【ゴルフ基本】ゴルフ場に軽自動車で来場すること【マナー問題なし】

ゴルフ知識

えっ?軽自動車でゴルフ場へ?

軽自動車へゴルフ場へ行くことには抵抗感がある。

そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

時代は変わり今は、軽自動車でゴルフ場に来ている方もたくさんいます。

すでにゴルフ場へ軽自動車で行くことが当たり前になっています。

今回は、軽自動車でゴルフ場へ来場することについて取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフ場は高級セダン、車はステータス?

ゴルフは高級スポーツというイメージは今でも残っています。

しかしゴルフのプレー料金も昔に比べリーズナブルになりました。

ゴルフ場へ軽自動車で行くのはいかがなものか、と感じる方は「高級スポーツな場に軽自動車は似つかわしくない。」との考えがあるのではないでしょうか。

そのイメージ、わかります。

ゴルフ場に到着したら、まず車回しに車を止めます。

そしてゴルフバッグを下ろします。

その間、ゴルフ場の係りの人が車を見たりしますので、いい車を乗っていると、それはそれで気分がいいということも無きにしも非ずです。

根底にあるのは、このような「車はステータス」という感覚です。

ただ今はゴルフの価格も安くなり、大衆スポーツ化しています。

以前より間口が広がっており、誰でもお手軽にゴルフをできるようになってきています。

そのため、ゴルフ場に来場する車も多彩です。

セダンの他、ミニバン、ワゴン、コンパクトカー、軽自動車とバリエーション豊かです。

一昔前のゴルフ場のイメージのように高級車がズラリということもあまり見かけなくなってきました。

軽自動車も全く問題ない

個人的にはゴルフ場へ軽自動車で行っても全く問題ないと思います。

その理由は以下のとおりです。

軽自動車の高級化

軽自動車は高級化しています。

価格の安い車で来場することに違和感があるというのであれば、もはや軽自動車は必ずしも安価な自動車とは言えなくなってきています。

新車価格はコンパクトカーや1,500ccクラスを上回ることさえあります。

また、走行性能も昔の軽自動車に比べて格段に進化しています。

さらに装備も充実しています。トップグレードともなれば、装備はなんでも付いて至れり尽くせりです。

そこらの普通車よりも豪華でしょう。

軽自動車と普通車の区分自体がナンセンス

軽自動車と普通車の違いを正確に理解していますでしょうか。

車の大きさが小さい、排気量が小さい、税金が安い。

確かにその通りです。

でも、そのような違いはあれど、車体にエンジンを載せて走る構造は変わりません。

軽自動車と普通車の根本的な違いは登録や届出方法にあります。

これのみの違いです。

普通車

陸運支局に登録するため「登録車」と呼ばれます。

軽自動車

軽自動車検査協会で検査を受け、ナンバープレートと車検証を取得するため「届出車」と呼ばれます。

以上の違いで、軽自動車と普通車が分かれているだけなのです。

先に述べましたように、軽自動車の性能や価格は普通車に近接しており、特に価格面では一部もう普通車に追いついています。

仮に、もしこのような登録・届出の区分が撤廃されたとすれば、普通車と軽自動車の違いは、ほぼなくなります。

そして軽自動車は~みたいな議論もなくなるでしょう。

単に登録や届出の手続きの違いだけなので、軽自動車と普通車の区別することはナンセンスです。

ゴルフの腕前は車では決まらない

当たり前のことですが、車がゴルフをするわけではありません。

いい車でゴルフ場に行けば、いいスコアが出る、ということはありません。

あくまでも自動車はゴルフへの来場手段です。

来場する方法は、徒歩、バス、バイクなどいろいろあります。

どんな方法で来場してもプレーするのはゴルファーです。

ゴルフ場と軽自動車まとめ

以上、ゴルフ場と軽自動車について書いてみましたのでまとめます。

ゴルフのプレー料金は、近年では安くなり間口が広がっています。

軽自動車の性能や価格は、いまや普通車と変わらなくなってきています。

普通車と軽自動車は単に登録や届出の違いであり、あえて区分する必要はありません。

ゴルフは、車がプレーするのではありません。

ゴルフ場がフォーマルな場であることは確かです。

どんな来場手段であれ、マナーを守って颯爽と来場すればよいと思います。

軽自動車かどうかも周りもあまり気にしてはいないでしょう。

【ゴルフ基本】ゴルフのラウンド中の会話が苦手な方へ【会話不要、人見知り】

【ゴルフコラム】ゼクシオはなぜ売れているのか?【人気の秘密はこれか!】

【ゴルフ女子】激安ゴルフウエア、コーデ【ロンドンスポーツ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました