本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ウエッジ編】ミズノS23ウエッジの4種類を比較解説【S・D・C・Xの選び方】

ウェッジ

ミズノは「S23ウエッジ」を2022年9月16日に発売します。

新しいJPXシリーズの「JPX923」アイアンと同じ発売日です。

ミズノのウェッジは、Tシリーズを上級者向け、Sシリーズを中級者、初心者向けとしているような傾向があります。

この新しいSシリーズ「S23ウエッジ」は、グレインフローフォージドHD製法の軟鉄ウエッジと重心センター設計が融合し、センター重心によりウエッジで求められているショット・アプローチの場面で飛距離が安定するということです。

今回の「S23ウエッジ」は、ソールグラインドの形状が違う4タイプ(S・D・C・X)をラインナップしています。

ウエッジの場合一概には言えませんが、バウンス角が大きい方がやさしいという視点に立つと、Sが最も易しく、D→C→Xと難しくなるイメージです。

今回は、「S23」ウェッジS・D・C・Xの違いを比較をします。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「S23」ウェッジのコンセプト

「S23」ウェッジは以下のようなコンセプトとなっています。

グレインフローフォージドHD製法の軟鉄ウエッジと重心センター設計が融合。センター重心によりウエッジで求められているショット・アプローチの場面で飛距離が安定します。

今回の最大の特徴は「重心センター設計」です。

そしておなじみ「グレインフローフォージドHD製法」です。アイアンにも使われるミズノ独自の製法です。

「S23」ウェッジの特徴

「S23」ウェッジの売りとなるテクノロジーを見ていきましょう。

センター重心設計

今回の一番の売りとなるテクノロジーです。

S23ウエッジはセンター重心により
ウエッジで求められているショット・アプローチの場面で飛距離が安定する。

研究により、多くのゴルファーは真ん中よりもトゥ側(外側)でボールを打つという傾向が分かりました。そこで、従来のウェッジよりも重心を外側に持ってきたというものです。

ヒール側の重量をトウ側に付与した重心センター設計となっています。

グレインフローフォージドHD

ミズノ独自の鍛造製法です。アイアンにも使われているテクノロジーです。

1本の丸棒をフェースからネックまで一体成型するミズノ独自の鍛造製法。
打感の生命線とも言える鍛流線(金属組織の流れ)をヘッド内部で途切れさせず、さらに打球部に鍛流線を密集させることで、打球音を長く響かせることができます。この長く響く打球音によって、ミズノならではの心地良い打感を体感していただけます。

銅メッキ

打感が柔らかくなり、ボールの接触時間が長くなるとのことです(個人差あり)

銅下メッキを採用。わずかな差となりますが、打感がやわらかくなり、フェース面でのボールの接触時間が通常より長く感じられます。(個人差がありますので、一概には言えません。)

(出典:ミズノ公式HPより)

「S23」ウェッジのデザイン

「S23」ウェッジはこのようなデザインです。画像は「D」タイプ、ホワイトサテンブラッシュ仕上げです。他にカッパーコバルト仕上げもあります。

出典:ミズノ公式HP

バックフェースのデザインがセンター重心設計(スピン セントラル デザイン)の特徴をよく表しています。

ミズノのマークが大きめでカッコいいです。

「S23」ウェッジのタイプ別のスペックを比較

「S23」ウェッジの4タイプを比較してみましょう。

4タイプのラインナップ

「S23」ウェッジはS・D・C・Xの4タイプのGRINDがラインナップされています。

大まかなイメージとして、Sがハイバウンス、D・C・Xとローバウンスになっていくイメージです。

タイプ 特徴
S バウンスの大部分を残す形でトレーリングエッジからヒール側にかけてグラインド。主にフルショットを多用し、グリーン周りではバウンス効果を求めるプレーヤー向け。
D トウとヒール部分を大きく削り、丸みを持たせながらセンターのバウンス部分はしっかりと残してグラインド。グリーン周りでの操作性とバウンス効果の両立を求めるプレーヤー向け。
C トウとヒール部分を大きく削り、丸みを持たせながらトレーリングエッジ部分のバウンス部分を少し残しながらグラインド。グリーン周りではフェースを開いて球を操作したいプレーヤー向け。
X Cグラインドよりもさらに大胆に、トウ、ヒール、さらにはバウンス部分も積極的にグラインド。ソール幅が最も狭く、バウンス効果も少ないため、自分のフェースの開き具合でバウンス効果を調節して球を操作したいプレーヤー向け。

一般的に、滑ってくれるバウンス効果が高いとやさしいウェッジと言われます。

バウンス効果を得るなら「S」「D」、フェースを開いて球を操作するなら「C」「X」という選び方もできそうです。

バウンスとは、ヘッドの下のソール部分の膨らみことです。
バウンス角は、シャフトを水平にした時にリーディングエッジからソールの膨らみ部分がどのくらい出ているかを表しています(下図参照)。

一般的に、バウンス角12度以上をハイバウンス、8度以下をローバウンスと言ったりします。
ハイバウンスは、出っ張っているので、ヘッドが少し手前から入ってもソールが滑ってくれます。また、クラブがボールの下を潜ってボールが飛ばなくなるというミスが起こりにくいです。
ローバウンスは、ソールが滑り度合いは弱くなりますが、ボールが沈んでる場合など、ボールに直接を打つ必要がある時に適しています。

次から詳しくスペックを比較していきます。

ロフト角とバウンス角

まずはウェッジにおいて注目されるロフト角とバウンス角のラインナップをまとめてみます。

ラインナップのサマリー

グラインド S D C X
ロフト角(°) 44~58 54~58 56~60 58~62
バウンス角(°) 6~14 8~12 6~10 4~8

Sは15種類、D、C、Xは5種類ラインナップされています。

細かいラインナップは以下のとおりです。

各グラインドの数値はバウンス角です。

ロフト角(°) S D C X
44
45
46
47
48 10
49
50
51
52 10
53 11
54 10
55 11
56 12 10
57 13 11
58 14 12
59
60 10
61
62

「S」はハイバウンス、他社を圧倒する幅広いラインナップです。「X」はかなりのローバウンスウェッジです。

では次に、すべてのグラインドタイプのラインナップがある58度のスペックを比較してみます。

58度のスペック比較

58度のウェッジのスペックを比較してみたいと思います。

シャフトについては、以下のもので共通です

・「Dynamic Gold HT」

項目  S D C X
ロフト角(°) 58 58 58 58
バウンス角(°) 14 12 8 4
ライ角(°) 63 63 63 63
クラブ長さ(インチ) 35 35 35 35
クラブ重さ(g) 不明 不明 約473 不明
シャフト重さ(g) 129 129 129 129
シャフト調子 元調子 元調子 元調子 元調子
フェースプログレッション 4.8 5.3 4.5 4.2
バランス D4 D4 D4 D4

バウンス角

「S」は14度
「D」は12度
「C」は8度
「X」は4度です。

「S」「D」はハイバウンス、「C」「X」はローバウンスです。

「S」と「X」では10度も違います。両者は別物と言えそうです。

ライ角

ライ角は63度で4タイプ共通です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量はC-GRINDの58度で473gです。

シャフトは129gです。

以下のシャフトです。

・Dynamic Gold HT

シャフト調子

シャフト調子は元調子です。

元調子は、切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。

元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。

中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

フェースプログレッション

「S」は4.8
「D」は5.3
「C」は4.5
「X」は4.2です。

もっともストレートネックなのは「D」、もっともグースネックなのは「X」と言えそうです。

フェースプログレッションとは、ストレートネックとかグースネックという表現もされたりします。ストレートネックはフェースプログレッションが大きく、グースネックになるとフェースプログレッションは小さくなります。一般的にフェースプログレッションが大きいとボールが上がりやすくコントロールしやすい反面ボールがつかまり難い。小さいとその逆となります。

バランス

バランスはD4で共通です。

ウエッジは一般的にヘッドを重く感じる設定です。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします

飛距離の目安(公式HPより)

S23ウエッジの飛距離の目安は以下の通りです(ミズノ公式HPより)

ヘッドスピード別に飛距離の目安が紹介されています。

この図に寄りますと、100ヤード飛ばす場合、ドライバーヘッドスピードが40m/sの人は48度がおすすめです。

また、ピッチングウェッジが46度の場合、例えば、50度、54度、58度というセッティング例も紹介されています。

ロフト角別の目安も紹介されています。

自分のヘッドスピードが分かれば、出したい距離のロフト角を探すことができます。

とても分かりやすい図です。

まとめ ~ミズノ「S23」ウェッジ~

今回は、ミズノ「S23」ウェッジの4タイプを比較してみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・ミズノ「S23」ウェッジはS・D・C・Xの4タイプのGRINDを用意。

・ライ角は63度、バランスはD4で同じ。

ロフト角、バウンス角別に「S」は15種類、「D」「C」「X」は5種類ラインナップ。

・「S」→「D」→「C」→「X」の順番でハイバウンスからローバウンスへ。滑ってくれる高いバウンス効果を求めるなら「S」「D」、フェースを開いて球を操作するなら「C」「X」。

・フェースプログレッションは、最も大きい(ストレートネック)のは「D」、最も小さい(グースネック)のは「X」。

以上のような特徴ですが、実際に打ってみて自分に合っているかどうか、クラブを気に入るかどうかということが最も大切ですね。

センター重心設計のウェッジ、ぜひ試打してみたいですね。

以上、ミズノ「S23」ウェッジについてまとめてみました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったら他のウエッジ記事もどうぞ

タイトリストSM9ウェッジ比較解説

キャロウェイJAWS RAWウェッジ比較解説

クリーブランドRTX ZIPCOREウェッジ比較解説

 

【アイアン編】ミズノ「JPX923」と「JPX921」の違いを比較解説【カタログ数値】

【ドライバー比較】ミズノ「ST-X 220」と「ST-Z 220」ドライバーの違いをやさしく簡単に解説

ミズノ3球フィッティングを受けてみた感想

コメント