本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【読むだけでスコアアップ】パー3攻略シリーズ①届かないパー3【100前後ゴルファーが考えるスコアメイク】

ゴルフテクニック

パー3攻略シリーズ①『届かないパー3』

今回は、パー3攻略シリーズ①『届かないパー3』です。

このシリーズは、パー3の特徴を以下のようにとらえ、パー3に特化して攻略を考えます。

・初心者もパーを取れる可能性がある
・ダボ以上打つとリズムを崩しやすい
・何かと1打目のプレッシャーが大きい

距離が長くて届かないパー3ってたまにありますよね。

レギュラーティーからでも200ヤード。

打つクラブがない。ドライバーか?

でも、うまい人は普通にアイアンで届かせるんですが。

さてこのようなパー3を「飛距離の出ないアベレージゴルファー目線」で攻略を考えていきます。※あくまで個人的な見解であることをご了承ください。

この記事を書いた人
スコア90~100のアベレージゴルファー。
最大飛距離は控えめ。ドライバー飛距離約200ヤード、7I約120ヤード。
月に1度、競技ゴルフにも参加。HS50m/s越えのゴルファーの傍らで、常にセカンドを先に打っても、ガチのゴルフ女子に飛距離で負けてもめげずに参加しています。
飛距離が出なくても、多少アプローチが下手でも、頭を使えばスコアメイクでカバーできるはず。

前提として、まずは距離をしっかり測っておくことが大切です。

GPSナビやレーザー距離計を用意しておくとよいでしょう。

【腕時計型】ショットナビGPS距離計おすすめ

【ゴルフスコープ】ショットナビレーザー距離計おすすめ

届かないパー3をどう攻略するか

例えば以下のようなホールを想定します。

アイアンでは届きそうにありません。

困りました。

みなさんはこのようなホールをどのように攻略しますか?

ワンオンを狙う

ワンオンを狙うならば、ティーショットでドライバーもしくはスプーンを使うことになります。

チャレンジするのも悪くないです。置きにいくドライバーが得意とかそういう条件次第では可能です。

ただ一般的に成功確率は低いです。

以下のようなトラブルに見舞われる可能性があります。

こうなってはいけない失敗例

①ドライバーでOBをする
②力を抜いてショートする
③飛び過ぎてオーバーする

目的のないユーティリティ

とりあえず届かないんだけど、ユーティリティで160ヤードということも考えられます。

何ヤード残るかは、出たとこ勝負です。

少し飛距離が出るクラブですので、ラフにつかまる可能性もあります。

うまくいけば残り40~50ヤードとなりますので、アプローチが得意の場合有効です。

戦略としてはまずまずという感じです。

自分の得意な距離を残すアイアン

例えば、自分の得意な距離が100ヤードだとします。

この距離を残すには、100ヤード飛ばせばよいことになります。

ショートアイアンであれば、ティーショットの成功確率も上がります。

自分にとっては、失敗しないベストな戦略です。

ただし、この刻み戦略は、ありがちな谷越えや池のあるパー3には使えません。

届かないパー3攻略まとめ

今回の攻略についてまとめます。

①ワンオンを狙うのであればドライバー。ただしそれなりにリスクが付きまとう。
②アプローチに自信があるのであれば、とりあえず距離を稼ぐユーティリティもあり。
③成功確率を上げるのであれば、アイアンで得意な距離を残す。

いかがでしょうか。

ゴルファーの数だけ攻略法があると思います。スコアメイクの参考になれば幸いです。

以前、男子プロの大会を見に行ったら、プロは210ヤードのパー3をアイアンでこともなげにオンさせていました。

ではまた次回、よいゴルフライフを。

【腕時計型】ショットナビGPS距離計おすすめ

【ゴルフスコープ】ショットナビレーザー距離計おすすめ

コメント