【初心者向け】自宅でお手軽練習メニュー

ゴルフテクニック

ゴルフの練習がしたい!

でも練習場に行く時間がない!

そんな時に自宅で簡単に出来るオススメの練習を3つ紹介します。

ゴルフを始めたばかりの初心者の方であれば、練習場での打席練習より効果的なものばかりです。

 

スポンサーリンク

練習メニューその1

【90cmパター】

パターマットがあればそこで。無ければフローリングなどでもOK。

距離感よりも方向性を養う練習です。

きちんとカップの幅に収まる範囲で打てばカップインする距離、それが90cmです。

自分の狙ったラインにきちんと乗せられるようになれば、本番のラウンドでの勿体ない3パットとはおさらばです。

短い距離は確実にホールイン出来るようにしましょう。

パターマット工房 45cm×3m SUPER-BENTパターマット(距離感マスターカップ付き)【日本製】【パット練習用具の専門工房・パターマット工房PROゴルフショップ】【トレーニング用具・パッティング練習・練習用ネット・マット・パター練習・ゴルフ練習】

価格:4,298円
(2019/9/4 02:06時点)
感想(2564件)

 

練習メニューその2

【1ヤードショット】

何も敷かないと家が傷付くので、ショットマットの使用を推奨です。

ボールを2個使って、1ヤード先のボールに向かって打ちましょう。

90cmパターと同じく、これも距離感より方向性を養う練習となります。

本番ラウンドでは1ヤードの距離をウェッジで打つ事はないと思いますが、

1ヤード先の目標に飛ばせないようでは、10ヤード先の目標に向かって正確に打つ事は出来ません。

グリーン周りのアプローチを想定し、自分の狙ったラインに打ち出す感覚を掴みましょう。

距離が短いぶん、手打ちにならないように気を付けてください。

広いお庭がある方はそちらで、1ヤードと言わず10ヤードの練習をどうぞ。

タバタ Tabata ショットマット285 GV-0285

価格:2,743円
(2019/9/4 03:22時点)
感想(0件)

 

練習メニューその3

【ハーフスイング素振り】

シンプルに、アイアン・ウェッジでの素振りです。

広くて天井の高いお宅であれば、ドライバーでのフルスイング素振りもどうぞ。

いずれもショットマットの使用を推奨です。

振り幅は3時-9時くらいのハーフスイングで、こちらは前傾をキープする練習です。

体が突っ込むとショットマットを叩きますし、

浮き上がるとショットマットには触れずにクラブが空を切ります。

クラブのバンスがマットに触れる程度でクラブを振れるように。

本番ラウンドでは地面の傾斜があるため、アドレスでの前傾をキープする事は難しいですが、

前傾キープの意識があれば、致命的なダフりやトップは少なくなります。

たまにウレタンボールを打って、【練習メニューその2】の成果を確かめてみると良いでしょう。

この時、ウレタンボールはカーテンや壁に向かって打ちましょう。

障子に向かって打つと穴が開いて家族に怒られます。

ウレタンボール ゴルフ 30個 ゴルフ練習用ウレタンボール ゴルフボール ボール ゴルフ練習用具 練習用ゴルフボール 練習 アプローチ 室内 素振り ER-UTBL_3M [送料無料]

価格:1,050円
(2019/9/4 02:11時点)
感想(24件)

というわけで、オススメ練習メニューの紹介でした。

小さな事からコツコツと。地道な練習と筋肉は嘘をつきませんよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました