【事実】フックラインの方がスライスラインよりもカップインしやすい

フックラインの方が入りやすい ゴルフテクニック
スポンサーリンク

パッティングはフックラインの方が入りやすい

皆さんはパッティングのフックラインスライスライン、どちらが得意ですか?(右打ちの場合、フックラインは左に曲がる、スライスラインは右に曲がる)

 

統計データから、「フックラインの方が得意とする人の方が多い」ということが明らかになっています

 

ドローヒッターはフックライン、フェードヒッターはスライスラインの方がイメージしやすいということも聞きますが、実は「フックラインの方が入りやすい」ということは物理学の観点から説明ができるのです

 

フックラインの方が入りやすい理由

フックラインの方が入りやすい

上図を見ていただきたいのですが、一般的にフェースが開いてヒットした場合は、ボールが弱く狙いよりも右に出ます。これは、ジャストタッチ側のラインで入る可能性があります

逆に、フェースが閉じてヒットした場合は、ボールが強く狙いよりも左にでます。これは、オーバー気味の直線側のラインで入る可能性があります

 

つまり、フックラインの場合は、ミスヒットしても入る可能性があるということです

 

スライスラインはこの逆になるので、ミスヒットするとノーチャンスとなります

 

もちろん、始めから読みが外れていた場合はこのようにはいかないので、パターが上手な人ほどこの現象は実感しやすいかと思います

 

「グリーンは右手前から攻める」

という言葉、皆さんは聞いたことありますか?

右手前からピンを攻めるということは、一般的に多い受けグリーンに対して「登りのフックラインが残る」ということになります

そうです、先程の原理から、アプローチやパッティングでカップインする確率が高くなるわけですね

 

またこれ以外にも、右手前から攻めるということは、ボールがつかまった場合に狙いよりも左奥に飛びやすいことに対するリスク回避も兼ねています

 

まとめ

今回の内容は、

  • パッティングはフックラインの方が入りやすい
  • グリーンは右手前から攻める

ということでした

 

グリーンへの落とし所も、グリーンの傾斜に合わせて登りのフックラインが残るように狙うことで、スコアアップが期待できるかと思います

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました