本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ユーティリティ編】ミズノ「JPX FLI-HI」と「ST220」ユーティリティの違いを比較解説【フライハイ】

ゴルフクラブ・ギア

ミズノは、2022年9月16日に「JPX FLI-HI(ジェイピーエックス フライハイ)」を発売しました。

ロングアイアンが苦手なゴルファー向けの高弾道で止まる弾道を追求した、深重心設計のユーティリティです。

ここ最近、軒並みゴルフクラブが値上がりしている中、価格が非常にリーズナブルなことでも話題を集めています。

一方、ミズノがグローバルモデルに位置づける「ST」シリーズの「ST-X 220ユーティリティ」は2022年3月11日発売です。

フェース部は高い反発性能でボール初速がアップするMAS1Cマレージング鋼を採用し、さらに低い重心位置と深い重心深度が、ボールの上がりやすさと打ちやすさを可能にしました。

今回は「JPX FLI-HI」と「ST-X 220ユーティリティ」を比較検討してみます。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

【ドライバー比較】ミズノ「ST-X 220」と「ST-Z 220」ドライバーの違いをやさしく簡単に解説

【アイアン編】ミズノ「JPX923」と「JPX921」の違いを比較解説

【ウエッジ編】ミズノS23ウエッジの4種類を比較解説【S・D・C・Xの選び方】

「JPX FLI-HI」の特徴をご紹介

「JPX FLI-HI」の主な特徴をご紹介します。

今回の「JPX FLI-HI」の大きな特徴は以下のとおりです。

・ボールが上がる、グリーンで止まる「深重心設計」
・番手間をスムースにつなげる「番手別形状設計」
・初速のロスを防ぐ「ウエーブテクノロジーソール」

ボールが上がる、グリーンで止まる「深重心設計」

深重心設計のほか、クラブを短めにしていることも大きな特徴と説明されています。

ユーティリティ形状による深重心設計が高弾道を実現。また、アイアンとの連動を高める為に通常のユーティリティよりもやや短めのクラブ長さで、打ちやすさを体感していただけます。

番手間をスムースにつなげる「番手別形状設計」

番手ごとに設計されています。

ロフトが立っている番手は球が上がりやすいようにシャロ―形状で深い重心に。ロフトが寝るほど、アイアンの形状に近づけ重心を浅く設計、スムースにアイアンへとつなげる事ができます。

初速のロスを防ぐ「ウエーブテクノロジーソール」

コアエリアを拡大し、ミスヒット時の初速のロスを抑えます。

出典:ミズノ公式HPより

「ST-X 220」ユーティリティの特徴をご紹介

「ST-X 220」ユーティリティの主な特徴を簡単にご紹介します。

今回の特徴は以下の4つです。

・高強度マレージング鋼(MAS1C)
・ボールが上がりやすく、やさしく狙える

・ハーモニックインパクトテクノロジー
・幅広いシャフトラインナップ

ドローバイアスイナーシャジェネレーター

深い重心によるボールの上がりやすさと打ちやすさです。

フェース部は高い反発性能でボール初速がアップするMAS1Cマレージング鋼を採用。さらに、低い重心位置と深い重心深度が、ボールの上がりやすさと打ちやすさを可能に。ボールの上がりやすさと力強い弾道を生み出します。

ボールが上がりやすく、やさしく狙える

低い重心位置と深い重心深度で、ボールの上がりやすさと打ちやすさを可能にします。

ハーモニックインパクトテクノロジー

打感のテクノロジーです。

ミズノこだわりの打感は、最新のテクノロジーによって設計されます。打感の良さに影響する音の高さや大きさ、音色を数十ヘルツ単位でチューニング。このミズノ独自の設計手法によって、ミズノならではの心地良い打感を生み出しています。

幅広いシャフトラインナップ

40g台前半~70g台まで幅広いシャフトをラインナップ。ヘッドスピードに合わせてシャフトが選べます。

出典:ミズノ公式HP

「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティの比較

クラブのコンセプト

「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティは以下のようなコンセプトとなっています。

「JPX FLI-HI」

ロングアイアンの代わりになるユーティリティ。

「ST-X 220」ユーティリティ

高初速×低スピン×ドローバイアス。

「JPX FLI-HI」は、、ロングアイアンが苦手なゴルファー、ヘッドスピードが遅めでボールが上がらないゴルファーをターゲットにしています。

一方、「ST-X 220」ユーティリティは、高初速、低スピン、ドローバイアスを特徴としています。

デザイン比較

ソール側のデザイン比較

まず「JPX FLI-HI」はこのようなデザインです。

全体的に黒っぽいデザインです。

そして、「ST-X 220」ユーティリティはこのようなデザインです。

ST-220シリーズの統一感あるデザインです。

「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティのスペックを比較

さて次に「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティのスペックを比較してみます。

複数数値がある場合はロフト角は23度、シャフトは以下のもので比較します。

JPX FLI-HI:22 MFUSION i カーボンシャフト(R)

ST-X 220:Diamana MM U カーボンシャフト(S)

JPX FLI-HIはフレックスRのみのラインナップです。

項目  「JPX FLI-HI」 「ST-X 220」ユーティリティ
ロフト角(°) 20,23,26,29 20,23,26
ライ角(°) 60 59.5
ヘッド体積(cc) 110 110
クラブ長さ(インチ) 39 39.75
クラブ重さ(g) 343(R) 361(S)
シャフト重さ(g) 51(R) 72(S)
シャフトトルク 3.7 3.1
シャフト調子 中調子 中調子
バランス C9 D3

ロフト角

ロフト角は、「JPX FLI-HI」は20度、23度、26度、29度「ST-X 220」ユーティリティは20度、23度、26度が用意されています。

「JPX FLI-HI」はユーティリティではすこしめずらしい29度があります。

ライ角

ライ角はわずかに違います。

「JPX FLI-HI」は60度、「ST-X 220」ユーティリティともに59.5度です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの長さ

クラブの長さは「JPX FLI-HI」は39インチ、「ST-X 220」ユーティリティは39.75です。
「JPX FLI-HI」はクラブの短さが特徴です。

クラブの重さ

クラブの重量は「JPX FLI-HI」は343g、「ST-X 220」ユーティリティは361gです。

「JPX FLI-HI」の方が18g軽いです。

シャフトの重量の方は、「JPX FLI-HI」は51g、「ST-X 220」ユーティリティは72gとなっています。

シャフトは「JPX FLI-HI」が21g軽くなっています。フレックスの違いも影響しています。

シャフトは以下のもので比較しています。

JPX FLI-HI:22 MFUSION i カーボンシャフト(R)

ST-X 220:Diamana MM U カーボンシャフト(S)

ヘッドとシャフトの重さはバランスにも関係してきます。バランスの部分でご紹介しますが、「JPX FLI-HI」はC9、「ST-X 220」ユーティリティはD3となっています。

シャフトトルク

シャフトトルクは少し違いがあります。

「JPX FLI-HI」は3.7、「ST-X 220」ユーティリティは3.1となっています。

「JPX FLI-HI」は安定性が高く、「ST-X 220」ユーティリティは操作性が高いということが言えます。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

シャフト調子は「JPX FLI-HI」、「ST-X 220」ユーティリティともに中調子となっています。

タメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万民向けのセッティングです。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。
中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

バランスは違います。

バランスは「JPX FLI-HI」はC9、「ST-X 220」ユーティリティはD3となっています。

ヘッドを重く感じるのは「ST-X 220」ユーティリティということが言えます。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。一般的にヘッドが重い方が飛距離が出るが振り切りにくい。

飛距離の目安~ミズノ公式HPより~

ミズノ公式HPには飛距離の目安が載っています。

例えば、「JPX FLI-HI」23度は165~175ヤード、「ST-X 220」ユーティリティ23度は170~180ヤードとなっています。

「JPX FLI-HI」は飛距離のレンジは「ST-X 220」ユーティリティよりも短いものとなっています。

まとめ ~「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティ~

「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティの違いをまとめてみます。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・「JPX FLI-HI」はロングアイアンが苦手なゴルファー向けの高弾道で止まる弾道を追求した、深重心設計のユーティリティ。

・「ST-X 220」ユーティリティは、フェース部は高い反発性能でボール初速がアップするMAS1Cマレージング鋼を採用し、さらに低い重心位置と深い重心深度が、ボールの上がりやすさと打ちやすさを可能にした。

ライ角は「JPX FLI-HI」は60度、「ST-X 220」ユーティリティともに59.5度でわずかな差。

・「JPX FLI-HI」は343g、「ST-X 220」ユーティリティともに361gで「JPX FLI-HI」が18g軽いシャフト重量は「JPX FLI-HI」は51g、「ST-X 220」ユーティリティは72gで「JPX FLI-HI」の方が21g軽い。

操作性、安定性の指標であるシャフトトルクは「JPX FLI-HI」は3.7で安定性重視。「ST-X 220」ユーティリティは3.1で操作性重視。

・バランスは「JPX FLI-HI」はC9、「ST-X 220」ユーティリティはD3でヘッドを重く感じるのは「ST-X 220」ユーティリティ。

以上のような特徴ですが、実際に打ってみて自分に合っているかどうか、クラブを気に入るかどうかということが最も大切ですね。

試打レポートもよかったらどうぞ。

ミズノ「JPX FLI-HI」(フライハイ)の試打レビュー・感想

以上、「JPX FLI-HI」と「ST-X 220」ユーティリティの違いをまとめてみました。

【ドライバー比較】ミズノ「ST-X 220」と「ST-Z 220」ドライバーの違いをやさしく簡単に解説

【アイアン編】ミズノ「JPX923」と「JPX921」の違いを比較解説

【ウエッジ編】ミズノS23ウエッジの4種類を比較解説【S・D・C・Xの選び方】

【レッスンプロおすすめ】ヘッドスピードを上げる練習器具【ワンスピード】

コメント