【ゴルフクイズ】A・Bどちらを狙うのが正解?意外と知らない狙い方の重要ポイント【パー3スコアアップ】

ゴルフテクニック
スポンサーリンク

Q.狙い所はどっち?

いきなりですが、下の図を見て皆さんは(A)(B)の二択だとしたらどちらを狙いますか?

次の条件を踏まえて考えてみてください

  • 持ち球はストレートボール
  • とりあえずグリーンに乗せたい
  • グリーンの傾斜や風は深く考えなくてよい
  • (女性の場合は残り距離から30ヤードマイナスとする)
  • (左打ちの場合は左右対象となります)

 

正直な所ゴルフには「これが絶対的に正解!」というのはありませんが、ゴルフは「ミスをするスポーツ」です

つまり、ミスしてもリスクの少ない場所を狙っていくのが定石となります

 

そうなると、、、距離が近くてバンカー越えではない(A)でしょうか…?

 

…いいえ、推奨したいのは(B)です

 

落とし所への狙い方における重要ポイント

なぜバンカー越えで距離の遠い(B)なのでしょうか

それは、狙った所からミスショットでズレた場合の「ボールの散らばり方」にポイントがあります

 

下図はよくありがちな間違った考え方です

これは「狙い所から同心円状にボールが散らばる」という考え方です

 

正しい考え方は「斜めの楕円状にボールが散らばる」です

 

これはなぜかというと、右へのミスはフェースが開いて当たるということが多く、つまり高弾道高スピンでランが少なく、想定よりも飛ばない打球になります

逆に、左へのミスはフェースが閉じて当たるということが多く、つまり低弾道低スピンでランが多く、想定よりも飛ぶ打球になります

これらを考慮すると「斜めの楕円状にボールが散らばる」ということになります

 

改めてクイズの回答を考える

話を最初のクイズに戻しますが、これまでのことを踏まえてマネジメントをした場合、(A)を狙うと左奥のバンカーに入ってしまう可能性があります

(B)であれば楕円が全てグリーン内に収まっているので、こちらを選択すべきです

最後に

今回のクイズは解答はあくまでも一例であり、始めに述べたように絶対的な正解ではありません

その人のレベルや持ち球や得意クラブなどによって答えは変わってきます

ですが、基本的な考え方として、狙い所に対してこの楕円状のリスクマネジメントを適用していくのは大切です

今回の記事で皆様のコースマネジメントの一助となれたなら幸いです

 

【ゴルフ基本】パー3が苦手な方へ【ティーショットを失敗しないコツ】
パー3のティーショットをいつもミスをしてしまう。 練習場ではうまく打てる距離なのに、ラウンドとなると失敗してしまう。 なぜかチョロってしまう。 パー3のティーショットを苦手としているゴルファーは意外と多いです。 一方で、スコアが自分...
【ゴルフ初心者】狙った所から大きく外さないためのスイング理論【曲がってもOK】
今回は、非常に簡単なスイング理論を提唱します それは、 「インパクトのフェース面、超重要理論」(勝手に命名) です 簡潔にどういう理論かというと 「ボールが曲がってもOK」 「曲がってもおよそ狙った所に落とせる」...
【事実】フックラインの方がスライスラインよりもカップインしやすい
パッティングはフックラインの方が入りやすい 皆さんはパッティングのフックラインとスライスライン、どちらが得意ですか?(右打ちの場合、フックラインは左に曲がる、スライスラインは右に曲がる) 統計データから、「フックラインの方が得意とす...
【ゴルフ】なぜ真っ直ぐ飛ばすことが難しいのか。プロが球を曲げる訳
プロが球を意図的に曲げる理由 よくプロや上級者が、次のように言っているのを聞いたことはありませんか? 「真っ直ぐ飛ばすのは難しい、だから左か右どちらかに必ず曲げて飛ばした方が良い」 始め聞いたときは「ふーん、そうなんだ」程度にしか...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました