本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

パターカバーはラウンド中した方がいいのか【メリット・デメリット】

ゴルフコラム

みなさんはラウンド中、パターカバーはつけていますか?最近、パターカバーをつけてラウンドしている方が増えているような気がします。そこでパターカバーをするメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

【メリット】

1、自分のパターを傷つけない

パターはヘッドやフェース面がとても傷付きやすいです。パターは繊細で傷などの影響を最もうけてしまうクラブでもあります。また、結構高級品です。なので大切なパターを傷から守るためにパターカバーをした方がいいかもしれません。

2、他の人のパターを傷つけない

パターはそれぞれのキャディバッグから出してカートの後ろにみんなまとめて1つの場所に入れます。他の人のパターを傷つけないという思いやりとマナー?

【デメリット】

1、グリーン周りで忘れる

グリーン周りにパターカバーをポーンと投げて、ホールアウトの時に忘れてしまうことがあると思います。忘れないようする対策が必要ですよね。

・ホールアウトで通るところに置く

・みんながクラブを置いてあるところに置く

・肌身離さず持っておく。(最近、パターカバーホルダーというものが出ています。また、次回ご紹介します。)

忘れっぽい方は要注意ですね。

2、スロープレーになる可能性がある

グリーンに上がってから結構忙しいですよね。クラブを置いたり、ボールをマークしたり、ラインを読んだり、さらにパターカバーの付け外しに時間がかかったり。もしかしたら、スロープレーに繋がってしまうかもしれません。

【ゴルフアイテム】紳士のマナー、使いやすいおすすめのグリーンフォーク5選!【ピッチマークを直す】

まとめ

今回、ラウンド中にパターカバーをするメリット・デメリットについて考えてみました。

パターカバーは色んな意見があると思います。落し物が多い方は付けない方がいいかもしれませんし、大切なパターを傷つけたくない方はパターカバーを付けた方がいいかもしれません。自分たちでメリット・デメリットを考えてみてください。

ちなみに私は、落し物が多いけどパターカバーは付ける派です(笑)

【ゴルフアイテム】おすすめのパターカバーホルダー5選を紹介!【もうパターカバーはなくさない】

【おすすめのゴルフウエア】ルコックスポルティフゴルフ~RIJOUME(リジューム)~【秋冬】

【ゴルフアイテム】ジャックバニーとドラえもんコラボ2021【おすすめ】

【テーラーメイド】今流行の三角形「トラスパター」を紹介!形状は5種類【評判は?】

ゴルフ体験(1)【ゴルフレッスン~ドライバー・スライスの原因~】

 

コメント