本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【失敗しない】自分に合うドライバーの探し方・買い換え体験談①~とにかく試打~【試打のやり方・用語解説】

ゴルフクラブ・ギア

ドライバーの新品買い替えは2万円台で可能です。

「気が付いたら5年前のドライバーを使っていた」ということはありませんか?

ゴルフクラブのドライバーはモデルチェンジが激しい。

毎年新モデルが発売し、新しいテクノロジーが盛り込まれています。

しかし、ドライバーは、

①高い買い物
②数が多すぎてどれがいいかわからない

という理由からなかなか買い替えが難しいです。

高価なだけに、選んで自分に合わなかったらと思うと怖いです。

今回は1年間自分に合うクラブを探し続けてドライバーを買い替えた体験談レポート、全3回シリーズの第1回目です。

第3回の古いドライバー売却までで、実質2万円台でドライバーを買い替えた実例を紹介します。

第1回は「とにかく試打」をしてみるです。

ドライバー買い替えのポイントなど初心者の方にも参考になれば幸いです。

報告者のプロフィール

今回のレポートを書いた人は以下のプロフィールです。

・平均スコア90〜100
・身長は約170cmで、ドライバーのヘッドスピードは40~43m/s、パワーは人並みです。
・現在使用してるドライバーはキャロウェイ「ローグスター」(2018年モデル)
数年前に中古で購入。約2年ほど使ってきました。やさしさ重視のローグスターは扱いやすいですが、自分にジャストフィットするドライバーがほしいと思い続けていました。

では、今回はシリーズ①「とにかく試打」です。

とにかく試打をしてみる

ドライバー買い替えを検討するなら、まず試打をしてみましょう。

ゴルフショップの試打は基本無料です。

服を試着するように、クラブも試してみます。

高い買い物ですから、慎重に選ぶのは当然です。

どれを選んでいいかわからなければ、まずは試打です。

試打をすると違いがわかってきます。

とにかく試打をして、いろいろなドライバーに触れてみるのが大切です。

時折、ショップの方がデータを見て、自分に合いそうなドライバーを選んでくれるケースもあります。

そういう時はチャンスです。

とりあえず打ってみましょう。

新しい発見があるかもしれません。

あのメーカーは好きじゃないとか、

食わず嫌い、打たず嫌い禁物です。

試打をする際の手順・ポイント

試打をする際の手順とポイントをまとめます。

ゴルフショップで試打を始める手順は以下のとおりになります。

①打ちたいドライバーを探す
②シャフトの硬さ(フレックス)を決める
③ショップ店員さんに話しかける

①打ちたいドライバーを探す

まずは、売ってみたいドライバーを決めます。

最新モデルでもいいし、デザインが気に入ったものでもよいと思います。

1本でも、複数本でも大丈夫です。

②シャフト決める(種類・フレックス)

次にシャフトを選びます。

シャフトは本当にいろんな種類がありますから、わからない場合は標準シャフトでよいです。

そしてシャフトの硬さを選びます。

R→SR→Sの順に硬く、重くなります。

レディスの場合は、L→Aの順に硬さがアップします。

③ショップ店員さんに話しかける

打ちたいドライバーを選んだら、ゴルフ店員さんに声をかけてみましょう。

「試打をしてみたいのですが」

と言えば大丈夫です。

なかなか言い出せなくて、クラブの前でモジモジしてると店員さんの方から「試打しますか?」と声をかけてくれるケースもあります。

データの見方や用後もショップの方が説明してくれますが、事前に知っておきたい場合は、こちらを一読すればとりあえずは大丈夫です。

【画面事例】試打でこれだけは知っておきたい基本用語を簡単解説【データ項目の見方】

試打をしていくと気に入ったものが見つかる

試打を重ねていくうちに、気に入ったドライバーが見つかります。

あのドライバーはよかった。

このドライバーはちょっと合わなかったなというのが出てきます。

印象に残るドライバーが出てきます。

フィーリングが大切です。

デザインでも、手ごたえでも、数値からはわからないものが見えてきます。

私の場合は、コブラ「KING LTDx」ドライバーを試打した時、「これはいいな」と感じました。

その時のデータが以下のものです。

この時のフィーリングが忘れられないものとなりました。

そして、1年後、マークダウンのタイミングで購入することとなりました。

試打をすると、何となくフィーリングが合うドライバーが出てきて、それを買う流れになってきます。

「ほしいもの」は、フィーリング、感覚で決まるという面も大きいと思います。

ドライバー試打のポイント

ドライバー試打のポイントは以下のとおりです。

・どんなドライバーでも打ってみる
・データの見方も徐々わかってくる
・手ごたえフィーリング大切にする

ドライバーの買い替えで失敗しないためには、「自分に合うドライバーを見つけだすこと」が大切です。

そのためには、いろいろなドライバーを試打をしてみることが大切です。

始めは、試打も不慣れで、データの用語もよくわからず、ドライバーの違いもわからないですが、試打を重ねていくうちに徐々にわかってきます。

自然と自分に合いそうなドライバーが見つかります。

自分に合う合わないの基準としては、フィーリングがとても大切だと思います。

「これがいい!」という感覚です。

そして、そのドライバーが本当に自分で合っているかデータで確認します。

そうすることで、自分に合ったドライバーを見つけ出すことができます。

以上、シリーズ①「とにかく試打」でした。

次回は、ドライバー購入~値引き交渉・最新モデルのあきらめ方~です。

自分に合うドライバーの探し方・買い換え体験談②~購入のポイント~【マークダウン狙い・型落ち購入・最新モデルのあきらめ方】

ここまでお読みいただきありがとうございました。

約10年ぶりにアイアンを買い替えた話①〜試打へ行く~

コブラ「LTDx」ドライバー購入レポート!飛距離が伸びた

コメント