【ゴルフ基本】ドライバーのスライス直し方【原因と対策】

スライスを直す ゴルフテクニック

今回は、ドライバーでスライスに悩む方向けに、その原因と対策について詳しく解説していきます

 

スポンサーリンク

スライス診断

はじめにスライスを誘発する可能性がある項目を挙げてみます

 

  • ウィークグリップで握っている
  • アドレス時、上半身がボールの方(左)に向いてしまう
  • アドレスで狙いよりも右を向いてしまう傾向がある
  • バックスイングでクラブを上げる際に、体全体ではなく腕だけで上げてしまう。もしくは、体全体で上げるというイメージが湧かない
  • リストのコッキングができない
  • 腰の捻転が浅い
  • トップの時、シャフトがクロスする(シャフトが目標方向よりも右側へ向く)
  • トップの時、左手首が背屈している(左手首が甲側に折れること)
  • オーバースイングになる
  • ダウンスイングで左足への体重移動ができない
  • ダウンスイングで左足への体重移動の際、体が前(左足側)に突っ込み過ぎる
  • スイングがアウトサイドイン軌道になっている
  • リストのコックが早目にほどけてしまう(=アーリーリリース)
  • インパクト時、頭の位置がボールの真上もしくは左側にある
  • ドライバーでアッパーブローでインパクトしている意識がない

 

上記にあてはまる項目が多いほど、スライスが出やすいスイングといえます

 

また、顕在化していないけど無理矢理にスライスを抑えている「潜在的スライサー」というパターンもあり得ます

これはなまじ表面上問題が無いだけに直すのは一苦労で、一から作り直すぐらいの覚悟が必要です

 

弾道についての基本的な話

スライスの話の前に、

弾道はどうやって決まるか

という基本的な内容について触れたいと思います

 

弾道というのは、インパクトの瞬間の、

ヘッドの軌道」と「フェースの向き

で全て決まります(※厳密にはボールに加わる力も影響するがここでは考えない)

 

たった2点だけで全ての弾道が説明できるというのがミソで、例えばミスショットが出た場合は、この2点がどうだったかをまず考えれば良い訳です

 

これらを踏まえ、次からは具体的にスライスの原因と対策について掘り下げていきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました