10秒で分かる!ドライバーヘッドの重りの位置調整とその効果【可変ウェイト式ドライバー】

ドライバー重心位置まとめ ゴルフクラブ・ギア

可変ウェイトが付いたドライバーにおいて、重りを動かすとどのような影響があるか、図解で一発解説します

 

スポンサーリンク

可変ウェイト位置による球筋への影響

重りの位置をずらすと次のような効果が得られます

ドライバー重心位置

なぜこのような効果が得られるかというと、重心の位置が変わるからです

 

では、重心の位置が変わるとどうなるか、次からは詳細に迫っていきます

 

重心距離

重心位置が、シャフトに近いほど重心距離が短いシャフトから遠いほど重心距離が長いと言います

ドライバー重心距離

  • 重心距離が短いと、、
     ヘッドが返りやすい
  • 重心距離が長いと、、
     ヘッドが返りにくい

といった特徴があります

 

ヘッドが返らずスライスしてしまう方はシャフトに近い方へ、

ボールがつかまり過ぎてしまう方はシャフトから離れる方へ重りをずらすと良いです

 

重心深度

重心位置が、フェース面に近いほど重心深度が浅いフェース面から遠いほど重心深度が深いと言います

ドライバー重心深度

  • 重心深度が浅いと、、
     初速が出やすい
     球を曲げやすい
     ボールが上がりにくい
     ボールがつかまりにくい
  • 重心深度が深いと、、
     初速が出にくい
     球が曲がりずらい
     ボールが上がりやすい
     ボールがつかまりやすい

といった特徴があります

 

意図的に球を曲げてコントロールしたい人やボールの高さを低く抑えたい人は重りをフェース面に近い方へ、

球を曲げずに真っ直ぐ飛ばしたい人やボールを高くしたい人は重りをフェース面から離れる方へずらすと良いです

 

また、人によっては重心深度が深いと「打感がぼやける」と感じる人もいるので、打感にも注目して位置調整を行うと良いかもしれません

 

鉛を貼る

重心位置を変える方法として、鉛を貼るのもオススメです

可変ウェイトの可動域以外で重心調整をしたい場合や、そもそも可変ウェイト機能が無いクラブなどにも対応できます

↓↓シャフト専用とはなっていますが普通にヘッドにも使えます、むしろ使いやすいという意見も?

 

まとめ

一概には言えませんが、一般的な視点では初心者・上級者向けのセッティングは次図のようになります

ドライバー重心位置まとめ

 

重心位置というのは、ヘッドの形状でおよそ分かります

各メーカーがどのような意図でヘッドの形状を作っているのか推測しながらクラブを手に取るのも面白いです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました