそこばかりを意識してしまいます。なのでダウンスイングで一気に胸を飛球線方向に向けるように意識するように言われました。体が止まってしまうので飛距離が伸びません。胸を飛球線方向に向けるといつもと見える景色が違ってきます。

まとめ

今回のポイントまとめ

・インパクトで終わっていてはダメ
・当たり負けしてフェースが開いてスライスする

・ダウンスイングで一気に胸を飛球線方向に向ける

今回はフォロースルーで体を回すことを教えてもらいました。最後まで体を回して振り切る意識を持つことで、当たり負けせずしっかりとエネルギーを伝えることができます。自分では止まってる感覚はありませんが、フィニッシュで見える景色が違うのでやっぱり止まっているのかなと思います。ボールに当てようとせず、胸を回すことを第一に考えてスイングしていこうと思います。

スコアアップ練習法(14)~ドライバー・ヘッドは後ろから~

スコアアップ練習法(12)~アドレス大事~

レッスン体験シリーズはこちら

コメント