【ゴルフ基本】シャフトの硬さ、フレックス(flex)の意味は?【SRって何の略?】

ゴルフ知識

シャフトの硬さ、フレックス(flex)の意味は?

ゴルフクラブのシャフトの硬さは、例えば「S」や「R」という言い方をします。

シャフトのフレックスは、 L→A→R→SR→S→Xの順で硬くなります。

SやSRっていうけどどういう意味?

何の略なのでしょうか?

初心者の場合、フレックスはどのように選べばいい?

今回は、シャフトの硬さであるフレックスの意味について解説します。

フレックス解説一覧表

フレックス(硬さ) 意味 解説
X

extra(エキストラ)の略です。
特別な、規格外のという意味があります。

一般的には最も硬いシャフトになりますが、さらに硬い シャフトフレックスの表記として XX(ダブルエックス)、XXX(トリプルエックス)があります。

S

stiff(スティッフ)の略です。
硬い、硬直したという意味があります。

一般的にヘッドスピードが速い、上級者向け、体力に自信がある方向けになります。

SR

stiff(スティッフ)regular(レギュラー)の略です。 

SシャフトとRシャフトの中間の硬さとなります。

R

regular(レギュラー)レギュラーの略です。 
正常の、通常のという意味があります。

平均的なヘッドスピードの人向きです。

A

average(アベレージ)の略です。
平均、一般標準という意味があります。

基本的にレディースモデルのシャフトです。少し力のある女性向けです。

L

ladies’ (レディース)の略です。 
女性という意味があります。

レディースモデルのシャフトです。Aよりも柔らかく一般的な女性向けのフレックスです。

フレックスの選び方(初心者向け)

体力に自信のある方は硬いフレックスがおすすめです。スポーツ経験などがあり、パワーのある方はS(硬め)を選ぶとよいと思います。

ヘッドスピードの速い方が柔らかいシャフトを使用するとシャフトがしなり過ぎてしまいます。

その結果、タイミングがあわず、ボールにうまく力が伝わらないため、飛距離ロスや方向性がブレるということが起こり得ます。

逆にヘッドスピードが遅い方が硬いシャフトを使用すると、シャフトがしならないことでやわらかいシャフトよりも曲りは少なくなる分、飛距離がでないことがあります。

そのような理由から、ヘッドスピードが遅い方はやわらかいシャフトを選ぶのがよいと思います。

柔らかいシャフトだと飛ばないかもという心配もあるかもしれませんが、そうでもなく、タイミングが合えばものすごい飛距離が出ます。

初心者の方は、自分自身のヘッドスピードもわからないという場合が多いと思います。そのようなケースでは、まずは一般的な硬さであるR(レギュラー)を候補にしてみてはいかがでしょうか。

そして同じ「R」シャフトでもメーカーごとに硬さも異なりますので、店頭で試打してみるのがおすすめです。

以上シャフトの硬さ、フレックス(flex)の意味は?についてご紹介しました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【ゴルフ基本】ゴルフ場の「OUT」と「IN」の意味とは?【どちらからスタート?】

【ゴルフ初心者】初めてゴルフ場に行くときの疑問や不安を解消【受付から精算までの手順も解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました