【ゴルフ基本】初心者向け自走式カートの運転方法【カート回し】

ゴルフテクニック

ゴルフ場へいざ、ラウンドデビュー。いくつかラウンドをこなすと、ゴルフ場には2種類のカートがあることに気づきます。

自走式カートとリモコン式カートです。

自走式カートとは、プレイヤーまたはキャディさんが自分で運転するカートです。小さいころ遊園地で憧れたゴーカートです。思う存分運転できますよ。

リモコン式カートは、プレイヤーの一人がリモコンをもって発進と停止を遠隔操作、もしくはカートにあるボタンで発進と停止を操作します。

よく初心者の方から「自走式カートの場合、どういうタイミングで運転したりするのかわからないのですが?」という質問を受けます。

カート回しのやり方がわからないということです。

そこで今回は、これで解決、初心者向け自走式カートの運転方法について紹介します。

スポンサーリンク

カート運転の基本マナー

カートの運転方法に入る前に、カート運転に係る一般的なマナーを説明します。

自走式カートであってもリモコン式カートあっても、会社などで車で出張する時と同じように、カートを運転するのはその組で一番若い人が行うのが一般的です。

キャディーが付いているときは、キャディーがカートを運転してくれますが、セルフプレーの時は、誰かがカートを運転しなければなりません。

必ず若い人が運転しなければならないわけではありませんが、年上の人に運転してもらって、自分はいつも運転してもらう側というのもなんとなく違和感がありますよね。

意見が分かれそうなところでありますが、若い人が運転した方がゴルフとしての形がまとまるような気がします。

運転するのはホール間の移動がメインなると思います。

ティーショットを打ったあとは、誰が運転するかはケースバイケースです。

初心者にとって、このケースバイケースの状況に対応するのがどうしても難しいので、「どう運転したらいいの?」という質問につながるのですね。

運転頻度の傾向としては、セカンドショット以降は、ゴルフが上手い人が運転する機会が増えてきますので、それほど運転する機会は回ってきませんが、いざという時に迷ってしまいます。

あまりにも自分が手いっぱいの時は、「すみませーん。カートの運転お願いしてもいいですか?」と声かけして、運転を他の人に頼むのもありですので、マナーとして覚えておきましょう。

早めにカート運転を身に着けておいた方がよい理由

カートの運転は早めに身に着けておいた方がよいと思います。

初心者でまだそれほどスコアが伸びないうちに、カートの運転もやらなくちゃなんて、忙しすぎて無理やという意見もあるかもしれませんが、

年齢が上がりゴルフも上達したけれど、普段やってなかったせいで、カート回しがビシッと決まらないと、それこそ恥ずかしいです。

ある程度なんでも許される初心者のうちに慣れてしまいましょう。

スコアを上げるよりも簡単です。

カート回しが下手だと、友人同士ならまだしも、接待ゴルフや知らない人とラウンドする時に困ってしまいます。

一緒にラウンドする人に「初心者じゃあるまいし、そこにカート置くかなあ?」なんて思われてるかもしれません。

ゴルフは性格が出るスポーツと言われます。

カート回しがうまい人は、人の動きやボールの配置、コースの状況など周りをよく見ています。日常でもそういう動きをしているはずですので評価も上がるでしょう。

逆にカート回しが下手な人は、残念ながらゴルフ以外でも日常的に周りが見えていないんだなという評価になってしまうかもしれません。

必ずしも実際がそうとも限りませんが、

たかがカートの運転、されどカートの運転なのです。

初心者向けカート回しのテクニック

さて、いよいよ本題に入ります。

初めに申し上げますが、「カートの運転に絶対的な法則はない。」です。

答えは一つではありません。

ホールや、その時のボールの配置などによりケースが無数にあり、すべてに対応するような完全な法則は存在しないです。

ですから安心してください。

概ねこうしておけばいいという許容範囲があり、その範囲内におさめればいいのです。

その方法を説明します。それはとてもシンプルです。

自分以外のプレイヤーがクラブを持って自分のボールのところに向かっていき、自分が運転しなければならない状況となったとします。

一番最後にカートに取り残されたら、次に一番早く打つ人のボールの位置の横まで移動させます。

たったこれだけです。

見ていますと、初心者の場合、ここでなぜかクラブをもってカートから離れて自分のボールの方向へ移動しまう人が多いのです。

もうカートを移動できるのは自分しかいないにもかかわらず、カートを見捨てていきます。

うまい人は当然状況を見ていますので、離れる時にカート頼むなっていう無言のメッセージが出ているはずです。それに応えましょう。

そうこうして数をこなしているうちにカートの運転も上達してきます。

ショットもカートの運転も場数を踏むことが大切です。

以上、初心者向け自走式カートの運転テクニックをご紹介しました。

プレーのご参考になれば幸いです。

【ゴルフ基本】もし自走式カートが転覆してしまったらどうなるの?【カート事故】

【ゴルフコラム】ゼクシオはなぜ売れているのか?【人気の秘密はこれか!】

【ゴルフ基本】初心者がゴルフを辞めたいと思ってしまう理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました