ドライバーでチョロする原因と対策

ドライバーのチョロ ゴルフテクニック
スポンサーリンク

ドライバーのチョロとは?

打球が上がらずにドロップし、地面を転がってしまうことを「チョロ」と呼びます

チョロQ

 

具体的には、フェースの下っ面にボールが当たることや、フェースが極端に被って(下を向いた状態)でボールが当たることにより、ボールにバックスピンがかからずドロップして地面を転がっていく打球のことです

(テニスのトップスピンや卓球のドライブスピンなどをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません)

 

当たり前ですが、フェースの下っ面にボールがあたるということは、ボールよりも上を振っているということになります

ドライバーのチョロ

ここからは、チョロが出てしまう要因をピックアップしていき、最後にチョロ矯正ドリルをご紹介します

 

アドレスにおける物理的な要因

  • ティーが低すぎる
  • ボールの位置を左に置きすぎている
  • ボールと体の距離が遠すぎる
  • フェースが被りすぎている、もしくは極端なフックグリップ

 

スイングにおける要因

  • アッパー軌道がきつく、ボールに当たる前にヘッドが上昇しすぎている
  • インサイドアウトがきつい
  • フェースが被ってインパクトしている
  • 体がボールから離れてしまう(腰が引ける)
  • 体が浮き上がる
  • ヘッドアップなどターゲットへの意識が早すぎる
  • 左肘や腕・肩が縮こまってしまう

 

主な要因としては、左足への重心移動が不十分で、右足に重心が残ってしまうことが多いです

 

心境的な要因

チョロは、特に谷越えショット打ち上げホールなどで見掛けることが多いです

ボールの行方・結果が気になるあまり先に体が引けてしまうことで起こったり、

ボールを上げようと意識してしまい、体が早く開いたり、後ろ足重心になりすぎることが原因です

 

チョロ矯正ドリルのご紹介

  • 右足を大きく後ろ(背中方向)に引き、体重配分を「左足8:右足2」で打つ

インパクトで右足が地面を離れるくらいでも構いません

このドリルをすることによって、体がボールから離れることなく、極端なインサイドアウト軌道を抑制できます

 

まとめ

チョロはボールの上を振っていることが主な原因で起こります

もしチョロが出てしまった場合は、まず第一に「ボールの上を振っている」という事実を改めて認識することが大切です

その後、なぜそうなっているのか、先程挙げた要因をチェックして原因を突き止めましょう

 

出来るだけスイングはあれこれ考えることなくシンプルであることが理想ですが、どうしてもチョロが頻発してしまう場合は、思い切って矯正ドリルの打ち方でショットするなど工夫して対処していきましょう

 

フッカーの悩み【右プッシュアウト/左ピーチン】
ゴルフ歴約2年のおにぎりさんがドライバー不調に陥り、それを修正するまでの話をインタビューしてきました。 右に曲がるスライスボールに悩む人が多いですが、左に曲がるフックボールに悩む人も少なからず存在します。 では、さっそくフックボール持ち...
【ゴルフ基本】正しいグリップで飛距離アップ
ゴルフスイングにおける重要な要素に「グリップ(クラブの握り方)」があります 初めたての頃はクラブに慣れるため、自分にとって握りやすいグリップの仕方で良いと思いますが、ある程度クラブに慣れてきたなら、グリップについて見つめ直すことをオス...
【ゴルフ基本】ゴルフレッスンて実際どんな感じ?【体験談】
ゴルフレッスンに通うことはゴルフ上達の近道。 そう思いつつも、通うまでには至らない。気になりつつもなかなか行動に移せません。 プロに教わるゴルフレッスンてどんな感じでしょう。通いたい気持ちもあるけど、事前にどんなものか様子を知りたい人は...
10秒で分かる!ドライバーヘッドの重りの位置調整とその効果【可変ウェイト式ドライバー】
可変ウェイトが付いたドライバーにおいて、重りを動かすとどのような影響があるか、図解で一発解説します 可変ウェイト位置による球筋への影響 重りの位置をずらすと次のような効果が得られます なぜこのような効果が得られるかというと、重...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました