【ゴルフ基本】好かれるゴルファーと嫌われるゴルファー

好かれるゴルファーと嫌われるゴルファーの違い ゴルフ知識

「ゴルフはその人の本性が出る」

とは、よく言われる言葉です

 

ゴルフを続けていると、

「この人とは一緒に回りたくないなぁ」

と思うことが、残念ですが出てくることもあるでしょう

 

同伴者に「また一緒に回りたい」と思ってもらえるためにも、

好かれるゴルファーと嫌われるゴルファーの違い」について見ていきましょう

 

スポンサーリンク

ルールを知らない

ゴルフは非常にルールが多いスポーツです

アマチュアで完全にルールを覚えている人はほとんどいません

 

競技ゴルフは別として、実際にラウンド中に必要なルールというのはそこまで多くはないので、アバウトにルールを覚えてアバウトにプレーする方も少なくありません

 

そして重要なのは、

ルールを破ると、本来のスコアよりも良くなってしまう

ということです

 

例えば、空振りを無罰にしたり、ロスト球の処置を2打罰ではなく1打罰や無罰にしたり、ライを変えたり…

 

ルールをしっかりと勉強してきた人からすると、そういったプレーヤーを見るとあまり気持ちの良いものではないでしょうし、「公正ではない」「不真面目」「適当な人」といったレッテルを貼られてしまうかもしれません

特に、経営者や管理者といった目上のしっかりとした人はルールをちゃんと覚えている傾向があることにも注意です

そんな人から悪く思われるのは得策ではありませんよね

 

逆に、あまり発生しないトラブルに出会ったときに適正な処置ができるプレーヤーは、一目置かれることでしょう

 

ただ、これは個人的な意見ですが、ルールに厳しすぎるのもよくないと思います

度が過ぎるのもプレーの雰囲気を悪くし、楽しめないラウンドとなってしまうでしょう

 

初心者には(プレー進行の面でも)少し甘めに見て上げるなど、メンバーや状況に応じてルールを適用していくのも1つの方法です

 

マナーの欠如

あらためて「マナーとは何だろうか」と考えてみると、その実態は「当たり前であること」に気が付きます

 

ここでゴルフのルールとマナーの違いについて再考してみると、

「ルールは勉強しているかどうか、マナーは人間性がどうか」

という点に依存しています

 

そのため、マナーについて注意をすることは、悪く言えば人間性を否定することにも繋がるため、なかなか対処が難しいです

特に目上の人のマナー違反に対しては非常に言いづらいですよね

 

目下の人から「マナーの悪い先輩だなぁ」のように思われないためにも、普段から自分の行動を見返し、マナーの良いプレーを心掛けましょう

 

プレースピード

ゴルフのマナーの中でも一番重要視されているのが「プレーファスト(素早いプレー)」です

 

ゴルフは1組数名を単位として、組同士が連なってプレーをしています

組のプレースピードは、その組の中の1番プレーが遅い人のスピードとなります

よって、1人のスロープレーがその組のスロープレーとなり、さらには後続で連なっている全ての組のスロープレーとなるわけです

 

ルールやマナーというのはその組の中だけで完結することが多いですが、スロープレーに関しては組の外に対しても影響を及ぼします

 

昨今ではトッププロの海外ツアーにおいてもスロープレーが問題視されています

トッププロでさえプレーファストが守れないということはつまり、常にプレーファストの意識を持っていないとそうなってしまうということです

 

「自分はプレーが早いから問題ない」

などという慢心は絶対に抱かないことが、プレーファストをいつまでも続ける秘訣です

感情のコントロール

ゴルフは「メンタルのスポーツ」とよく言われます

言い換えれば「平静・冷静を保つことが重要」ということです

 

ゴルフは最大4人1組で回るため、同組のメンバーの気分にも精神状態が左右されます

特にスコアが悪いときなどは、無神経にプレーしている人に対してイラッとすることもあります

 

具体的にどんなことが無神経なプレーかというと

  • スコアが悪いと態度も悪くなる
  • パーやバーディーを取って喜びすぎる
  • OB球がフェアウェイに出てくるなど、ラッキープレーに喜びすぎる、逆にアンラッキープレーに落ち込みすぎる
  • ネガティブな言動
  • 練習してない、寝てない、などといった言い訳が多い
  • 同伴者の悪いスコアや不運に無関心
  • カート回しをする気が無い

 

など、挙げればキリがないですが、一言で表すなら

自己中心的

です

 

感情を少し抑えて、周りの人の気持ちに立った言動を心掛けることが大切です

 

ナイスプレーを称える

これは当たり前のようにも思いますが、意外にもナイスプレーを褒められない人はいます

 

「ナイスショットなのか分からない」

というのは始めの頃はあると思いますし、初めて一緒にプレーする人の実力が分からないと、その人にとってナイスなのかどうかの判断が難しい時もあります

 

ただ、個人的に思うのは

ナイスだと思ったらナイスと言えばいい

ということです

 

間違ったっていいと思います

大切なのは

思ったことをちゃんと伝える

ということなのです

まとめ

ここまで「好かれるゴルファーと嫌われるゴルファーの違い」について見てきました

 

特にルールやマナーについてはいきなり覚えることは難しいですが、ゴルフで学んだルールやマナーというのは実社会においても役立つ、非常に価値のあるものです

楽しみながらも自己研鑽ができるスポーツだと思えば、苦に思うこともありません

 

ここで改めて好かれるゴルファーになるために大切なのは何かと言うと

意識するかどうか

ということです

 

何を意識するかというと、

周りの人が気持ちよく楽しくプレーできるように、そして自分も同じ気持ちでプレーできるように

ということに集約されます

 

周りから見れば意識しているかどうかというのは分かるもので、ちゃんと意識をしようと思っている人に対しては、たとえ間違ったプレーをしたりスコアが悪かったとしてもそこまで悪い印象は与えません

更には「注意してあげよう」という同伴者から学ぶ機会を与えられることが多いです

 

なかなか常に意識を持ち続けるのは難しいですが、そのためにも日頃から練習をしてプレーに余裕を持たせるようにするなどの工夫をすることで、人としても成長を続けられます

 

【新ルール解説】新しいゴルフ規則まとめ【2019年1月1日施行】
2019年1月1日から「新しいゴルフ規則」が施行されました。 この新しい規則は、 ・規則の内容を変更するだけでなく ・条項をよりわかりやすいように再構成し ・文言も易しい表現に変更して すべてのゴルファーにとって読みやすいものにな...
【ゴルフ知識】知ってるようで知らない、ゴルフのあいまいなルールをハッキリさせたい
知っているようで知らないルールというのがゴルフには多いです。いくつかピックアップしたので話題作りや豆知識として押さえてみてください
【ゴルフ基本】ゴルフのラウンド中の会話が苦手な方へ【会話不要、人見知り】
ゴルフのラウンドは仲間と回ったり、時には初対面の人とラウンドすることもあるでしょう。 そのような時に、どの程度を会話したらよいのか? あまり無口だと不機嫌と思われないかな? という疑問がわくかもしれません。 また、人との会話が苦手で...
【ゴルフ基本】ラウンド中のモチベーション維持について【やる気復活】
今日こそはベスト更新だ! と意気込んでラウンドをスタート。 しかしゴルフはそんなに甘いものではありません。 開始1ホール目でOBを打ってしまった。序盤のホールでトリプルボキーを連発など。 ラウンド開始数十分でベストスコア更新の危機に...
【ゴルフ基本】初心者向け自走式カートの運転方法【カート回し】
ゴルフ場へいざ、ラウンドデビュー。いくつかラウンドをこなすと、ゴルフ場には2種類のカートがあることに気づきます。 自走式カートとリモコン式カートです。 自走式カートとは、プレイヤーまたはキャディさんが自分で運転するカートです。小さいころ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました