【一度は読みたい】多くのゴルファーに愛読されるゴルフ書籍とは?【かなりおすすめ】

ゴルフコラム

ゴルフはスポーツです。

ですが、単なるスポーツとも言い切れないのがゴルフです。

ゴルフをうまくなりたくて通った練習場。いつも帰りがけに寄ったゴルフショップ。

あの時、あのメンバーで行ったゴルフ場、スコアはいくつだったか。

ゴルフはそれぞれの人の物語でもあります。

今回は、ある一人のプロゴルファーが書いた、今でも多くのゴルファーに愛読されている書籍をご紹介します。

スポンサーリンク

「ありがとう」のゴルフ

ご紹介するのは、

『「ありがとう」のゴルフ: 感謝の気持ちで強くなる、壁を破る』です。

著者は、ゴルファーの間では伝説の古市忠夫氏です。

いつ発売された?

発売は2006年11月です。

ゴルフダイジェスト社から出版されました。

10数年経ちましたが、今でも語り継がれる名著です。

著者の古市忠夫氏とは?

一言でいえば、60歳でプロテスト(シニアではなく、レギュラーツアー)に受かった方です。

以下略歴をまとめます。

1940年神戸生まれ。プロゴルファー。

30歳でゴルフを始めました。95年1月、「阪神淡路大震災」で被災し全てを失いましたが、プロテスト合格をめざし、2000年9月に60歳でPGA認定のプロテストに合格。

奇跡の「還暦ルーキー」として話題を集めました。その後、2002年6月、関西プログランドシニアで念願のプロ初優勝を飾りました。

どんな内容なの?

楽天ブックスのあらすじでは以下のように紹介されています。

阪神淡路大震災で被災した「カメラ屋のおっちゃん」こと古市忠夫。
彼に残されたのは、3人の家族と、車のトランクのクラブセットだけだった。
前向きな心と感謝の気持ちを武器に、60歳でプロになった男が語る、奇跡のゴルフ上達法。

還暦でプロになった上達法が書かれていますが、それだけではないのがこの著書のすごいところです。

それは読んでみてのお楽しみです。

面白い?ハマる?

私は実用書を読むタイプで、小説などの本はあまり読みませんが、この『「ありがとう」のゴルフ』はこれまでに最も読んでよかったと思った本の一つです。

感動しました。感銘を受けました。

この本を読むとゴルフのみならず、生き方について考えさせられます。

すべてのゴルファーにおすすめの一冊ですが、特にゴルフを始めたばかりの方、読むとゴルフがもっと好きになるかもしれません。

世の中はこのような状況ですから、ぜひ家でゆったりゴルフ書籍の読書なんていかがでしょうか?

【ゴルフコラム】日本人のためのクラブ「ゼクシオ」の歴史【No.1になれた理由とは】

【ゴルフ基本】ゴルフレッスンて実際どんな感じ?【体験談】

「ありがとう」のゴルフ 感謝の気持ちで強くなる、壁を破る (ゴルフダイジェスト新書) [ 古市忠夫 ]

価格:900円
(2020/6/3 21:38時点)
感想(7件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました