【ゴルフ基本】ドローボールの打ち方【原理】

ドローボールの打ち方 ゴルフテクニック

初心者の多くは、球筋が「スライスボール」になると言われています

 

  • 「ドローボールが打ちたい」
  • 「ドローボールで飛距離を出したい」

そう思う方は多いのではないでしょうか

 

今回は、「ドローボールの打ち方」と題して、その打ち方及びその原理について簡潔にまとめてみました

 

尚、「スライスを直す」ということがドローボールを打つことにも繋がるので、以下も参考にすると理解が早いです

 

スポンサーリンク

ドローボールとは

「真っ直ぐ打ち出て、途中から左に曲がるボール」

のことです

 

ですので、前提条件として、狙ったところに落とすためには曲がり分だけ右方向に打ち出す必要があります

 

ドローボールのメリットとデメリット

メリット

  • インパクトの衝撃がダイレクトに伝わりやすい(押し球)
  • 向かい風に強い
  • ランが出やすい
  • 総合すると飛距離がアップする
  • カッコいい(一般的に)

デメリット

  • 飛距離が出るため、方向を間違うと大きなミスになりやすい
  • ランが出るため、狙った所に落としづらいのと、ドッグレッグに弱い
  • 回転の加減が難しく、かかりすぎると左に引っ掛け(チーピン)が出てしまう

 

まとめると、

「飛距離が出るけどコントロールが難しい」

ということになります

 

ドローボールの原理

ここで、どのようにしてドローボールが生まれるのか、その原理について見ていきましょう

 

まずそもそも「回転の原理」ですが、

インパクト時の、

ヘッドの軌道の方向」×「フェース面の向き

の組み合わせで回転の方向が決定します

 

一般的には、

  • ヘッドの軌道の方向=回転の方向
  • フェース面の向き=打ち出し方向

に大きく影響を与えます

 

そしてドロー回転は、

ヘッドの軌道の方向に対して、フェース面の向きが「左」を向いている場合にかかります

 

ドローボールの打ち方

先般の原理から、ドローボールの打ち方には2つの方法があると考えることができます

「インサイドアウト軌道」+「フェース面が目標に対してスクエアの状態」でインパクト

フェース面は真っ直ぐのまま、軌道を変えて回転をかける方法です

 

ドローボールの打ち方

具体的には、次のような手法で実現できます

  • ボールを少し右側に置く
  • 左手のグリップをストロングに握る
  • クローズスタンスをとることで、インサイドからクラブを入れるスペースを作る
  • 横振り(野球の水平スイングのようなイメージ)
  • 体が突っ込み過ぎない(気持ち、後ろ足体重)

※一般的にはこちらの方法がドローボールの打ち方とされています

アドレスの段階で打ち出し方向(右)を向いておき、「スクエア軌道」+「フェース面がヘッド軌道に対して閉じた状態」でインパクト

軌道は真っ直ぐのまま、フェース面を変えて回転をかける方法です

ドローボールの打ち方

具体的には、次のような手法で実現できます

  • アドレス時、曲げる分だけ右方向を向く
  • アドレスの段階でフェースを被せて握る、または左手のグリップをストロングに握る
  • フェースを返すタイミングを早める

※こちらの方法は一般的ではありませんが、ほぼアドレスだけで決まるので比較的簡単です

特にウッドやアイアンで球を曲げたい場合などに有効です

 

ただし、球が低く出やすいのでロフト角と要相談です

 

注意点

ここで注意点ですが、

「アウトサイドイン軌道(カット軌道)でドローボールを打つのは、ほぼ無理」

だと思ってください

(ものすごい右を向いて、ヘッドを低く入れて、フェースを被せれば打てる、かも)

 

さいごに

今回はドローボールについて、とりわけその原理についてまとめてみました

 

人によっては、テニスのトップスピンや卓球のドライブ回転を打つ時のイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません

ただ難しいのは、ゴルフは正面ではなく横を向いて飛ばす都合上、インサイドアウトの軌道を取ると体が窮屈になってしまうということです

 

しかし、ドローボールの原理が分かれば、打てなかった時の原因追求ができますし、その原因が分かれば対策ができるので、いつかはモノにできるようになります

 

ドローボールは憧れの球ですし、周りからも一目置かれます

是非、ドローボールを持ち球にして、周りの人をアッと驚かせてみませんか

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました