【ゴルフ基本】正しいグリップで飛距離アップ

正しいグリップ ゴルフテクニック

ゴルフスイングにおける重要な要素に「グリップ(クラブの握り方)」があります

 

初めたての頃はクラブに慣れるため、自分にとって握りやすいグリップの仕方で良いと思いますが、ある程度クラブに慣れてきたなら、グリップについて見つめ直すことをオススメします

 

グリップを変えると、やっと慣れてきたスイングが一時的に振りづらくなりますが、正しいグリップを身に付けることで「飛距離アップ」「再現性アップ」「怪我の防止」などが望めます

 

一時のスコアダウンよりも、生涯のスコアアップを目指しましょう

 

スポンサーリンク

クラブを握る場所

まず、「手のひらのどこでクラブを握るか」を見ていきましょう

  • フィンガー:指の関節部で握る
  • セミフィンガー:指の付け根で握る
  • パーム:手のひらで握る

 

大きく分けて3種類ありますが、おすすめは断然「フィンガー」です

 

試しに右手の人差し指を出して、3パターンで握ってみてください

人差し指に一番力が伝わるのは「フィンガー」ではないでしょうか?

 

力を入れた時にロス無くクラブに伝わるかどうかというのは、飛距離において非常に重要です

 

今まで「パーム」で握っていて飛距離に悩んでいる方は、騙されたと思って是非一度「フィンガー」で打ってみてください

 

左手グリップの種類

左手のグリップには大きく3種類あります

  • スクエアグリップ
  • ストロンググリップ
  • ウィークグリップ

全てに共通するのは「小指、薬指、中指」の下3本の指だけで握ることです

 

スクエアグリップの特徴

いわゆる標準となるグリップです

握りやすく、振りやすい、そして真っ直ぐ飛ばしやすいのが特徴です

 

ただし、インパクトまでにヘッドを返す動作がないと、フェースが開いたままボールにあたり、スライスが出ます

なので、リストターンやフェースターンなどといったフェースを閉じる動作が必要となります

 

ストロンググリップの特徴

「フックグリップ」ともいいます

フェースが自動で返りやすく、いわゆるドローボールが出やすいです

また、意図的にフェースが返らないように振りやすく、この場合はフェードボールが打てます

 

スライスばかり出てしまう人はこのストロンググリップを試してみてください

元々持ち球がドローの人がストロンググリップにすると「ひっかけ」や「チーピン」が出やすくなるので、注意してください

 

ウィークグリップの特徴

フェースが自動で返りづらく、いわゆるフェードボールが出やすいです

また、意図的にフェースが返るように振りやすく、この場合ドローボールが打てます

 

元々持ち球がフェードの人がウィークグリップにすると「スライス」や「プッシュアウト」が出やすくなるので、注意してください

また、初めたばかりの頃はスライスが出やすいため、このグリップはおすすめしません

 

右手のグリップ

左手が握り終わった後、その上から右手のグリップをします

 

右手のグリップには大きく3種類あります

  • オーバーラッピンググリップ
  • インターロッキンググリップ
  • テンフィンガーグリップ

 

左手のグリップはショットに応じて変えることがありますが、右手のグリップは基本的には変えません

なので、右手のグリップはどちらかというと「打ちやすさ」や「好み」を重視しても良いかと思います

 

オーバーラッピンググリップの特徴

右手の小指を、左手の人差し指と中指の間に乗せるグリップです

一番ポピュラーなグリップです

 

右手の小指が浮くので、利き手の使いすぎを抑制し、左手主導のスイングができます

フックボールが出てしまう人などにオススメです

 

ただし、女性や非力な方は力が入らなくなるため、違うグリップが良いかもしれません

また、小指が短くて乗せられない人も、別のグリップが良いでしょう

 

インターロッキンググリップの特徴

右手の小指を、左手の人差し指に絡めるグリップです

 

名前の通り、右手と左手がロックされるような感覚を持ち、両手の一体感が生まれます

 

アームローテーションをやりやすいため、スライスが出やすい人にオススメです

また、右手小指に力も入るので、女性や非力な方にもオススメします

 

テンフィンガーグリップの特徴

両手の全ての指で握るグリップです

 

中でも、左手親指も手の中から出して握るグリップを「ベースボールグリップ」と呼びます

 

全ての指とは言っていますが、実際にしっかりと握るのは両手「小指、薬指、中指」の6本だけです

 

おそらく初めてクラブを握った時の形なので、初心者の方は違和感なく握れると思います

 

また、全ての指が使えるので女性や非力な方にもオススメです

 

ただし、利き手の右手の制約がないため、フェースが返りすぎて引っ掛けなどが出やすくなります

また、3種類の中で右手と左手の距離が一番離れるため、スイング中の右腕と左腕の長さのバランスも取りづらいといったデメリットがあります

 

プロが行うグリップの「にぎにぎ」

グリップは軽視されることが多いのですが、上級者ほどグリップを重要視します

 

プロのスイングを見てると、アドレスの時に何度もグリップの感触を確かめるように「にぎにぎ」してるのをよく見掛けます

これはアマチュアにはあまり見られない動作です

機会があればチェックしてみてください

 

まとめ

今回は、「クラブを握る場所3種類」「左手グリップ3種類」「右手グリップ3種類」をご紹介しました

全てのパターンを試す必要はないですが、その時々に応じてグリップを変えて球を曲げて打つなんていうテクニックや考え方も、上達する上では大切です

 

今のうちから色々なグリップにトライすることで、攻め方の選択肢をたくさん増やしていきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました