本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ドライバー編】「TSR1」と「ステルスグローレ」の違いを比較解説【タイトリストvsテーラーメイド軽量モデル】

ゴルフクラブ・ギア

「タイトリスト」の軽量モデル「TSR1」ドライバーが、2023年2月23日に発売となります。

「TSR1 ドライバー」は、「TS1 ドライバー」(2019年)、「TSi1 ドライバー」(2021年)の後継で、ヘッドスピードの最大化とボール初速の加速を促す軽量モデルです。

今作は、ヘッドからグリップまでクラブ全体で軽量化し、先行の「TSR」シリーズ同様、空気抵抗を軽減するために改良された形状を採用。新たに振りやすさを追求した設計と、進化したエアロダイナミクス(空力)デザインで、高い打ち出し角と大きな飛距離を生みだします。

「TSR」シリーズのラインアップは、以下の4タイプです。
・TSR1…やさしさの軽量モデル
・TSR2…飛距離性能と安定感のバランス
・TSR3…「SureFit® CG トラック」で弾道調節
・TSR4…ソール2カ所のウエイト調整で低スピン

「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーをやさしく簡単に解説【2022年モデル】

一方で、テーラーメイドは、2022年10月7日に「ステルスグローレ」ドライバーを発売しました。

「グローレ」シリーズとしては9代目。「やさしさは飛びやすさ」をコンセプトに日本のゴルファーに向けて開発されたドライバーです。

「ステルスグローレ」はカーボン製のフェースで話題の「ステルス」シリーズとグローレシリーズの特徴を融合させたモデルです。「ステルス」の「カーボンツイストフェース」と「SIM2」の「フォージドミルドアルミニウム構造」によって軽量化が図られています。

ステルスグローレには以下の2タイプがラインナップされています。両者の違いは、プラスの方は調整機能、いわゆる“カチャカチャ”がついているモデルという点です。
・ステルスグローレ・・・カチャカチャなし
・ステルスグローレプラス・・・カチャカチャあり

今回は、「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーの2モデルを比較してみます。

クラブを購入される際に参考になれば幸いです。

「TSR1」ドライバーの特徴をご紹介

TSR1」「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーの特徴をまとめると以下の通りです。

イメージからすると「TSR2」の性能に軽量化をプラスした感じでしょうか。

テクノロジー TSR1 TSR2 TSR3 TSR4
ウルトラライトウェイト設計  
マルチプラトー VFTデザイン
スピードリングVFTフェースデザイン
エアロスペース グレードチタン
進化したエアロダイナミクス
SufeFit 調整機能
「SureFit® CG トラック」による精密チューニング
スピン性能を最適化するウェイト調整機能

次から順番に説明していきます。

ウルトラライトウェイト設計

クラブ全体で軽量化を図りました。

クラブ全体で軽量化を追求
ヘッド設計だけでなくグリップ、シャフトに至るすべての要素で軽量化を追求することでクラブスピードを高め、さらなる高弾道によって飛距離アップに導きます。

マルチプラトー VFTデザイン(TSR1・TSR2・TSR4)

「TSR2」「TSR4」に採用されているフェースデザインのテクノロジーです。

この新しいデザインは、フェース内側全面の肉厚差を精密に設計し加工することで、高い反発力をフェースの広範囲で実現します。つまりオフセンターヒットしても、驚くほどの許容性とボールスピードをフェース全体で生み出すことができるのです。

エアロスペース グレードチタン

フェースに使用されている素材です。

TSRのフェースに使用されている素材は、NASAをはじめとする航空宇宙産業で採用されている希少なチタン素材です。採用理由はただ一つ、地球上で最も高いパフォーマンスをもつ素材であると考えるからです。強度、反発性、耐久性、すべての面で独自の特性を持ち、TSRドライバーの驚異的なスピードパフォーマンスを生み出す大きな原動力となっています。

進化したエアロダイナミクス

空気抵抗を抑えるクラブ形状のテクノロジーです。

タイトリスト スピードプロジェクトではそのスタート当初から、クラブスピードを向上させる重要な要素の一つとして“空気抵抗の低減“に取り組んできました。TSRメタルでは、ウェイトが格納されているソール後部の新しい”ボートテール”シェイプを含め、ヘッド全体のエアロダイナミクスを向上させ、スイング中の空気抵抗を抑えることに成功しています。

SufeFit 調整機能

 ロフト角とライ角調整機能が付いています。いわゆるカチャカチャです。

よりフィットするドライバーは、より良いパフォーマンスを発揮します。SureFit調整機能は、フィッターにTSRの性能を個々のプレーヤーのニーズにピッタリと合わせる柔軟性を与え、より純粋で安定したコンタクトをサポートします。

(出典:タイトリスト公式HPより)

「ステルスグローレ」ドライバーの特徴をご紹介

「ステルスグローレ」の主な特徴をご紹介します。

今回の「ステルスグローレ」ドライバーの大きな特徴は以下のとおりです。

・「バックウェイト」を搭載
・アコースティックアジャスター
・60層のカーボンツイストフェース
・ナノテクスチャーPUカバー
・軽量設計
・フォージドミルドアルミニウム構造
・イナーシャ ジェネレーター
・貫通型スピードポケット

「バックウェイト」を搭載

すべてのゴルファーに、カーボンウッドを
60層のカーボンツイストフェースに加え、フォージドアルミニウムリングを採用。それにより、さらなる余剰重量が生まれドローバイアス設計が可能に。” ステルス グローレ ドライバー” は次なる次元の飛距離と寛容性の共存を実現することに成功。また、軽量かつ高強度のアルミニウムを精密にミーリング加工したリングが全てのパーツを溶接ではなく接着での成型を可能にし、重心を下げるための「バックウェイト」の搭載が可能となり、さらにやさしいカーボンウッドが誕生した。

アコースティックアジャスター

心地よい打音の追求
クラブ選びの重要な要素の1つである「打感」。その「打感」を左右するのが「打音」。テーラーメイドのサウンドエンジニアリングチームは入念な分析を重ね、心地よい打音を徹底追求した。「形状」「内部構造」などを組み合わせて音響性能を磨き、前作を超える打音を創出した。さらに、” ステルス グローレ ドライバー”では、カーボンソールのトウ側に搭載された「アコースティックアジャスター」が音の響きを調整し、心地の良い打音を生み出す。

60層のカーボンツイストフェース

ついにグローレシリーズにもカーボンフェースが搭載されました。

60層のカーボンツイストフェース
長い研究の末に完成した軽量カーボンフェース。複雑な構造からなる60層のカーボンを精巧に重ね合わせることで、高い強度と大きなたわみを両立し、新次元のエネルギー伝達をもたらす。さらに、テーラーメイド独自の「ツイストフェース」を融合させることで、ミスヒットに強い安定性を備える。

ナノテクスチャーPUカバー

フェース全面に特殊なコーティングを施しています。これにより最適なスピン量を可能にします。ステルスドライバーにも搭載です。

ナノテクスチャーPUカバー
フェース全面にナノレベルの精巧なポリマーコーティング(PU)を施すことで、どうような状況下においても最適なスピン量を可能にし、飛距離を生み出す。

軽量設計

「60層のカーボンフェース」、「フォージドミルドアルミニウムリング」、「カーボンクラウン」、「カーボンソール」をはじめとするヘッドの各パーツはマルチマテリアルからなる。それにより、より一層の余剰重量を生み出すことに成功し、ヘッドのプラットフォーム全体に恩恵をもたらし”やさしさ”と”飛び”を追求した。さらに、フジクラ社製 Stealth Gloire専用設計の ”Speeder NX シャフト”と、ラムキン社製のオリジナルグリップがクラブの軽量化に貢献。楽に振れて、やさしく飛ばせる軽量クラブ設計を実現した。

フォージドミルドアルミニウム構造

SIM2から受け継がれた軽量かつ高強度構造です。

軽量かつ高強度のアルミニウムを精密にミーリング加工したフォージドミルドアルミニウムリングは、フルカーボンソール、カーボンクラウン、60層のカーボンフェースを溶接を用いることなく結合させる。一体化を実現する「フォージドミルドアルミニウムリング」が、安定性と寛容性を向上させる。

イナーシャ ジェネレーター

テーラーメイドのドライバー形状の特徴です。ステルス、SIM2にも搭載です。

ヘッド後方に重いウェイトを設置した「イナーシャ ジェネレーター」が寛容性アップに貢献。さらに、フェース面の拡大により、寛容性を高めながらも空気抵抗を減少させ、ダウンスイングのスピードアップを実現する。

貫通型スピードポケット

ミスヒットをカバーするテクノロジーです。ステルスドライバーにも搭載です。

テーラーメイド独自の貫通型スピードポケットにより、フェース下部で打ってしまったミスヒットにおいても無駄なスピンを抑えてボール初速維持に貢献。

(出典:テーラーメイド公式HPより)

「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーの比較

クラブのコンセプト比較

「TSR1」ドライバー

ライトウェイト設計が生み出す驚きのスピード
振りやすさを追求したライトウェイト設計と進化した空力デザインにより、クラブスピードを最大化。ボールスピードを加速させ、高い打ち出しと大きな飛距離を生み出します。より速いスイングスピードで飛距離を伸ばしたいプレーヤーのポテンシャルを引き出し、ベストスコア達成に貢献します。

「ステルスグローレ」ドライバー

すべてのゴルファーに、カーボンウッドを

「TSR1」ドライバーは、軽量モデルかつ高い許容性です。

一方、「ステルスグローレ」ドライバーは、やさしさ重視の設計ですべての人へカーボンウッドを届けるというコンセプトです。

デザイン比較

ソール側のデザイン比較

まず「TSR1」ドライバーはこのようなデザインです。

先行の「TSR2」ととてもよく似ています。

そして、「ステルスグローレ」ドライバーはこのようなデザインです。

一目でグローレシリーズと白と黒のデザインです。

形状がSIM2やステルスに似ています。

上から見たヘッドの形状

まずは「TSR1」ドライバーから、

黒のデザインにTSRのロゴがデザインされています。

こちらも「TSR2」とほぼ同じデザインのように見えます。

そして「ステルスグローレ」ドライバーです。

まぎれもなくグローレです。

「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーのスペックを比較

「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーのスペックを比較してみましょう。

複数数値がある場合は、ロフト角「10.5」、シャフトの硬さは「SR」のもの同士で比較します。

項目  「TSR1」ドライバー 「ステルスグローレ」ドライバー
ロフト角(°) 9.0,10.0,12.0 9.5,10.5,11.5
ライ角(°) 58.5 58
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.75 46
クラブ重さ(g) 271(SR) 275(SR)
シャフト重さ(g) 47(SR) 45(SR)
シャフトトルク 5.8 7.0
シャフト調子 中調子 中調子
バランス D2 D3

ロフト角

ロフト角は、「TSR1」ドライバーは9.0度、10度、12.0度、「ステルスグローレ」ドライバーは9.5度、10.5度、11.5度が用意されています。

両者とも調整機能があります。

ライ角

ライ角は少し違います。

「TSR1」ドライバーは58.5度、「ステルスグローレ」ドライバーは58度です。

僅かな差ですが、「TSR1」ドライバーの方がアップライトで相対的にフック軌道になりやすい設定です。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。

クラブの重さ

クラブの重量は「TSR1」ドライバーは271g、「ステルスグローレ」ドライバーは275gです。

クラブ重量は「TSR1」ドライバーの方が4g軽いです。

シャフトの重さは、「TSR1」ドライバーは47g、「ステルスグローレ」ドライバーは45gで、「TSR1」ドライバーの方が2g重いです。

シャフトは以下のもので比較しています。

タイトリスト「TSR1」ドライバー:TSP120 50(SR)

テーラーメイド「ステルスグローレ」:FUJIKURA SPEEDER NX for TM(SR)

シャフトトルク

シャフトトルクは少し違います。

「TSR1」ドライバーは5.8、「ステルスグローレ」ドライバーは7.0です。

僅かな差ですが、相対的に「TSR1」ドライバーの方が操作性が高い、「ステルスグローレ」ドライバーの方が安定性が高い、ということになります。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

シャフト調子は「TSR1」ドライバーは中調子、「ステルスグローレ」ドライバー中調子となっています。

中調子は、タメも作りやすくヘッドもある程度走る万人向けのセッティングといえます。

シャフトの調子は、キックポイントとも呼ばれます。大きく分けて3種類あり「先調子(ロー)」、「中調子(ミドル)」、「元調子(ハイ)」があります。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

先中調子は、先端側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、先調子と中調子の中間的性能を持ったシャフトです。
中元調子は、手元側よりやや中央寄りにキックポイントを設定していて、中調子と元調子の中間的性能を持つシャフトです。

バランス

バランスは違いがあります。

「TSR1」ドライバーはD2、「ステルスグローレ」ドライバーはD3です。

ヘッドを軽く感じるのは、「TSR1」ドライバーの方と言えそうです。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

まとめ ~「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバー~

「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーの違いをまとめてみました。

私見ですが、カタログからわかるいくつか比較のポイントをまとめてみました。

・「TSR1」ドライバーは、ヘッドからグリップまでクラブ全体で軽量化。空気抵抗を軽減するために改良された形状を採用。新たに振りやすさを追求した設計と、進化したエアロダイナミクス(空力)デザインで、高い打ち出し角と大きな飛距離を生みだす。

・「ステルスグローレ」ドライバーはカーボン製のフェースで話題の「ステルス」シリーズとグローレシリーズの特徴を融合「ステルス」の「カーボンツイストフェース」と「SIM2」のフォージドミルドアルミニウム構造によって軽量化。

ライ角は「TSR1」ドライバーは58.5度、「ステルスグローレ」ドライバーは58度で、相対的に「TSR1」ドライバーの方がフック軌道になりやすいセッティング。わずかな差。

・クラブの総重量は「TSR1」ドライバーの方が4g軽い。シャフト重量は「TSR1」ドライバーの方が2g重い。

・シャフトトルクは「TSR1」ドライバーは5.8で相対的に操作性が高い、「ステルスグローレ」ドライバーは7.0で相対的に安定性が高い。

・バランスは「TSR1」ドライバーはD2、「ステルスグローレ」ドライバーはD3で、「TSR1」ドライバーの方がヘッドを軽く感じる。

以上のような特徴です。

以上、「TSR1」ドライバーと「ステルスグローレ」ドライバーの違いをまとめてみました。

シャフトトルクに大きな差がある印象です。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトリスト「TSR2」「TSR3」「TSR4」ドライバーをやさしく簡単に解説

「TSR1」と「TSR2」の違いを比較解説

「TSR1」と「ローグ ST」MAX FASTの違いを比較解説

「TSR1」と「パラダイム」MAX FASTの違いを比較解説

「TSR1」とインプレス「ドライブスター」の違いを比較解説

「TSR1」と「グレート ビッグバーサ」の違いを比較解説

「TSR1」と「ゼクシオ12」の違いを比較解説

「TSR1」と「TSi1」の違いを比較解説

コメント