ゴルフ練習日記(6)【ゴルフレッスン~スライスとフックの打ち分け方~】

ゴルフ日記
スポンサーリンク

ゴルフ練習日記(6)【ゴルフレッスン~スライスとフックの打ち分け方~】

2021年4月22日

いつもレッスンで持っていくクラブは、ドライバー、5番ウッド、5ユーティリティー、6番アイアン、U(アプローチ)の5本になります。

長いクラブを練習してたら、短いクラブも楽に打てる気がするので長いクラブとアプローチの練習で1本短いクラブを持って行っています。

☆打った球の数…130球 (レッスンで先生に教わっているときは別の打席に行くので球数は入っていません)

ドライバー…35球

5W…10球

5U…10球

6I・・・45球

U・・・40球

レッスンの前日に、YouTubeでUUUM GOLFの”ドライバーでドローの打ち方”の動画を見たので試しにやってみました。

・アドレスで少し右肩を下げる。

・バックスイングで左足を右のほうに蹴り出し、右足一本に体重をかける。

所謂ステップ打ちですね。これをやってみたのですが、なかなか難しかったです。右にスエーしてしまう感覚がありました…。

動画を見ては色々試しています。

レッスン内容

☆何を教えてもらった・・・スライスとフックの打ち方

☆なぜ教えてもらおうと思ったのか。

少し前に練習場で先生の作ったドリルをもらったのですが、打ち分けられなかったので直接先生に教えてもらおうと思いました。

スライスの打ち方

今回、手書きで図を書いてみました。分かりにくかったらごめんなさい。
【スライスの打ち方】

・まず第1の目標と第2の目標を設定します。

・第2の目標と平行に構えます。

・ボールの位置は左足かかとの内側。

・フェースを第1の目標に向けます。

・第2の目標に向かって振ります。(アウトサイドイン

このような打ち方をするとスライス回転がかかるそうです。

フックの打ち方

【フックの打ち方】スライスと逆です

・まず第1の目標と第2の目標を設定します。

・第2の目標と平行に構えます。

・ボールの位置は左足かかとの内側。

・フェースを第1の目標に向けます。(この時フェースを閉じます。閉じた状態でグリップを握り直します。)

・第2の目標に向かって振ります。(インサイドアウト

このような打ち方をするとフック回転がかかるそうです。

まとめ

まずは簡単なクラブ・7Iや8Iなどで練習するといいそうです。私はその番手を持っていってなかったので6Iで打ちました。若干ですがスライスとフックを打ち分けられました。スライスの方が出やすかったです。

ラウンドでコースレイアウトや前に木があったりするときにスライスやフックを打ち分けることができるとゴルファーとしてレベルアップになるのではないでしょうか。 最初は難しいと思いますが、頭の片隅に入れて置くといいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました