アマチュアのゴルフスイングに掌屈は必要か

ゴルフの掌屈 ゴルフテクニック
スポンサーリンク

ゴルフスイングの「掌屈」とは

左手首が手の平側に折れることを「掌屈(しょうくつ)」と呼びます(※右打ちの場合)

逆に、手の甲側に折れることを「背屈(はいくつ)」と呼び、左手首の掌屈の際は右手首は背屈していることになります

ゴルフの掌屈

 

「掌屈」というとダスティン・ジョンソンや渋野日向子などのイメージを浮かべる方も多いと思います

いわゆる流行りの形ですね

最近よく耳にする「G.G.スイング」にも掌屈は必須です

 

彼らに憧れて掌屈スイングを真似してみたけど「全く打てない」といった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

実を言うと私もその一人で、「掌屈」を入れた途端に全く打てませんでした

しかしめげずに練習と勉強を繰り返した結果、さほど違和感なく打てるようにまでになりました

 

今回はその経験を元に、アマチュア目線で考える、

  • 掌屈を入れたスイングと入れないスイングの比較
  • メリット・デメリットについて分かったこと
  • 掌屈の入れ方

についてまとめましたので、良かったらご覧下さい

 

掌屈を入れた場合

メリット

  • ロフトが立つ
  • ボールがつかまる
  • 球が押せるので飛距離が出る
  • 手首や腕のローテーションの意識が不要
  • ハンドファーストのインパクトが取りやすい

デメリット

  • 上半身が先行して回す必要がある(ボディーターン)ので、方向が出しづらい
  • 体がボール側に突っ込むとシャンクの危険性がある
  • ミスヒットではトップが出やすい

 

掌屈を入れない場合

メリット

  • 体の正面でボールを捉えるので方向のイメージが出しやすい
  • 手首固定の意識をしなくてよい為、自然に振りやすい

デメリット

  • ボールがつかまりづらい
  • フェースローテーションを入れるとその度合いに応じて左右に曲がる可能性がある
  • アーリーリリースになりやすく飛距離が出にくい
  • ミスヒットではダフりが出やすい

 

こうして列挙すると、掌屈を入れた方がメリットが多いことが分かります

しかし、今まで掌屈を入れていない人にとって一番の難しさは「不慣れ」という点にあるかもしれません。。

 

掌屈は必要か

限られた練習時間のアマチュアにとって、掌屈を体得するのはかなりの労力を使う方が多いと思われます

また仮に掌屈を体得出来たとしてもスコアが良くなるとは限らず、見方によってはその間の練習は無駄になるかもしれません

 

中途半端にやっても意味がないので、

「長期的に見て一時的なスコアダウンが我慢できる」

「たとえ掌屈が自分に合わない結果に終わったとしても受け入れられる」

そんな覚悟が必要かもしれません

 

ただし、「ゴルフスイングの多様性」を求める人にとってはトライする価値があると思います

 

掌屈の入れ方

切り返しでクラブが寝る(背中方向に倒れる)ことで、それを受け止めるように自然に掌屈が入るのが理想と言われています

ゴルフ掌屈切り返し

切り返しでクラブが寝る(後方に倒れる)

そのためには、バックスイングで一度クラブが立つことが肝となります(バックスイングで立つからこそ、切り返しで自然と寝る)

 

この切り返しのタイミングで注意すべきなのが右手に力が入りすぎることです

右手に力が入りすぎると掌屈になりずらく、アーリーリリースやカット軌道のダウンスイングを誘発します

 

切り返しで出来た掌屈をインパクトまでキープし続けることで、ハンドファーストで押し球が打てます

ゴルフ掌屈インパクト

※今回挙げた方法は一例で、バックスイング中やインパクト直前に掌屈を入れるケースもあります

 

↓スイング動画

掌屈スイング動画

 

掌屈は慣れるまで難しい

一般アマチュアゴルファーのほとんどは掌屈を入れないスイングです

 

小手先で器用に調整できる(したい)人は掌屈を入れない方が手っ取り早く、安定もするかもしれません

 

しかし、掌屈を入れたスイングができるようになると今までのスイングの欠点も見えてきます(特に、アーリーリリースやハンドファースト)

 

慣れたスイングを変えるのは簡単ではありませんが、その経験は無駄にはならないはずです

 

これを機に、是非一度トライされてみてはいかがでしょうか

 

ゴルフスイングの肝は、クラブを最大限に活かすためにどう動くかということである~おすすめ練習器具を添えて~
主役はクラブ、人は脇役 とりわけ、ゴルフスイングにおいてありがちなのが、「どう自分が動くか」と考えてしまうことです ゴルフ上級者であるほど、「クラブを最大限に活かすために、自分はどう動けばよいか」という思考が出来ているように思います...
【ゴルフ初心者】狙った所から大きく外さないためのスイング理論【曲がってもOK】
今回は、非常に簡単なスイング理論を提唱します それは、 「インパクトのフェース面、超重要理論」(勝手に命名) です 簡潔にどういう理論かというと 「ボールが曲がってもOK」 「曲がってもおよそ狙った所に落とせる」...
【ゴルフ基本】ドライバーのスライス直し方【原因と対策】
今回は、ドライバーでスライスに悩む方向けに、その原因と対策について詳しく解説していきます スライス診断 はじめにスライスを誘発する可能性がある項目を挙げてみます ウィークグリップで握っている アドレス時、上半身がボー...
【ゴルフ】なぜ真っ直ぐ飛ばすことが難しいのか。プロが球を曲げる訳
プロが球を意図的に曲げる理由 よくプロや上級者が、次のように言っているのを聞いたことはありませんか? 「真っ直ぐ飛ばすのは難しい、だから左か右どちらかに必ず曲げて飛ばした方が良い」 始め聞いたときは「ふーん、そうなんだ」程度にしか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました