本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ドライバー試打】テーラーメイド「ステルス2」ドライバーの試打レビュー・感想【2023年モデル】

ゴルフクラブ・ギア

テーラーメイド「ステルス2」ドライバーの試打レビュー・感想

テーラーメイドゴルフは2023年の最新モデルとなる「STEALTH 2」(ステルス2)シリーズのドライバーを2023年2月17日に発売します。

今回は標準モデルの「ステルス2」ドライバーを試打してきましたので、データと感想をレポートします。

「ステルス2」ドライバーは、新たにフェースセンター部分を厚くする積層方法を採用し、高初速エリアの拡大に成功し、フェース重量は前作と比べて約2g軽くなり、ボール初速アップを実現、飛距離性能を引き継ぎつつ、ミスへの寛容性を向上しています。

テーラーメイド「STEALTH2」(ステルス2)ドライバーをやさしく簡単に解説【ステルス2、ステルス2HD、ステルス2プラスの違い】

どのくらい飛距離が出るのか?

打ってみた感じた感想などを紹介します。

ライ角も変えて打ってみましたのでデータをご紹介します。

試打したクラブと試打した人のプロフィール

試打したクラブ

試打したのは以下のクラブです。

・ステルス2ドライバー TENSEI RED TM50 (’22) フレックスSR

発売は2月17日とまだ先ですが、試打クラブは用意があります。

爆発的な人気だった前作「ステルス」の後継ということで興味を惹かれました。

TAYLORMADE(テーラーメイド) STEALTH2 DRIVER ステルス2 ドライバー TENSEI RED TM50 (’22) 右用 左用 標準品 日本正規品 (左, TENSEI RED TM50 (’22), sr, 10.5度)
1959

試打した人

平均スコア90〜100

身長は約170cmで、ヘッドスピードは40~43m/s、パワーは人並みです。

現在使用中のドライバーは、「キャロウェイローグスター(フレックスSR)2018年モデル」です。

試打データ

試打データは以下のとおりです。

試打データ

「ステルス2」ドライバーは、ライ角が56度から60度の範囲で調整できます。

セッティングを変えて試打しました。

ライ角は、一般的にアップライト(角度が大きい)だとフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)だとスライス軌道になりやすいという特性があります。

ライ角56度で試打

まずはスタンダードの56度で打ってみました。

ヘッドスピード39.3m/s、総飛距離216Yards

若干スライス気味です。ヘッドスピードが遅い割にはよく飛んでいます。

ヘッドスピード40.8m/s、総飛距離237Yards

左に打ち出していますが、距離は出ています。

ライ角60度に変えて試打

スライス対策として、アップライトにして試打しました。

ヘッドスピード39.9m/s、総飛距離241Yards

ヘッドスピードが40m/sに届かない状態で、総飛距離241Yards飛んでいます。

スピン量も抑えられています。

ヘッドスピード39.3m/s、総飛距離236Yards

若干スライスが出てますが、まずまずの飛距離です。

概ねいつもどおりのヘッドスピードで、このような飛距離でした。

試打した感想

「ステルス2」ドライバーを試打した感想をまとめてみたいと思います。

・飛距離がいつもよりも出ました。スピン量も抑えられています。

・カーボンフェースの打感と打音が独特です。ややソフトな手ごたえです。

・フレックスはSRで、特段硬すぎるという感じではありませんでした。

・振り抜きもよい感じです。

・前作のステルスよりも打ちやすい感じがしました。

以上、「ステルス2」ドライバーの試打レビュー・感想をご紹介しました。

TAYLORMADE(テーラーメイド) STEALTH2 DRIVER ステルス2 ドライバー TENSEI RED TM50 (’22) 右用 左用 標準品 日本正規品 (左, TENSEI RED TM50 (’22), sr, 10.5度)
1959

テーラーメイド「STEALTH2」(ステルス2)ドライバーをやさしく簡単に解説【ステルス2、ステルス2HD、ステルス2プラスの違い】

コメント