本サイトのコンテンツには広告及び商品プロモーションが含まれています。

【ドライバー比較】ブリヂストン「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」ドライバーの違いをやさしく簡単に解説【食いつくフェース2023】

ゴルフクラブ・ギア

ブリヂストンはBシリーズの2023年モデル「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」ドライバーを2023年9月8日に発売します。

最大の特徴は新たなフェーステクノロジー「スリップレスバイトミーリング」。ボールの滑りを抑え食いつくフェースにより直進性の高い飛びを追求しています。

以下の3種類のタイプのドライバーが用意されています。

B1ST…強弾道と操作性
B2HT…高弾道とつかまり
B-Limited B1LS…ロースピンと高初速

今回は「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」の3種類のドライバーについてご紹介します。

それぞれ、どのように違うのでしょうか?

「B2HT」と「B2」の比較記事もよかったらどうぞ。

【ドライバー編】ブリヂストン「B2HT」と「B2」の違いを比較解説【新旧Bシリーズ】

「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」の特徴をご紹介

「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」ドライバーの主な特徴をご紹介します。

Bシリーズのドライバー共通テクノロジー

SLIPLESS BITE MILLING(スリップレスバイトミーリング)

ブリヂストン独自の接点の科学から生まれた新たなフェーステクノロジーにより、インパクト時の“食いつき”を高め“フェースの滑りを抑える”ことで、インパクトでボールを面としてしっかりと捉え、スピンを抑制し、ボールの直進性を高める。

◆フェース面をレーザーでクロスハッチングすることでミーリングの密度を上げて食いつきを向上させた新デザイン
◆フェースミーリングの効果
クラブのロフトによって得られる効果が変わり、ロフトが寝ている場合にはスピンをかける力のみ
働きますが、ドライバーなどのロフトが立っている場合には、スピンをかけようとする力と、抑えようとする力の両方が働き、結果としてスピンが減少する効果が得られる。

SP-COR(サスペンションコア)

トゥ、ヒールの反発性能アップにより許容性が向上し、飛距離ロスを軽減

「B1ST」 ドライバー独自の特徴

アジャスタブルカートリッジ for B1ST

フェース側に 2 か所、バック側に 1 か所(3 ポジション)のウエイト可変機構を搭載、
計 14g 、6 パターンのウエイト配置でより精細なチューンが可能に。

スパインスタビライザー

ヘッドスピードの速いプロや上級者のフィーリングにマッチする新構造。
クラウンのたわみ過ぎを抑制し強弾道とレスポンスの良さを追求。

「B2HT」 ドライバーの特徴

ドローバイアスデザイン 2.0

つかまりの良さを追求したドローバイアスデザインが更に進化、
可変ウエイトも新搭載し、2g と 8g のウエイトスクリューを交換することで
つかまり良い⇔MOI 大のチューンが可能に。

フレクションレイヤー

カーボンクラウンの裏側に 3 本のスリットを設け、たわみやすさを追求し高弾道化をサポート

スリット(カーボンクラウン:裏側)、ねじれを抑えるカーボンクラウン、チタンボディ

「B-LIMITED B1LS」ドライバーの特徴 

アジャスタブルカートリッジ for B1LS

ソール前方に 4 種のウエイトを新規搭載したロースピン仕様で、
それぞれ重量の違うウエイトを組み合わせることで、4 パターンの細かなチューンが可能に。

スパインスタビライザー

ヘッドスピードの速いプロや上級者のフィーリングにマッチする新構造。
クラウンのたわみ過ぎを抑制し強弾道とレスポンスの良さを追求。

(出典:ブリヂストン公式HPより)

「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」のカタログスペック比較

コンセプトの比較

公式HPでのドライバーのコンセプトの違いを表すフレーズは以下の様になっています。

「B1ST」ドライバー

“強く前に飛ばす“操作性の B1ST
・フェース側にウエイト可変機構を配置し低スピン化を図りコントロール性を追求
・フェース側・バック側のウエイト可変機構による、6 パターンのウエイト配置で
フィッティングの精度向上
・クラウンに「スパインスタビライザー」を搭載、クラウンの軽量化と強弾道化を両立

「B2HT」ドライバー

“大きく遠くに飛ばす”つかまりの B2HT
・ヒール・バックに可変機構を搭載し B2 も弾道が調整可能に
・「ドローバイアスデザイン 2.0」で B2 の持ち味のつかまりの良い弾道を実現
・JGR の DNA を受け継ぐつかまりの良い高弾道設計

「B-Limited B1LS」ドライバー

“ロースピン・高初速”を追求したプロユースモデル
・ソール前方にウエイトを搭載したロースピン仕様の可変機構
・計4種類のウエイトで振り感の細かい調整が可能
・クラウンに「スパインスタビライザー」を搭載、クラウンの軽量化と強弾道を両立

以下のようなコンセプトになっています。

B1ST…強弾道と操作性
B2HT…高弾道とつかまり
B-Limited B1LS…ロースピンと高初速

カタログスペックサマリー

カタログのスペックの主要項目は以下のようになっています。

シャフトはフレックスS、以下のシャフトのものを記載しています。

B1ST…VENTUS BS6(S)
B2HT…VANQUISH BS50(S)
B-Limited B1LS…TOUR AD BS-6(S)

「B1ST」の「VENTUS BS6」はフレックスSのみの設定のため「フレックスS」同士で比較します。

「B-Limited B1LS」はカスタムクラブなので、参考値として掲載しています。

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
ロフト角(°) 9.5,10.5 9.5,10.5 9
ライ角(°) 57 59 57
ヘッド体積(cc) 455 460 415
クラブ長さ(インチ) 45.25 45.25
クラブ重さ(g) 308 296
シャフト重さ(g) 60  55 60
シャフトトルク 4.4  5.9 4.7
シャフト調子 中調子 中調子 中調子
バランス D3  D2

次から順番にカタログスペックなど詳しく見ていきます。

ロフト角

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
ロフト角(°) 9.5,10.5 9.5,10.5 9

ロフト角は、「B1ST」ドライバー、「B2HT」ドライバーは、9.5度、10.5度の設定があります。「B-Limited B1LS」ドライバーは9度です。

各ドライバー調整機能があります。

ライ角

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
ライ角(°) 57 59 57

ライ角は異なります。

「B1ST」ドライバー、「B-Limited B1LS」ドライバーは、57度の設定があります。「B2HT」ドライバーは59度です。

ライ角の基本に従うと、「B1ST」ドライバー、「B-Limited B1LS」ドライバーはフラットライトで、相対的にスライス軌道になりやすいと言えます。

一方、「B2HT」ドライバーはアップライトで、相対的にフック軌道になりやすい。

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。ライ角がアップライト(角度が大きい)であると一般的にボールがフック軌道になりやすい。また、フラットライト(角度が小さい)であるとボールがスライス軌道になりやすいという特性があります。
項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
ヘッド体積(cc) 455 460 415

ヘッド体積は異なります。

「B1ST」ドライバーは455cc、「B2HT」ドライバーは460cc、「B-Limited B1LS」ドライバーは415ccです。

「B-Limited B1LS」は小ぶりなヘッドです。

クラブ重量

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
クラブ重さ(g) 308 296
シャフト重さ(g) 60  55 60

「B1ST」ドライバーは308g、「B2HT」ドライバーは296g、「B-Limited B1LS」ドライバーはカスタムクラブのため記載なしです。

クラブ重量は、「B1ST」ドライバーの方が12g重いです。

シャフト重量は、「B1ST」ドライバーの方が5g重いです。

以下のシャフトで比較しています。。

B1ST…VENTUS BS6(S)
B2HT…VANQUISH BS50(S)

シャフトトルク

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
クラブ重さ(g) 308 296
シャフト重さ(g) 60  55 60
シャフトトルク 4.4  5.9 4.7
シャフト調子 中調子 中調子 中調子
バランス D3  D2

「B1ST」ドライバーは4.4g、「B2HT」ドライバーは5.9g、「B-Limited B1LS」ドライバーは4.7です。

B1ST…VENTUS BS6(S)
B2HT…VANQUISH BS50(S)
B-Limited B1LS…TOUR AD BS-6(S)(参考値)

相対的に「B1ST」ドライバーの方が操作性が高い、「B2HT」ドライバーの方が安定性が高い、ということになります。

シャフトトルクとは、一言でいえば手の動きとの連動性の度合いです。このトルクが小さいほど、手の動きに対してヘッドが敏感に反応します。逆にトルクが大きいほど、手の動きに対してヘッドの動きが鈍感になります。よく、トルクとはクルマのハンドルの遊びのようなものと言われます。要するに、自分の手がちょっと動いたらヘッドも敏感に反応するのか、ちょっとぐらい動いてもヘッドが反応しないのかということです。

シャフト調子

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
シャフト調子 中調子 中調子 中調子

シャフト調子は中調子です。

タメも作りやすく、ヘッドもある程度走る万民向けセッティングです。

先調子は、シャフトの先端側にキックポイントが設定されているシャフトです。しなるポイントがヘッドに近いため、ヘッドが走りやすくボールがつかまりやすい。ボールをつかまえたい、打ち出し角を高くしたいというゴルファーには先調子がおすすめと言われます。
元調子は、キックポイントがシャフトの手元側に設定されているシャフトです。切り返しで手元側がしなることでタメが作りやすいが、その分ボールはつかまりにくいと言われます。ボールを叩くパワーのあるゴルファーには元調子がおすすめと言われます。
中調子は、キックポイントがシャフトのちょうど中央付近に設定されているシャフトです。先調子と元調子の中間的な性能です。タメも作りやすく、ヘッドもある程度走ります。中調子は安定感があり、万人向けと言われます。

バランス

項目  「B1ST」ドライバー 「B2HT」ドライバー 「B-Limited B1LS」ドライバー
バランス D3  D2

バランスは違いがあります。

「B1ST」ドライバーはD3、「B2HT」ドライバーはD2です。

ヘッドを重く感じるのは、「B1ST」ドライバーと言えそうです。

バランスとは、スウィングウェートとも呼ばれます。スイングした時に感じるヘッドの重さを数値に表した指標です。クラブ全体の重さに対して、ヘッドの重さの比率を示すもので、A1が最もヘッドが軽く、E9が最もヘッドが重い。一般的なゴルフクラブでは、D0からD4までの設定になっています。感覚としてよく、D1は軽くD4は重いと表現されたりします。

「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」どれを使う?

「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」のカタログスペックの違いをご紹介しました。

以下の3種類のコンセプトのドライバーが用意されています。

B1ST…強弾道と操作性
B2HT…高弾道とつかまり
B-Limited B1LS…ロースピンと高初速

難易度の感覚でいえば、B-Limited B1LSが最もハード、B2HTが最もやさしいと言えそうです。

食いつくフェース、「スリップレスバイトミーリング」、一度、試打してみたいですね。

以上、「B1ST」「B2HT」「B-Limited B1LS」ドライバーをご紹介しました。

【ドライバー編】ブリヂストン「B2HT」と「B2」の違いを比較解説【新旧Bシリーズ】

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント