【便利グッズ】レーザー距離計を使ってみた

ゴルフアイテム

ゴルフは、いかに少ない打数でカップに入れるかを競う競技です。

そのためには、遠くに飛ばす事も重要ですが、目標とする地点への正確な距離を打つことが最重要のポイントとなります。

狙った位置への正確な距離を打つためには

・番手毎の自分の飛距離を把握すること

・目標までの正確な距離を知ること

の2つが必要となります。

前者は、練習場でのヤード表示と打球の落下地点を目安に大体把握できると思いますが、

後者は、コース上で目標地点までの正確な距離を知ることは困難です。

今回は、コース上で強い味方となってくれるレーザー距離計についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

レーザー距離計とは

目標物までレーザーを照射し、跳ね返ってきた時間を計算して、目標までのヤード数を測定する機械です。

自分が立っている位置からピン、バンカー、ラフなどはもちろん、

目視で確認できる範囲であれば、ありとあらゆる場所までを正確に測定する事が可能です。

どんなに距離感に優れた人がいたとしても、人間の目は錯覚を起こすものです。

目標とする地点が「思ったより遠かった」「思ったより近かった」という事が必ず起こります。

レーザー距離計は、そのようなギャップを埋めてくれる便利なツールです。

 

どんな機能があるの?

目標地点までの距離を測るという点においては共通ですが、

各メーカーや製品モデルによって搭載している機能は様々です。

・高低差を測る

・手振れ機能

・防水機能

などの機能が付いている製品もあります。

値段は1万円前後~数万円まで幅があります。

測定までの時間が速い・遅いなどの性能にも差があり、

当然ですが、高機能・高性能な製品ほど高価になります。

 

コースマネジメントをしよう

コース上には様々な障害があります。

コース自体が左右に曲がって設計されているドッグレッグ、池や川、

バンカー、フェアウェイの真ん中に立っている樹木etc… このような障害は意地悪な事に、

気持ちよくクラブを振ると丁度よく引っかかるようにコース設計されています。

 

例えば、目標方向にバンカーが見える場合、

バンカーを避ける方向に打つ選択は、立派なコースマネジメントと言えますが、

次の一打を考えるとバンカー方向に打っておきたい、という場面もあると思います。

そんな時、レーザー距離計を使います。

バンカーまでの距離を測定し、

・バンカーまで届かないクラブ選択をする

・バンカーを確実にキャリーで超えられるクラブを選ぶ

というように、安全な選択をする事で、次の一打を考えたマネジメントが可能となります。

 

このように、レーザー距離計がコースマネジメントに一役買ってくれる事は間違いありません。

これ以上ない会心の当たりのショットをしたとしても、

「飛びすぎてOB」だったり、「バンカーに入って目玉」となってしまっては、

せっかくのナイスショットがナイスショットではなくなってしまいますね。

レーザー距離計を使ったことのない方は、導入してみてはいかがでしょうか。

 

ポイント5倍♪ 距離計 レーザー ゴルフ アイリスオーヤマ レーザー距離計 レッド PLM-600-R ゴルフ ゴルフ用品 シンプル 飛距離表示 ピンサーチ Fogサーチ スピード測定 防滴仕様 シンプル 【D】

価格:10,505円
(2019/8/26 00:53時点)
感想(3件)

 

ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT PRO STABILIZED

価格:44,181円
(2019/8/26 00:41時点)
感想(64件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました