ゴルフ練習日記(8)【ゴルフレッスン~クラブを放り投げる⁉~】

ゴルフ日記
スポンサーリンク

ゴルフ練習日記(8)【ゴルフレッスン~クラブを放り投げる⁉~】

2021年5月20日

いつもレッスンで持っていくクラブは、ドライバー、5番ウッド、5ユーティリティー、6番アイアン、U(アプローチ)の5本になります。

長いクラブを練習してたら、短いクラブも楽に打てる気がするので長いクラブとアプローチの練習で1本短いクラブを持って行っています。

☆打った球の数…110球 (レッスンで先生に教わっているときは別の打席に行くので球数は入っていません)

ドライバー…40球

5W…10球

5U…10球

6I・・・10球

U・・・40球

レッスン内容

☆何を教えてもらった・・・ドライバー

☆なぜ教えてもらおうと思ったのか。

ドライバーの飛距離アップのため

ドライバーの飛距離アップ

今回、ヘッドスピードと飛距離がどのぐらいあるのか機械で見てもらうため室内での練習となりました。

何球か打ってみたところ、ヘッドスピードは平均32m/sぐらいで飛距離はランも合わせて最大で170ヤード、曲がりはほとんどなくストリートでした。

もう少し飛距離を出したいということで教えてもらったのが、ヘッドのついていないシャフトを目標方向に放り投げるというものでした。右足の前ぐらいからポーンと正面の壁に放り投げます。簡単そうに見えますが、なかなか真っ直ぐに放り投げれないんです。左の方に飛んでいってしまうんです。原因は正しいリリースができていないそうです。タイミングが重要で何回かやってみてようやく真っ直ぐ投げれるようになりました。

普通のクラブに変えて打ってみると、ヘッドスピードが34m/sまで上がり、飛距離も185ヤードいきました。ヘッドがあると何かアシストしてくれる感じがしました。またリリースのタイミングを意識しているのかボールに意識がいかない感覚でした。

まとめ

今回はシャフトを放り投げる練習を教えてもらいました。外ではなかなかできませんが、室内で機会があれば試してはいかがでしょうか。効果は抜群でした。

家の中でもできる方法を今度、先生に教えてもらおうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました