本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【順調に進めば】ゴルフ1ラウンドにかかる時間の目安は?【プレーファストための注意点】

ゴルフ知識

1日ゴルフに行くとどのくらい時間がかかるのでしょうか。

プレーファストと言うけど、どのくらいを目安にラウンドすればよいのでしょうか。

「2時間15分を目安に」「スロープレーに注意」とよく張り紙を見かけます。

今回はラウンドのプレー時間について考察してみます。

ゴルフ1ラウンドは時間の目安は?

一般的なゴルフのプレー時間は以下の通りになります。

純粋にプレーする時間の目安です。

スタート前に集合して、ホールアウトしてからもお風呂や着替えがありますが、それらの時間は含めていません。

所要時間 プレー内容

18ホール

前半9ホールをこなした後、昼食、そして後半9ホールのプランになります。

所要時間の目安は、5~6時間くらいです。

スループレー

スループレーは、お昼を挟まずに18ホールをラウンドするプランになります。

所要時間の目安は4時間~5時間くらいです。

お昼から1時間を差し引いた計算です。

プロもテレビ中継など見ていますと18ホールの所要時間は4時間くらいになります。アマチュアとあまり変わらない印象ですが、打数が少ない反面パターに時間をかけていたりします。

ハーフプレー

ハーププレーは9ホールを回るプランです。

所要時間の目安は2時間~3時間くらいです。

3時間は少し長いなあと思います。

昼食時間の目安について

お昼休憩の時間は、ハーフが終わった後にマスター室から指定がありますが、1時間くらいが目安です。

1時間以上のインターバルがある場合、ゴルフ場が混んでいたり遅れているなど何らかの要因がありそうです。

また、ハーフを自分の組が遅れてホールアウトした場合は、前の組との間隔を詰めるためお昼休憩の時間が短くなることもあります。

プレー速度以外の要因について

プレー時間は自分たちのプレー速度以外に以下のような要因で変動します。

ゴルフ場の混み具合

ゴルフ場の混み具合によってはプレー時間がかかることもあります。

「今日は詰め込んでるなー」という先輩ゴルファーの発言を聞いたことがある方も多いでしょう。

プレーヤが多ければ、それだけ詰まってしまう要素も多くなります。

4人の組が多いと自ずと時間もかかってきますし、前の組が詰まっていれば、待ち時間が増えます。

コースの難易度

コースの難易度が高い場合時間がかかります。

ある一つのホールで詰まることがよくあります。

そのホールは、難易度が高かったり、トラブルを誘発しやすかったりと何かしらの原因があります。

初心者の方やコース難易度が低いゴルフ場を選択するといいでしょう。

プレーファストのポイント

プレーファストのためのポイントをご紹介します。

クラブは数本持っていく

カートから離れてボールへ向かう時は、使いそうなクラブを数本持って行きましょう。

クラブを変更したり、次の一打もカートに戻らず打つことができたりと効率よくプレーを進めることができます。

クラブの番手が違ってクラブを変えにカートに戻ることはスロープレーの原因になります。

数本のクラブを持っていけばカートに戻る無駄な時間は削減できます。

小走りで移動する

特にホールアウトしてカートに戻る際は小走りで移動しましょう。

また、距離の遠いところにあるボールに向かう時なども小走りで移動するように心がけます。

そうすることで、自分のボールのそばで素振りができ、自分の打つ番になったら速やかに打てます。

ボールの所に行き、そこから素振りして、アドレスして打つという作業を効率的に行います

ボールを探すのは3分以内

ロストボールを探す時間はルール上3分以内と定められています。

ボールが林の中に入ってしまったり、長いラフに入ったりした場合に探す時間は3分以内に行いましょう。

同伴者も一緒に探すと効率的です。

OBかどうかあきらめきれない部分あると思いますが、割り切りが大切です。

その季節に合ったカラーボールでプレーすることでボールを見つけやすくなる場合もあります。

カラーボールを使ってみるのもいいでしょう。

【ゴルフボール】中価格帯ボールの比較感想~本間ゴルフボール~【TW-X、TW-S、X4】

初心者を分散させる

根本的なエントリーの段階での対策です。

プレーヤーの人数は多ければその分時間がかかります。

そして、やはり初心者はどうしても時間がかかりがちです。

複数組でラウンドする場合は、初心者をうまく分散させて、上級者と組をつくることでスロープレーの影響を分散させることができます。

まとめ~スロープレーにならないために~

ゴルファーとして、スロープレーをしないことは基本中の基本です。

プレーファストが大前提です。

なぜなら、一組のスロープレーでその日の全体のゴルフ場流れが悪くなってしまい、ゴルフ場や多くのプレーヤーに迷惑をかけるからです。

またプレーが遅くなると後ろの組の待ち時間が長くなりリズムが悪くなります。

それがスコアに影響することもあります。

最悪、日没に間に合わず回りきれないなんてことも発生しかねません。

ラウンド時間の目安としては9ホールで2時間15分を目安に、プレーファストを心がけ、スムーズにプレーしましょう。

今回は、ゴルフのラウンド時間の目安をご紹介しました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

レッスンで教わったスコアアップ練習法(1)~ドライバー・スライスの原因~【体験談】

【新ルール解説】新しいゴルフ規則まとめ【2019年1月1日施行】

【ゴルフ基本】実は知らないキャディ付きプレーのメリット

コメント