【ゴルフ初心者】アプローチやパターの距離感で悩む方必見!『3回素振り』で即効解決!

3回素振り 100切り
1回目と2回目の間にカップはある!

アプローチやパターにおいて、『距離感』というのは最重要です

 

しかし、その『距離感』をイメージできないままスイングをしてしまい、結果として大ショート・大オーバーしてしまった苦い経験は誰しもお持ちかと思います

 

特にゴルフ初心者にとって『距離感』というのはなかなか掴みづらいかと思います

今回は、ショット前の素振りで『距離感』を掴む方法をご紹介します

 

スポンサーリンク

何のために「素振り」する?

始めに、ショットの前に素振りをする意図というのを改めて確認していきましょう

素振りの意図は大きく2つあります

 

  • 1つは、『スイングチェック』です

残りの距離、傾斜、ボールのライ、天候などを踏まえて、どのような弾道でターゲットを狙うか、その為にはどのようなスイングでショットするかという確認です

 

  • もう1つは、『距離感を掴む』ことです

スイングが決まれば、あとはどの程度の力でショットするかという確認です

 

これら2つを持ちながら素振りをすることで、ショット前のイメージトレーニングになります

 

もし、「素振りをしたらイメージと違った」となれば、クラブを変えたりアドレスを変えたりといったことを事前にできるので、素振りの精度が高ければ、2回・3回ショットすることと同じ効果が得られることになります

 

今回は2つ目の、『距離感を掴む』ことに特化してそのやり方をご紹介します

 

ずばりそれは、『3回素振り』です

 

『3回素振り』とは

例えば、「パターで残り、登りの10メートル」という状況を思い浮かべてください

10メートルとなると、距離感を合わせて2パットで納めたいと考えたとします

 

ここで『3回素振り』の登場です

 

いきなり10メートルの距離感で素振りをするのではなく、

  • 1回目は「絶対にショートする」距離感で素振りをします
  • 2回目は「絶対にオーバーする」距離感で素振りをします
  • 3回目は「1回目と2回目の間で、10メートルを狙う」距離感で素振りをします

 

そして、3回目の距離感を覚えたまま実際にパッティングをします

この『3回素振り』を実践することによって確実に、大きく距離を外す確率が減ります

 

『3回素振り』の原理

1回目と2回目の素振りによって、最低の力加減と最大の力加減の幅が明確になるので、3回目の素振りではおよその距離感を出しやすくなります

3回素振り

1回目と2回目の間にカップはある!

 

これはもちろんパッティングに限らず、アプローチやショットで距離感を合わせたい時などいつでも有効です

 

特に初心者の方でパッティングなどの距離感に苦しむ方が多いですが、そのようなお悩みを抱えている方は、是非この『3回素振り』を実践してみてください

 

大事な注意事項

ここまでおすすめしてきた『3回素振り』ですが、1つ大事な注意事項があります

 

それは『プレーファストとの両立』です

 

よく言われているのが、「素振りは1回まで、多くても2回まで」というマナーです

つまり、一般のゴルファーにとって『3回素振り』を見ている側の立場からすると、「素振りが多いなぁ…。遅いなぁ…。」と思われることが多いということです

 

ではどうすればよいか?そこには『工夫』が必要となります

 

周りのプレイヤーに不快な思いを与えないためにも、自分の番が来てから始めるのではなく、事前に『準備』を済ませておくことです

 

例えば、前のプレイヤーの打球の行方を他のメンバーが追っている間に3回素振りを始めるとか、1回目2回目は脳内で素振りをして3回目だけ素振りをするとか、考えれば『工夫』の仕方はいくらでもあります

ただし、他のプレイヤーの順番の時に、視界に入った状態で素振りをしたり音を出したりといった、集中力を乱す行為はしないように気を付けましょう

 

『工夫』次第で、好かれるゴルファーにも嫌われるゴルファーにもなるということを肝に銘じておいてくださいね

 

【ゴルフ基本】好かれるゴルファーと嫌われるゴルファー
「ゴルフはその人の本性が出る」 とは、よく言われる言葉です ゴルフを続けていると、 「この人とは一緒に回りたくないなぁ」 と思うことが、残念ですが出てくることもあるでしょう 同伴者に「また一緒に回りたい」と思ってもらえるた...
【パター練習器具】パターがまっすぐ打てるようになるアイテム【これで解決】
パターが入る以前にまっすぐ打てない。 このような悩みを解決します。 パターもドライバーも同じ1打。わかっちゃいるけど難しい。 傾斜を読んだり芝目を読んだりと何かと考えることが多い。パターって難しいですよ。 しかし、その前にパターがま...
【初心者向け】パターでスコアアップ
スコアカードを記入する際、各ホールのショット数とパット数を記入します。 ラウンド後、スコアカードを見ながらその日のラウンドを振り返り、こう考えます。 「どうしたらもっとスコアが良くなるだろうか…?」 パット数を減らそう 1ホール...
【事実】フックラインの方がスライスラインよりもカップインしやすい
パッティングはフックラインの方が入りやすい 皆さんはパッティングのフックラインとスライスライン、どちらが得意ですか?(右打ちの場合、フックラインは左に曲がる、スライスラインは右に曲がる) 統計データから、「フックラインの方が得意とす...
【ゴルフテクニック】アマチュアでもプロのような捕まったアプローチを簡単に打つ方法【動画】
バンスを使うことでプロのような「捕まったアプローチ」が打てます。逆目やバンカー、ライン出しにも使える万能ショットです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました