【ゴルフ基本】実は知らないキャディ付きプレーのメリット

キャディ付メリット ゴルフ知識

「キャディ付きプレーなんて高いからいらない」そんな方にぜひ一度読んでいただきたい今回の記事です

 

ゴルフ場によっては、「セルフプレー」以外にも「キャディ付きプレー」が選択できます(予約が必要な所が多いです)

 

「キャディ付きプレー」にはどのようなメリットがあるのか?

気を付ける点は何か?

 

今回はそのような点を深掘りしていきたいと思います

 

スポンサーリンク

「キャディ付きプレー」とは

キャディフィ(プレーヤー1人あたり3,000~4,000円)を別途支払うことで、ゴルフ場専属のキャディさんがプレーに帯同してくれます

ちなみに、キャディ無しでプレーすることを「セルフプレー」といいます

 

プレー中におけるキャディさんの仕事は多岐に渡りますが、主に以下のようなものがあります

  • スムーズなプレー進行
  • カートの運転
  • クラブが必要な場合に持っていく
  • ショットしたボールの行方を確認
  • クラブやボールのメンテナンス
  • ショット後の目土
  • 旗の抜き差し
  • コースアドバイス
  • グリーンアドバイス
  • 安全への配慮
  • 楽しんでプレーできるような配慮

 

「キャディ付きプレー」の目的

「キャディ付きプレー」には、主に次のようなメリットがあります

  • ショットの狙い所を聞ける
  • グリーンの傾斜や目などを聞ける
  • コースマネジメントの勉強になる
  • スムーズなプレー進行のサポートをしてくれる
  • 必要なクラブを持ってきてくれる
  • ボールやクラブを拭いてくれる
  • 雨の日はグリップが濡れないようにしてもらえる
  • キャディさんの動きを見ることで、プレーにおける効率の良い動きを学べる(特に初心者の人)
  • 聞けばスイングのアドバイスを教えてくれることもある
  • 雑談相手になってくれる

 

簡潔にまとめると、雑務全般とコースアドバイスになります

特に雨の日はやることが多くなるので非常に助かります

 

以上のことから、セルフプレーよりもはるかにプレーに集中できるということになります

これはスコアアップに期待できるかもしれませんね

 

気を付けるべき点

キャディフィを支払っているからといって、キャディさんに対して横柄な態度をとるのはいけません

 

先にも挙げましたが、キャディさんの仕事は沢山あり、とても大変です

4人プレーの場合は仕事量も約4倍となり、なかなか全員のサポートを完璧にこなすのは難しいでしょう

余裕があれば手伝ってあげるくらいの気持ちで臨むことで、お互いにより気持ち良くプレーができると思います

 

また、キャディさんがいて安心だからといって、スロープレーやマナー違反は厳禁です

マナーが分かっていない場合はキャディさんから注意されることもありますが、これはプレーヤーの教育という側面の方が強いです

あなたの為を思ってのことなので、感情的にならずに真摯に受け止めましょう

 

チップについて

少し余談ですが、海外ではキャディさんにチップを渡すのが当たり前となっています

日本ではチップ制は当たり前ではありませんが、プレー前に渡す人もいます(1,000円程度)

キャディさんも自分達も気持ち良くプレーすることで、より楽しく質の高いプレーができるかもしれませんね

(もし渡す場合は適度なポチ袋に入れ、ゴルフ場によっては禁止されている場合もあるので、できるだけ人目を避けて渡す方が良いです)

 

チップ以外でも、「休憩場所で飲み物を馳走する」「おやつなどを持参してあげる」などが一般的でオススメです

なんにせよ、労いと感謝の気持ちを伝えることが喜ばれます

 

まとめ

ここまでキャディ付きプレーについてみてきました

キャディフィと引き換えに様々なメリットが得られるのではないでしょうか

 

セルフプレーで十分だという方もいらっしゃると思いますが、たまには趣向を変えてみるのもいかがでしょう

遠方のゴルフ場などに行く場合は、その地元の話などが聞けたりといった、ゴルフとはまた違った楽しみが得られるかもしれません

 

かくいう私もまだ始めたての頃、グリーンをスパイクで引っ掻いて歩いてしまい、帯同のキャディさんにすごく怒られた経験があります

それまで優しく色々と世話を焼いてくれてたキャディさんが急に怒ったのをみて、「グリーンは大切に」というマナーをハッキリと身を持って学んだ機会でした

ラウンドの内容はあまり覚えていないのですが、キャディさんに世話焼いてもらったことはよく覚えています

今思い返しても有り難いことだなぁとしみじみ思います

 

もし、みなさんもキャディ付きプレーをする機会がありましたら、ぜひ最後に

「ありがとう」

と感謝の気持ちを伝えていただきたいです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました