【ゴルフ疑問】ゴルフの100を切るってどういうこと【どれくらいすごいの?割合は?】

ゴルフ知識

ゴルフの100切りってすごいの?

ゴルフをしない方も、ゴルフ、スコア100切った、とか聞いたことありませんか?

今回は、ゴルフにおける100切りについて解説します。

そして、100切りって、一般アマチュアゴルフファー目線で、どのくらいすごいものなのか?

という私見を書きたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフのスコアとは?

まずは、ゴルフのスコアについてご説明します。

ゴルフ場は一般的に18ホールがあります。

ホールというのは、一つ一つの区切られたコースです。

そのホールには、短い、中間、長いの三種類があります。

短いホールをパー3、中間をパー4、長いホールをパー5といいます。

この3とか4はプロゴルファーだったらこの打数でクリアできるという、標準打数を示しています。

例えばパー4では4打でカップインするのがプロの標準打数ということです。

そして、ゴルフ場は通常、パー3、4、5を組み合わせて18ホールあり、全ホール合わせて72打でクリアできるように作られています。

というわけで、

通常のゴルフ場はプロならば72打で上がれるように設定されているというところがポイントです。

72打で18ホールを上がればスコアは72です。

72より少ない打数で上がるとアンダーとか言ったりします。

ゴルフにおける100切りとは?

72打が標準といっても、一般のアベレージゴルファーにとって72というスコアは大変レベルの高いものです。

100を切るには18ホールで、27回ミスすることができる計算です。

27打多く打つと99になります。

どのくらいなのか以下の計算例を見てみましょう。

18ホールすべてにおいて、

1打多く打つと72+18で90です。

2打多く打つと72+36で108です。

3打多く打つと72+54で126です。

ということは、各ホール1打と2打の間しかミスが許されないという計算です。

実際には、各ホール浮き沈みがあり、ノーミスのパーで上がれるホールもあるでしょう。

どこかのホールをミスったらどこかのホールで挽回が可能です。

しかし、通算1ホールでミスが1打しか許されないというのは、なかなか難しいと思いませんか。

100切りの難易度(アベレージゴルファーの感想)

100切りはどのくらい難しいか?

私見ですが、100切りは中級者になるための登竜門だと思います。

100を切ったと言えば、ある程度の腕前のゴルファーと認識されます。

たまたま100切りできた、ということもありますが、継続して100を切る腕前になるには、そこそこの努力が必要です。

100を切るまでの期間は一般に、1年~5年程度と言われます。

早い人だと1年くらい、ちょっとかかってしまう人だと5年くらいです。

そして、ゴルファーの中で100切りできる人の割合ですが、いろいろな調査や予測で、25%だ35%だといわれますが、それらを総合しますと

全ゴルファーの中で100を切れる人の割合は、3割前後とみてよさそうです。

10人いればトップ3には入れる腕前。自信をもっていいと思います。

100切りの時期が一番ゴルフが楽しい

よく上級者のゴルファーの方から

100切りくらいの時期が一番ゴルフが楽しいよ

ということを聞きます。

確かにその時期は、スコアが目に見えて上がっていって、新しいクラブやギアを購入してグレードアップしていく、そのような時期だと思います。

このあたりからゴルフの楽しさに魅了される人も多いです。

これから100切り目指しているゴルファーの方、ぜひゴルファーの区切りでもある100切りを目指ざして、頑張っていきましょう。

今回は、ゴルフの100を切るってどういうことを書きました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【ゴルフ初心者】100切りができる練習方法を公開します

【ゴルフコラム】ゴルフは何が楽しいの【ゴルフ魅力・面白さ】

【ゴルフ基本】ゴルフを始めたいと思ったら【初心者】

コメント

タイトルとURLをコピーしました