【ヘッドを走らせない】アプローチに必須なテクニック【飛ばし屋向け】

ゴルフテクニック

「あの人、飛距離はすごいんだけどグリーン周りのアプローチが安定しないよなぁ…」

 

そういった“飛距離特化型”ゴルファーというのは意外と多いです

逆に、「アプローチが上手いけど飛距離が出ない」という方も多いです

 

実はこれには明確な因果関係があります。それは、

「飛ばすための打ち方と、飛ばさないための打ち方は違う」

という事実があるからです

 

  • 飛ばす打ち方が得意な人は、飛ばさないように打つことが苦手で、
  • 飛ばさない打ち方が得意な人は、飛ばすように打つことが苦手

という傾向が見受けられます

 

これはつまり、「ショットとアプローチでは打ち方を変えなければいけない」ということを意味します(1つの共通の打ち方で全てまかなえる方もいますが…)

 

今回は、「飛距離に自信があるけどアプローチが苦手」な”飛距離特化型”ゴルファー目線で、詳細を紐解いていきたいと思います

 

スポンサーリンク

『飛ばさない打ち方』とは

「飛ばさない」ということはつまり、スイングスピードに対してボールスピードが遅い、いわゆる非効率な打ち方のことを意味します

プロのアプローチのスローモーション映像などで、「ヘッドが通過した後に遅れてボールが飛ぶ」そんな映像を見たことはないでしょうか?あのイメージに近いです

 

少し話が逸れますが、「飛ばし屋」の特徴として一番に挙げられるのが「ヘッドが走る」ことだと私は思います

「ヘッドが走る」とは分かりやすく言い換えると、「腕の振りに比べてヘッドスピードがより速く出ている」ということです

もっと言えば、同じスピードで腕を振ってるのにヘッドスピードが速くなるのが「ヘッドが走っている」状態です

 

この「ヘッドが走る打ち方」というのは、「飛ばさない打ち方」とは真逆の位置関係にあります

 

ヘッドが走る打ち方でそのままアプローチをしてしまうと、距離感を合わせるのが非常に難しいです

なぜなら、腕の振りが少し速くなっただけでヘッドスピードが極端に速くなってしまい、細かい距離調整が難しいからです

 

ですから、アプローチで細かい距離調整をするためには、「ヘッドを走らせない打ち方」を意図的にする必要があります

 

『ヘッドを走らせない』打ち方

やり方は1つではないのですが、個人的に一番イメージしやすい方法を挙げたいと思います。それは、

  • 腕とクラブが一直線に一体化したまま振る

というスイングです

ヘッドが遅れないよう、常に体の正面にある状態をキープしたままスイングします(ヘッドの重さにより、多少遅れます)

 

そのために重要なのが、腕は一切使わず体で振るという意識です

ヘッドが走らないアプローチ

ヘッドが走っているアプローチ

※ヘッドが走っているアプローチは、手の移動量に対してヘッドの移動量が多い

 

ドリルを1つ紹介します

おへそにグリップエンドをくっつけたまま、おへそから真っ直ぐクラブが伸びた状態を終始キープしたまま素振りをします

腕を一切振らないので、テークバックでクラブを持ち上げるのに体幹だけで上げるため、腹筋などにかなりの力が入るはずです

このドリルにより、腕とクラブが一直線に一体化したまま振るイメージがつかめます

 

まとめ

今回は”飛距離特化型”ゴルファー向けのアプローチ、『ヘッドを走らせない打ち方』についてのご紹介でした

 

ポイントをまとめると、

  • ショットはヘッドを走らせる打ち方、アプローチはヘッドを走らせない打ち方、で使い分ける必要がある
  • ヘッドを走らせないことで距離調整がしやすくなる
  • 腕とクラブが一直線に一体化したまま振ることでヘッドを走らせずに振れる

 

以上になりますが、今回とは逆に、”飛距離が出ない”方向けに「ヘッドを走らせる方法」についていつか記事を作れたらと思いますので、乞うご期待いただけたら幸いです

 

【ゴルフテクニック】グリーン周りのウェッジ『1本に絞る』vs『複数本使い分ける』⇒結局どっち?
グリーン周りのアプローチに使うクラブ。 『1本のウェッジに絞る』と『複数本のウェッジを使い分ける』のどちらが良いのか、悩んだことありませんか? 簡単に結論付けるのであれば「自分に合いやすい方」となってしまうのですが、それでは大雑把で...
クリーブランド RTX ZIPCORE ウェッジ を購入した感想(発売日2020年9月12日)
クリーブランドゴルフの新発売ウェッジ『RTX ZIPCORE』。 前作の『RTX 4』からどう進化したでしょうか? 今回は実際に試打・購入した感想を主観的にレポートしました。
【ゴルフ初心者】アプローチやパターの距離感で悩む方必見!『3回素振り』で即効解決!
アプローチやパターにおいて、『距離感』というのは最重要です しかし、その『距離感』をイメージできないままスイングをしてしまい、結果として大ショート・大オーバーしてしまった苦い経験は誰しもお持ちかと思います 特にゴルフ初心者にとっ...
【ゴルフテクニック】アマチュアでもプロのような捕まったアプローチを簡単に打つ方法【動画】
バンスを使うことでプロのような「捕まったアプローチ」が打てます。逆目やバンカー、ライン出しにも使える万能ショットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました